技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ゴムの配合設計力向上のための技術と情報

ゴムの配合設計力向上のための技術と情報

~総合力強化に必要な基礎と応用、トレンドを学ぶ~
東京都 開催 オンライン 開催

視聴期間は2022年7月19日〜2022年8月1日を予定しております。

概要

本セミナーでは、ゴムの配合設計・製造技術に精通し多くの経験を有する講師が、技術力・課題解決力を向上させるための視点・知識・技術を解説いたします。
経験や勘に偏ってしまい課題を抱えている方や更なる技術力向上を目指す方など、すべてのゴム技術者におすすめのセミナーです。

開催日

  • 2022年7月19日(火) 10時30分 2022年8月1日(月) 16時30分

受講対象者

  • ゴム製品の設計、成形、品質、評価に関連する技術者
    • 防振ゴム
    • 建築材料
    • 医療機器・医療器具
    • 日用品
    • 家具 等
  • ゴムの不良対策で課題を抱えている担当者

プログラム

 ゴムの配合設計は多面的な知識だけでなく、相応の作業経験も求められる特異な技術領域といえます。特に平成以降の日本では、配合職能の細分化や製造部門の海外移転などに伴い、包括的なゴム技術に接する機会が乏しくなりました。その帰結として、配合技術の脆弱化は静かに確実に進行しています。
 本講座では、ゴム配合技術者として必要な基本的知識の習得と、ひとつの企業では体得することが難しい技術情報に多く接することを目的として構成しました。これらの情報を重層的に学ぶことで、技術者のゴム配合設計力を更に高い次元に押し上げることを企図しています。

  1. 基礎的事項を学び直す
    1. ポリマーの基本的性質と欠点
    2. 理に叶うポリマーブレンドの考え方
    3. フィラーの概要と最近の技術動向
    4. 前例踏襲脱却の架橋剤配合
  2. 設計の幅を拡げる技術力
    1. 共通項的弱点である顔料配合を見直す
    2. プラスチックブレンドの意味と留意点
    3. コンパウンド安定製造に必要な養生技術
    4. ゴム系接着剤 配合設計基礎入門
  3. 自在な応用力と機敏な対応力
    1. 加工性向上の具体的施策
    2. 徒労に終わるだけのナノ材料評価
    3. 軽くする・重くする・透明にする の基本
    4. 耐候性予測法を確立する指針
  4. 企業間格差が広がる“トレンド技術”を身に着ける
    1. カーボンニュートラル配合の誤解
    2. 高いCO2削減効果:バイオミネラリゼーション材料
    3. 間違いだらけの電気関連特性評価技術
    4. シリコーンゴム 使いこなす技術と論点
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 渡辺 聡志
    材料技術研究所
    技術コンサルタント

会場

連合会館

5階 502会議室

東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,700円 (税別) / 46,970円 (税込)
複数名
: 38,000円 (税別) / 41,800円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様でお申込みの場合、1名あたり 38,000円(税別) / 41,800円(税込) で受講いただけます。
  • 3名様以上でお申込みの場合、1名あたり 35,000円(税別) / 38,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,700円(税別) / 46,970円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 76,000円(税別) / 83,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 105,000円(税別) / 115,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

アーカイブ配信セミナー

  • 「ビデオグ」を使ったアーカイブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCなどからご視聴ができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 視聴期間は10日間です。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は印刷・送付いたします。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/6 生分解、バイオマス繊維の開発と応用 オンライン
2022/7/7 完全架橋型ポリオレフィン系熱可塑性エラストマーコンパウンド (f-TPV) 入門 オンライン
2022/7/8 ゴムの配合設計力向上のための技術と情報 東京都 会場・オンライン
2022/7/11 車載用プラスチックの基礎と最新動向 オンライン
2022/7/11 日本のPETボトルリサイクル / PETボトルリサイクルビジネス オンライン
2022/7/12 分子シミュレーションの基礎と高分子材料開発の効率化への展開 オンライン
2022/7/13 二酸化炭素・二硫化炭素をもちいる高分子材料の合成 オンライン
2022/7/14 シランカップリング剤の効果的活用法 オンライン
2022/7/14 生分解性プラスチック入門講座 オンライン
2022/7/15 プラスチック用添加剤の作用機構と使い方 オンライン
2022/7/15 ポリマーアロイにおける分散構造、界面構造、モルフォロジーの観察・解析手法 オンライン
2022/7/15 プラスチック用添加剤の基礎と活用のポイント オンライン
2022/7/15 微生物により合成する生分解性プラスチック材料の基礎 オンライン
2022/7/19 ヒートシールの基礎、接合のメカニズムと品質管理・不具合対策 オンライン
2022/7/19 エポキシ樹脂の耐熱性向上と機能性両立への分子デザイン設計および用途展開における最新動向 オンライン
2022/7/19 発泡成形技術の基礎と発泡剤の使い方 オンライン
2022/7/19 高分子結晶化の基礎と高次構造制御 オンライン
2022/7/20 熱分析による高分子材料の測定ノウハウと分析・解析事例 オンライン
2022/7/20 乳化重合・ソープフリー乳化重合によるポリマー微粒子の合成と粒子径・形状制御 オンライン
2022/7/21 マテリアルズ・プロセスインフォマティクスの基礎とポリマー材料設計への応用 オンライン