技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車における熱マネジメント技術と求められる技術・部品・材料

自動車における熱マネジメント技術と求められる技術・部品・材料

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、駆動方式の変遷や今話題の48V化の動向をおさえながら、次世代車に求められる空調システム・熱マネジメントについて詳解いたします。

開催日

  • 2023年6月23日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 電気自動車などの電動車に必要な効率的な空調システム
  • まだまだ残るエンジン車 (ハイブリッド車など) の燃費改善技術
  • 自動運転自動車の快適性向上技術
  • 自動車の駆動源動向

プログラム

 地球温暖化防止のために、より排出CO2量の少ない駆動源の自動車に移行する動きに対し、いろいろなアプローチがされています。駆動源をエンジンだけから電気モーターへの転換あるいは付加になります (=電動化) 。特に欧州の自動車メーカーは、ハイブリッド技術で劣っているため、電気自動車 (EV) への移行を急いでいます。しかしウクライナ侵攻により、ガソリンなどの燃料費より電気代の方が高騰し、さらに計画停電の動きも出ており、EV普及は頓挫しようとしています。
 本セミナーでは、このような動きを捉え、本来のあるべき (=クルマのライフでCO2排出量が少ない) 駆動源を探りつつ、そのために必要な熱マネジメント技術を解説いたします。温暖化問題とは別に、運転の自動化が急速に進んでいます。自動運転になると、クルマの価値は大きく変貌し、ユーザー (ドライバー) のカネの掛けどころが、現在とはまったく異なってきます。つまり燃費や温暖化への関心より、車内の快適性が最重要要件になります。これに必要な熱マネジメント技術についても解説いたします。

  1. 第1部 次世代自動車における熱マネジメント技術
    1. (古典的な) 熱マネジメント技術
      • 自動車の排熱一覧
      • 排熱回収/蓄熱システムおよび蓄熱材料
      • ケミカルヒートポンプ
      • 熱電素子
      • 熱負荷軽減
    2. 電動車用エアコン
      • 方式と現行空調システムとの比較
      • 低外気温への対応
      • 廃熱利用の可能性は
      • ヒートポンプとその課題
      • ハイブリッド車用エアコン
      • PHEV (プラグインハイブリッド車) 用エアコン
    3. エアコンシステムの改善
      • 空調シート
      • 内部熱交換器
      • 換気熱回収
      • デシカント空調
      • CO2冷媒によるエアコン
      • 空調快適性
      • 温冷感
      • 人体温熱快適性からみた最適加熱部位
      • クリーン・ディーゼル車の補助暖房
    4. 駆動用電池の温度管理
      • 電池の温度管理と寿命
      • 温度管理例
      • 理想的な温度管理方法
    5. 自動運転の熱マネジメント
      • 自動運転化に伴う課題
      • 自動運転車における差別化技術と求められる技術・材料
    6. 空調システムの変化による部品,内装材の動向
      • ガラス・調光ガラス
      • 断熱材
      • 真空断熱材
    7. 今後の自動車用冷却系と熱交換器 (説明を簡略化するかもしれません)
      • 熱交換器の変遷
      • モータ、インバータ冷却系
      • 水冷インタークーラの目的
      • 蓄冷エバポレータの採用と採用廃止
      • 水冷コンデンサの目的
  2. 第2部 自動車における駆動源の変遷と将来の見通し
    1. 2030年 CO2削減目標と燃費規制
      • 2050年 EV普及率予測
      • 欧州はどうしてEVなのか? (例) ノルウェーの選択
    2. 地球温暖化防止から見た (LCAから見た) 自動車の駆動源選択
      • 燃費、Well to Wheel から LCAへ
      • OEM (自動車メーカ) によるLCA評価
      • ICCT、VW、マツダによるLCA評価を元にした考察
    3. 電気自動車のコスト
      • 周辺情報 (日本人の賃金、購入したいクルマ)
    4. 日本車の現状と強み
      • 日本車の燃費比較例
  3. 第3部 世界のエネルギ課題 (説明を簡略化するかもしれません)
    1. エネルギ課題
      • 各国の一次エネルギ、電力
    2. 電力事情
      • 各国の電気料金推移と内訳 家庭用・産業用
      • ドイツの再生可能エネルギ
      • ドイツの電気料金推移とCO2排出量の推移
      • 変動制再エネ (VRE)
      • 電力系統とストレージ
    3. 日本の選択
      • 日本 『エネルギー基本計画2030年』
      • 原発だけで実現するには
      • 太陽光だけで実現するには
      • 太陽光と風力で実現するには
      • 日本の弱点
      • 2030年へのエネルギ変化 CO2排出量係数 イギリスとの比較
      • 日本の電力スポット市場の高騰とLNG
    4. 中国の状況
      • LNG (天然ガス) と中国

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2023/10/4 合成燃料 (e-fuel) の反応・製造の効率化、自動車利用への展望 オンライン
2023/10/5 欧州における車載樹脂のリサイクル技術の動向 オンライン
2023/10/6 人工皮革・合成皮革の入門講座 オンライン
2023/10/6 カーボンニュートラルに向けた中低温産業排熱の最新利用技術と実践例 東京都 会場・オンライン
2023/10/12 自動車における防音/制振/断熱性能の基本メカニズムと研究動向・技術動向 愛知県 会場
2023/10/16 車載用バスバーの基礎と技術動向 オンライン
2023/10/16 自動車の電動化に向けたシリコン、SiC・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 オンライン
2023/10/16 自動車用ワイヤレス給電の基礎と実用化に向けた法整備・標準化、及び技術的課題 オンライン
2023/10/17 車載ディスプレイの曲面化及びフレキシブル端末に求められる材料技術の動向 オンライン
2023/10/19 車載用電池事業のグローバル競争とビジネス展開 オンライン
2023/10/23 電気自動車をはじめとした次世代自動車と電池を取り巻く事業戦略 オンライン
2023/10/25 電気自動車やプラグインハイブリッド車などの電動車の熱マネジメント技術 オンライン
2023/10/26 医薬品工場の計画・設備設計及びバリデーションの進め方とトラブル対応 オンライン
2023/10/26 ホログラフィ技術の基礎と車載用ヘッドアップディスプレイへの応用 オンライン
2023/10/27 自動車用ワイヤレス給電の基礎と実用化に向けた法整備・標準化、及び技術的課題 オンライン
2023/10/30 湿気・湿度の基礎と調湿システム技術の現状および新規開発調湿剤の調湿機器への新展開 オンライン
2023/11/8 医薬品工場の計画・設備設計及びバリデーションの進め方とトラブル対応 オンライン
2023/11/9 EVにおける車載機器の熱対策 オンライン
2023/11/16 世界の脱炭素化、自動車におけるEV化の最新動向と関連製品の今後の展望 東京都 会場・オンライン
2023/11/17 2023年 自動車照明市場の最新動向・新技術トレンド オンライン

関連する出版物

発行年月
2023/6/14 車載用リチウムイオン電池リサイクル : 技術・ビジネス・法制度
2023/5/19 世界の充電インフラ 最新業界レポート
2022/12/31 機械学習・ディープラーニングによる "異常検知" 技術と活用事例集
2022/6/30 自動運転車に向けた電子機器・部品の開発と制御技術
2022/5/31 自動車マルチマテリアルに向けた樹脂複合材料の開発
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍 + PDF版)
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍版)
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2022/1/20 脱炭素へ、EVの役割と電池・原材料の安定供給 2030/35年モデルと諸問題の検証
2021/12/16 カーボンニュートラルに向けた中低温産業排熱の最新利用技術と実践例
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2020/3/19 低炭素社会とバッテリーアグリゲーション