技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

パテントマップを用いた開発戦略・知財戦略の策定と実践方法

パテントマップを用いた開発戦略・知財戦略の策定と実践方法

~他社に先行し、競争を回避し、大きな意味で自社が勝ち続けるための単なる説明資料ではなく、戦略策定の武器としてのパテントマップ~
オンライン 開催

開催日

  • 2022年9月30日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 研究者、技術者、開発プロジェクトリーダ
  • 事業開発担当者、商品企画担当者、経営者層
  • 知財部の担当者、責任者
  • 特許調査分析担当者

修得知識

  • 知的財産権・知財戦略の基礎知識
  • テーマ推進ステップで知財戦略活動を具体的に進める施策と方法
  • 企業における事業ステップと必要な特許調査
  • パテントマップの種類
  • 特許調査とパテントマップの具体的作成事例
  • パテントマップのメリット・デメリットと対策
  • 自社が勝つパテントマップの作成とそれを用いた知財戦略手法の進め方
  • 自社が勝つパテントマップの機能鳥瞰ツリー作成事例
  • 知財戦略推進のポイント

プログラム

 グローバル競争が過熱する現代、知財戦略の如何により企業の消長が左右されます。知財戦略を立案するには自社・他社の現状を把握し、他社に勝つためのパテントマップを作成しなければなりません。しかし、パテントマップソフトを購入し作成こそしたものの「自社が勝つための戦略をどのように立てるのか分からない」という話をよくお聞きします。また、せっかく作ったパテントマップは経営者に知財の現状を説明するだけの資料になってしまい、自社の戦略が導き出せず、実際の研究開発の現場では役に立っていないことが多くあります。
 本講習会では、自社が勝つ為のパテントマップ作成方法の解説をはじめ、将来を見据えた事業を鳥瞰し、自社の勝てる開発戦略・知財戦略策定を学ぶ事が出来ます。是非、日常の開発活動をパテントマップに基づき実践し、事業の優位性を築いて下さい。

  1. 知的財産権を取り巻く現状
    1. 技術者は仕事上「特許」をどう捉えるべきか
    2. プロパテントとは
    3. 世界経済の動向
    4. 特許の出願動向
    5. M&Aの動向
  2. 知的財産権と知財戦略
    1. 知的財産権とは
    2. 特許は国別に独立した権利
    3. 知財戦略とは
    4. ある会社の知財リスク事例
  3. テーマ推進ステップと知財戦略活動
    1. 研究部門でのテーマ推進ステップ事例
    2. 特許取得はテーマ次第
    3. 開発検討ステップでの知財活動
    4. 開発推進ステップでの知財活動
    5. 発売準備ステップでの知財活動
  4. 特許調査の種類
    1. 企業における事業ステップと必要な特許調査
    2. 特許調査の種類と内容一覧
    3. 技術動向調査
    4. 先行技術調査
    5. テーマの日常特許ウォッチング
    6. 無効化資料調査
    7. 権利侵害防止調査
    8. 出願前先行技術調査
    9. 外国出願前先行技術調査
  5. 特許調査の基礎
    1. 特許分類の種類
    2. IPC特許分類
    3. IPCを使った検索式の作成方法
    4. キーワードを使った検索式の作成方法
    5. 事前検索による検索式の精査修正
  6. パテントマップ
    1. 技術動向調査とパテントマップ
    2. マクロ分析パテントマップ
    3. セミマクロ分析パテントマップ
    4. ミクロ分析パテントマップ
  7. 具体的な特許調査とパテントマップ作成事例 (自動車用LEDの技術動向調査)
    1. 特許動向調査の進め方
    2. 事前調査 (技術内容、技術動向、主な出願人)
    3. 事前調査による検索式の作成
    4. 明細書の内容を精査しない動向調査例
    5. ニューエントリーキーワードによる解析例
    6. 出願数の増加 (グロスレイト) 解析例
    7. 明細書の内容を精査し分類付与して動向調査
  8. パテントマップのメリット・デメリットと対策
    1. 明細書の内容を精査しない動向調査の利点・欠点
    2. パテントマップ解析ソフトの利点・欠点
    3. 独自分類に構成キーワードを付与したパテントマップの利点・欠点
    4. 特許情報だけでパテントマップを作成する利点・欠点
    5. パテントマップ作成時の注意
  9. 発想手法
    1. 発想において数はパワー?
    2. 思考の階層の概念
    3. 発想の原理
    4. よく使われている3大発想技法
    5. チェックリスト法
    6. ブレーンストーミング法
    7. KJ法
    8. 3大基本発想法まとめ
  10. 知財戦略手法「U’Method」による機能ツリーの作成事例 (自動車用LED)
    1. 科学的発想法「α発想法」による機能ツリーの作成具体事例
    2. 構成ツリーと機能ツリーの比較
    3. 機能ツリーを活用した知財戦略の立案と推進方法
  11. 自社が勝つ知財戦略活動
    1. 知財戦略手法「U’Method」の概要
    2. 推進テーマの決定
    3. 機能鳥瞰マップの作成
    4. 攻め所を決める
    5. 可能性アイデアの多量発想
    6. 「U’Method」を用いた勝てる知財戦略
    7. 「U’Method」によって得られる特許の実力
  12. 知財戦略実践の具体事例
    1. 特許の質を向上する知財戦略実践事例
    2. パテントマップはテーマアップに必須
    3. パテントマップをテーマ推進に定着させる実践例
    4. パテントマップの自動メンテナンス事例
  13. 知財戦略のポイント
    1. 経営に役立つ知財戦略
    2. 特許以外の知的財産権の活用
    3. グローバルな知財戦略
    4. 特許の出願フローと費用と棚卸時期
    • 質疑応答

講師

  • 大藪 一
    大藪知財戦略コンサルティング
    代表

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 34,200円 (税別) / 37,620円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 34,200円(税別) / 37,620円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/10/5 研究開発部門と他部門の連携によるR&D成果の早期事業化とその仕組み作り オンライン
2022/10/6 AI (人工知能) の倫理問題と求められる企業対応 オンライン
2022/10/7 CO2排出量削減へ向けたロードマップ作成と計画の立て方 オンライン
2022/10/10 医薬品ライセンス契約の実務とデューディリジェンスの考え方 オンライン
2022/10/11 特許実務の理解と、他社特許分析、 自社の研究開発・特許出願への活かし方 オンライン
2022/10/11 医薬品・医療機器業界における共同研究をリードするための契約実務基礎講座 オンライン
2022/10/14 競争力のある新規事業の構想・創出のための異業種連携戦略の策定・実行 東京都 会場・オンライン
2022/10/14 他社特許明細書の解釈と弱点の見つけ方 オンライン
2022/10/18 自社の未来に備える研究開発ポートフォリオのマネジメントの全体像と具体的展開法 オンライン
2022/10/19 市場の潜在ニーズを見つける方法とその具体的、体系的な活動 オンライン
2022/10/19 記載要件に基づいて特許を読み込めますか? 書けますか? オンライン
2022/10/23 特許実務の理解と、他社特許分析、 自社の研究開発・特許出願への活かし方 オンライン
2022/10/24 競争力のある新規事業の構想・創出のための異業種連携戦略の策定・実行 オンライン
2022/10/24 研究開発の各段階に応じた細胞培養技術の特許戦略 オンライン
2022/10/25 未来予測の思考法・実践編 オンライン
2022/10/26 事業開発担当者のための導出/導入・契約、交渉業務の基礎 オンライン
2022/10/27 市場・製品・技術ロードマップの体系的・組織的な作成 オンライン
2022/10/28 5G・6G材料開発戦争 2022 オンライン
2022/10/28 特許情報からみた5G材料開発戦争 2021 オンライン
2022/10/28 人を活かす製造現場づくりの実際と新規工場立ち上げの重点管理ポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/7/29 費用対効果に基づく外国特許出願国の選び方・進め方
2022/2/28 With・Afterコロナで生まれた新しい潜在・将来ニーズの発掘と新製品開発への応用
2021/10/29 “未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方
2021/8/31 研究開発の "見える化" によるR&Dテーマ評価、進捗管理と進め方
2021/3/31 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2014/11/21 マサチューセッツ工科大学〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/21 マサチューセッツ工科大学〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/11/20 防虫剤・殺虫剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/20 防虫剤・殺虫剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/5 給湯器 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/5 給湯器 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/1 ブレーカー(遮断器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/1 ブレーカー(遮断器) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)