技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

押出機内の樹脂挙動および溶融混練の基礎と最適化

押出機内の樹脂挙動および溶融混練の基礎と最適化

~原理・シミュレーション・評価・スケールアップ・トラブル対策~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、固体輸送,溶融,溶融体輸送と混練に関して基礎理論をわかりやすく解説いたします。
また、実験およびシミュレーションを用いた混練評価およびスケールアップについて解説いたします。

開催日

  • 2022年8月29日(月) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 押出成形・押出加工・混練に関連する製品の技術者
    • フィルム (光学フィルム・太陽電池関連フィルム・包装など)
    • シート (発泡シートなど)
    • パイプ・ホース・チューブ
    • 土木・建材用異形押出品
    • 電池セパレータ
    • 高機能複合材料 (ナノコンポジット)
    • 機能性薄膜・フィルム
    • 食品
    • トイレタリー分野
    • 押出機 など
  • 押出機・混練機を基礎から学びたい技術者、担当者

修得知識

  • 可視化・計測技術
  • 固体輸送、溶融、溶融体輸送の基礎理論
  • 溶融混練の基礎理論とそれに基づくスクリュ形状の理解
  • 脱揮操作とメカニズム
  • シミュレーション技術と混練評価の考え方
  • スケールアップの考え方
  • メカニズムに基づくトラブル対策

プログラム

 二軸押出機・混練機やミキシングエレメントを有する単軸押出機を用いて高分子材料の混練がなされている。押出・混練過程でのトラブル回避や、装置・プロセス設計の最適化のためには、まず装置内で何が起きているのかを把握することが必要である。そのために、材料挙動の可視化・計測やシミュレーション技術の利用は有効であるが、技術者が材料挙動・混練に関する基本的な原理を理解し、計測・解析結果を妥当に解釈できることが、検討結果を実効的に成果へ結びつけるために不可欠である。
 本セミナーでは、高分子材料の固体輸送、溶融、溶融体輸送と混練に関して基礎理論をわかりやすく解説するとともに、その理論に基づく不良現象のメカニズムの事例を紹介する。また、実験・計測およびシミュレーションを用いた混練評価およびスケールアップについて、現状の方法と課題を論理的に説明する。

  1. 背景
    1. 押出機・混練機の概要と特徴
  2. 実験による可視化・計測
    1. 既往の可視化・計測の例
    2. 最近の可視化・計測技術の研究例
    3. 各種実験の利点と問題点
  3. 固体輸送メカニズム
    1. 輸送メカニズムと不良現象
  4. 溶融部における高分子材料の溶融メカニズム
    1. 溶融プロセスの可視化
    2. 溶融理論
    3. 溶融不良への対応
    4. 溶融部での構造形成
  5. 溶融混練部の輸送・混練メカニズム
    1. 溶融体輸送メカニズム
    2. 分配混合と分散混合
    3. 伸長流動の重要性
    4. ポリマーブレンド・コンポジットの混練理論
    5. 押出機・混練機と溶融混練理論の関係
  6. 単軸スクリュ押出機内の溶融混練
    1. 溶融混練理論とミキシングスクリュの関係
  7. 二軸スクリュ押出機内の溶融混練および脱揮
    1. 溶融混練理論と二軸スクリュ押出機の関係
    2. 溶融混練に付随する問題と対策
  8. 二軸スクリュ押出機内の脱揮
    1. 脱揮の種類とメカニズム
    2. 脱揮のシミュレーション
  9. 計算機シミュレーションによる材料挙動の予測
    1. 計算機シミュレーションの利点と問題点
    2. 固体輸送部のシミュレーション
    3. 溶融部のシミュレーション
    4. 溶融体輸送部のシミュレーション
  10. シミュレーションによる混練評価
    1. 分配混合指標とその考え方
    2. 分散混合指標とその考え方
    3. 各種評価指標を用いた研究例
    4. 実験検証の難しさ
  11. スケールアップとシミュレーション
    1. スケールアップの一般論
    2. シミュレーションによるスケールアップの研究例
  12. 今後の課題
    • 質疑応答

講師

  • 梶原 稔尚
    九州大学 大学院工学研究院 化学工学部門
    教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 34,200円 (税別) / 37,620円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 34,200円(税別) / 37,620円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/10/3 日本のPETボトルリサイクル / PETボトルリサイクルビジネス オンライン
2022/10/5 プラスチック・樹脂における耐衝撃性向上技術と衝撃特性解析 オンライン
2022/10/5 アニオン重合の基礎と機能性高分子の合成方法 オンライン
2022/10/7 なるほど 納得 シリコーン 東京都 会場・オンライン
2022/10/7 CO2を原料とした樹脂材料の研究開発動向と工業化の可能性 オンライン
2022/10/11 動的粘弾性測定 実習講座 オンライン
2022/10/11 廃プラスチック高度リサイクルのための選別回収技術 オンライン
2022/10/11 プラスチックリサイクル技術の現状・課題・最新動向 オンライン
2022/10/12 ポリイミド樹脂 A to Z オンライン
2022/10/12 ポリイミドの分子設計と低誘電損失化 オンライン
2022/10/12 欧州における車載樹脂のリサイクル技術の動向 オンライン
2022/10/13 ポリ乳酸で導くプラスチックリサイクル (進化論) オンライン
2022/10/13 アクリル樹脂入門 オンライン
2022/10/13 ナノカーボン充填による高分子系複合材料の高機能化 オンライン
2022/10/13 超入門プラスチックセミナー オンライン
2022/10/14 イソシアネートの反応機構と構造、硬化物性の制御 オンライン
2022/10/14 核剤 (結晶核剤) の基礎と最適使用法・選択のポイント オンライン
2022/10/14 バイオプラスチック/生分解性プラスチックの開発動向と海洋分解 オンライン
2022/10/17 熱分解分析法による高分子材料分析 オンライン
2022/10/17 ラジカル重合の基礎と分子量・立体構造の制御、最新の重合手法 オンライン

関連する出版物