技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車騒音の発生メカニズム、(フェーズ3などの) 規制強化の動き、遮音・防音対策

自動車騒音の発生メカニズム、(フェーズ3などの) 規制強化の動き、遮音・防音対策

~電動車特有の中〜高周波騒音の特徴とその対策、薄膜やコーティングなどの新しい防音材料~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、遮音・吸音の基礎から解説し、自動車のエンジン音やロードノイズを抑えるためのポイントについて、理論と材料特性から徹底解説いたします。

開催日

  • 2022年7月8日(金) 10時30分 17時30分

プログラム

第1部 国内外での自動車騒音規制の動きについて

- フェーズ3を含めて –

(2022年7月8日 10:30〜11:40)

  1. 道路交通騒音の現況
    1. 日本の状況
    2. 欧州の状況
  2. 自動車騒音規制
    1. 自動車騒音規制の歴史
    2. UN規則R51 – 03の概要
    3. フェーズ3規制
  3. UN規則の今後の動向
    1. 計測不確かさ
    2. RD.ASEP (Additional Sound Emission Provision)
    3. 将来の騒音規制
  4. 道路交通騒音低減に向けて
    1. 背景
    2. 今後の課題
  5. まとめ
    • 質疑応答

第2部 タイヤの騒音規制とその低騒音化について

(2022年7月8日 11:50〜12:50)

 自動車のパワートレーン電動化に伴う静粛性の向上や、環境騒音悪化の健康影響への関心の高まりから、タイヤと路面との接触により生ずるタイヤ路面騒音低減の要求は益々高くなっています。講演では、タイヤ路面騒音発生機構の概説から各要素現象の解説、騒音低減のための技術開発に関して紹介します。

  1. タイヤ路面騒音とは?
    1. 車内騒音と車外騒音
    2. 車外騒音規制
  2. タイヤ路面騒音発生機構
  3. タイヤ路面騒音低減のための技術開発
    1. 路面凹凸による加振
    2. トレッドパターン加振
    3. タイヤ振動
    4. 接地面内溝共鳴音
    • 質疑応答

第3部 自動車用制振塗料の特性と技術動向

(2022年7月8日 13:40〜14:50)

 車のエンジン、駆動系から車室内に伝播する騒音の低減は、走行性能やスタイリングと並んで重要な品質の一つになり、その要求目標は年々高くなっている。一方、地球環境問題に端を発した温暖対策の対応の一つとして車体軽量化による燃費向上が重要なテーマになっています.車両の静粛性と軽量化はトレードオフの関係にあり、両者の融和を図るためには、音の評価技術と材料技術が重要になる。さらに最近では、EV/EHVへの変更が急速に加速しており、対策すべき音源の変化が起きている。
 本稿では、材料技術の側面からみた最近の車用防音材料の内で制振塗料の一端を述べる。

  1. 制振について
    1. 制振の位置付け
    2. 制振材の粘弾性挙動
  2. 制振塗料の特徴
  3. 制振塗料の配合設計の概要
  4. 制振材の制振性評価方法と音響技術の重要性
    • 質疑応答

第4部 電動車向けパワートレイン (モータ・インバータ) における振動・騒音の発生要因と改善手法

(2022年7月8日 15:00〜16:10)

 自動車分野では永久磁石同期モータを採用した電動車の普及が加速している。永久磁石同期モータは小型・高出力・高効率という特長を備える一方で、モータの電磁力に起因した振動・騒音が増大する課題がある。
 本セミナーでは、永久磁石同期モータを使用したモータ駆動システムによって発生する振動・騒音の発生メカニズムを紹介し、その低減手法をモータ・制御・機構に分けて紹介する。

  1. 自動車の電動化に伴う振動・騒音の課題
  2. 一般的なモータにおける振動・騒音の発生メカニズム
  3. 電磁力による振動・騒音とその種類
  4. 電磁力による振動・騒音のその低減手法
    • モータ
    • 制御
    • 機構
    • 質疑応答

第5部 吸音・遮音解析と自動車の車内音予測・対策

(2022年7月8日 16:10〜17:30)

 吸音と遮音の定義、違いについて、自動車の車内音における振動伝達音と空気伝搬音について、SEA法を用いた車内音予測・対策について解説する。

  1. 吸音と遮音
    1. 吸音と遮音の定義
    2. 吸音について
    3. 遮音について
  2. 自動車の車内音
    1. 振動伝達音と空気伝搬音
    2. ハイブリッド車の振動騒音現象
  3. SEA法を用いた車内音予測・対策
    1. SEA法とは
    2. モデル化
    3. 寄与度分析結果
    • 質疑応答

講師

  • 白橋 良宏
    神奈川大学 工学研究所
    客員研究員
  • 齊藤 由典
    日本ミシュランタイヤ株式会社 タイヤ性能研究部
    部長
  • 板野 直文
    日本特殊塗料 株式会社 開発本部 第2技術部 技術2課
    課長
  • 原 崇文
    株式会社 日立製作所 研究開発グループ 電動化イノベーションセンタ モビリティドライブ研究部 電動M4ユニット
    研究員
  • 黒沢 良夫
    帝京大学 理工学部 機械・精密システム工学科
    准教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/11 自動運転システムの安全設計&安全性評価方法 (実用編) オンライン
2022/7/11 自動運転システムの安全設計&安全性評価方法 (入門編 + 実用編) オンライン
2022/7/14 モータの電磁振動・騒音の要因と静音化技術 オンライン
2022/7/19 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2022/7/21 自動運転用センサフュージョン技術と動向 オンライン
2022/7/22 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都 会場
2022/7/26 国内外メーカーのEVシフトと超小型EVの現状と今後の展望 オンライン
2022/7/28 自動車の自動運転におけるセンシング技術と移動物追跡技術 オンライン
2022/7/28 パワーエレクトロニクスの基礎とインバータ・コンバータおよび周辺技術 オンライン
2022/7/28 車載インテリアセンサーのグローバル市場動向とビジネスチャンス - 台頭する統合型アプローチ オンライン
2022/7/29 便利で豊かな社会づくりを支える生体・ヒューマンセンシングおよび情報処理技術とその市場展開・展望 (自動車・感情・生体認証) オンライン
2022/8/2 カーボンニュートラルと自動車用材料 オンライン
2022/8/2 激動の自動車産業の近未来2022 オンライン
2022/8/2 欧州における車載樹脂のリサイクル技術の動向 オンライン
2022/8/19 振動・騒音を低減する材料技術とその予測技術 オンライン
2022/8/23 モータの振動・騒音の基礎とその対策 オンライン
2022/8/23 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向 オンライン
2022/8/24 吸音・遮音および防振のメカニズムと最新の研究開発動向 オンライン
2022/8/26 燃料電池・EV商用車とインフラの最新動向 オンライン
2022/8/30 音響メタマテリアルの基礎・構造設計と応用動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/7/31 遮音・吸音材料の開発、評価と騒音低減技術
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/7/31 騒音・振動の対策と防音・防振材料の適用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/10/21 吸音・遮音および振動制御の基礎習得