技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

CO2水素化反応によるメタノール合成に特化した固体触媒の考え方

CO2水素化反応によるメタノール合成に特化した固体触媒の考え方

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、CO2を効率よくメタノールに変換する固体触媒に必須な要素・技術について、実例を示しながら解説いたします。

開催日

  • 2022年2月8日(火) 13時00分 16時00分

受講対象者

  • CO2水素化によるメタノール合成に特化した固体触媒に関心のある方
  • 固体触媒の開発手法を学びたい方

修得知識

  • CO2水素化触媒の設計指針
  • メタノール合成触媒の基礎知識
  • 固体触媒の開発手法

プログラム

 日本政府が掲げた「2050年に温室効果ガス排出実質ゼロ (ゼロエミッション) 」の目標を達成するため、革新的な技術の開拓が求められている。講演者は、再生可能エネルギーを活用することでCO2をメタノールにアップグレードする固体触媒の開発を行っている。
 本触媒開発の目的は、現在化石資源で賄ってきた燃料・化成品をCO2起源物質に置き換え、持続可能な社会を実現することにある。メタノールが様々な化学物質合成の起点 (たとえば低級オレフィンや芳香族) として有望であることを踏まえると、本触媒開発はCO2からC2以上の有用化合物 (燃料を含む) を合成する試みの足掛かりとして重要である。
 本セミナーでは、CO2を効率よく変換する固体触媒に必須な要素・技術について、実例を示しながら解説する。

  1. メタノール合成の意義と課題
    1. CO2を効率的に燃料・化学品に変換する革新的プロセスの創成
    2. CO2メタン化反応とメタノール合成反応の比較
    3. CO2水素化によるメタノール合成プラント
  2. 固体触媒
    1. 触媒とは
    2. 固体触媒の設計
    3. 反応場制御
  3. 報告されているメタノール合成触媒の概説
    1. 触媒開発の課題
    2. Cu触媒
    3. その他の触媒
  4. 講演者が行ってきた触媒開発の実際
    1. 表面化学的手法を用いた反応機構の解明
      1. 反応中間体に関する考察
      2. 水素活性化挙動に関する考察
      3. 副反応に関する考察
      4. 活性金属種に関する考察
    2. 反応機構に立脚した触媒の開発
      1. 反応機構を基にした触媒の設計
      2. 材料探索
      3. 実証
    3. 工業応用を見据えた触媒の連続合成:火炎噴霧熱分解法
  5. 次世代型メタノール合成触媒とは:低圧条件でできること
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/24 地熱発電の最新動向と課題および普及拡大に向けた取り組みと技術開発 オンライン
2022/5/25 CO2分離回収技術動向と直接空気回収 (DAC) の可能性 オンライン
2022/5/26 CO2分離回収技術に関連したプロセスおよびコスト計算の基礎と実例 オンライン
2022/5/27 基礎・入門として学ぶ、サーマルデバイス技術 オンライン
2022/5/31 工業触媒技術の総合知識 オンライン
2022/5/31 二酸化炭素・二硫化炭素をもちいる高分子材料の合成 オンライン
2022/6/2 バイオガスから新エネルギー オンライン
2022/6/3 炭素制約下社会というビジネス環境の変化におけるビジネスのヒント オンライン
2022/6/3 微生物を利用した二酸化炭素資源化技術の現状、および新技術の概要や展望 オンライン
2022/6/9 燃料電池用触媒の非白金化、低白金化技術 オンライン
2022/6/10 CO2分離回収プロセスの物質収支、エネルギー収支、コスト計算 オンライン
2022/6/13 メタネーションの基礎と現状、課題、最新動向 オンライン
2022/6/14 CO2分離回収へ向けたアミンの活用と劣化対策 オンライン
2022/6/14 二酸化炭素を利用した樹脂接合法の基本原理と産業利用 オンライン
2022/6/15 CO2分離回収技術の進展と実用化への展望 オンライン
2022/6/16 洋上風力発電における設備や部材の設計、騒音対策、国内外実用化の動き オンライン
2022/6/17 CCUS (CO2分離回収・有効利用・貯留) の基礎知識および各種課題点と今後の展望 オンライン
2022/6/20 化学吸収法によるCO2の分離回収技術の最前線 オンライン
2022/6/22 電気化学の基礎から学ぶ燃料電池と水電解技術の基本速習セミナー オンライン
2022/6/22 微細藻類を用いたカーボンリサイクルプロセスと微細藻類産業の構築に向けて オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/1/21 2022年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2021/12/16 カーボンニュートラルに向けた中低温産業排熱の最新利用技術と実践例
2021/9/21 世界のCCU・カーボンリサイクル 最新業界レポート
2021/9/17 2021年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2021/7/16 2021年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2021/7/15 世界のCCS・CO2分離回収技術 最新業界レポート
2021/4/30 世界の燃料電池・水素産業 最新業界レポート
2021/4/20 触媒からみる炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術 2021
2021/1/22 2021年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2020/11/30 触媒の劣化対策、長寿命化
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/3/19 2020年版 スマート住宅市場・技術の実態と将来展望
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2019/1/25 2019年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望