技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

電動化の高電圧技術: モータとパワエレ回路基板の絶縁劣化、材料と計測・評価技術

電動化の高電圧技術: モータとパワエレ回路基板の絶縁劣化、材料と計測・評価技術

~高電圧化、小型化、高周波化による放電・絶縁トラブル発生メカニズムとその対策~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、どのような条件で部分放電が発生し、それをどのような検知器と手順で正確にとらえることができるのか、モータ、パワーモジュール、基板などの絶縁評価試験法およびモータ巻線や基板材料への適応を目的に開発が進む高機能性ポリマー絶縁材料の開発状況について基礎から詳しく解説いたします。

開催日

  • 2022年2月8日(火) 10時00分 16時00分

受講対象者

  • モータに関連する技術者
  • HEV・EV用モータに関する技術者、開発者

修得知識

  • インバータサージによる電動モータのトラブル
  • 電動化によるインパルス部分放電と絶縁劣化メカニズム
  • 高電圧化、小型化、高周波化に伴うモータ、各部品と回路基板の部分放電発生の問題
  • 電気自動車EV用駆動モータの絶縁技術、高分子材料と評価試験方法
  • インパルス部分放電の国際規格、結線方法、試験電圧波形と判定方法
  • 実機モータの微小な部分放電の測定の具体的手法とノウハウ
  • 高機能なモータ巻線の開発状況と性能評価法
  • パワーモジュール、回路基板の絶縁技術とその評価法

プログラム

 今日、省エネ、脱炭素社会に向けて、最新のパワーエレクトロニクス技術を用いた幅広い産業分野のモータの電動化と電気自動車 (EV) の普及が急加速している。各モータのインバータ駆動化に伴い、インバータサージと呼ばれる立ち上がりの急峻なインパルス電圧によって内部に微小な放電が繰り返し発生するため、絶縁システムのトラブルを引き起こすことが危惧されている。また、同時にモータだけでなく、パワーモジュール、電子回路基板や各種付属部品についても絶縁耐圧の問題がクローズアップしている。今後、高電圧化、小型化、高周波化が進めば、部分放電がさらに発生し易くなり、トラブルが深刻化することが予想される。その対策技術として、サージで繰り返し発生する微小な部分放電の検知方法、信頼性の高い絶縁システムの評価法と寿命予測が必要となり、IEC国際規格においても継続審議されている。一方、高パワー密度化が進むEVの開発においては、過酷な使用環境条件下における電動モータの部分放電と絶縁劣化対策、さらには高性能なモータ巻線開発とその有効な評価方法が必要となってきている。
 モータの劣化損耗は高温下で発生するインパルス部分放電による電気的要因が主であるが、その発生メカニズムや検知の方法は、従来のAC電圧の場合と比べて大きく異なっており、十分に理解されていないのが現状である。その理由は、ナノ秒時間スケールの微少な部分放電現象の発生が様々な環境要因で複雑に変化するためである。
 本講演では、どのような条件で部分放電が発生し、それをどのような検知器と手順で正確にとらえることができるのか、モータ、パワーモジュール、基板などの絶縁評価試験法およびモータ巻線や基板材料への適応を目的に開発が進む高機能性ポリマー絶縁材料の開発状況について基礎から詳しく解説する。

  1. はじめに
    1. インバータ駆動モータの絶縁評価技術の現状
    2. インバータサージによる部分放電と絶縁劣化とは何か?
    3. EVモータの高電圧化に向けた技術動向と絶縁トラブルの課題
    4. パワーモジュールの部分放電と絶縁対策の最新技術
    5. 高機能な絶縁材料開発技術と最新動向
  2. 絶縁破壊の前駆現象であるインパルス部分放電現象とは何か?
    1. 様々な環境要因で変化する部分放電特性
    2. 部分放電によるモータ巻線の絶縁損傷
    3. 微少な部分放電がスタートする電圧予測
  3. 繰り返しインパルスによる部分放電計測法
    1. 微弱な部分放電の計測の難しさの要因は何か?
    2. サージ電圧を模擬するインパルス電源と電圧波形
    3. 各部分放電センサ、閾値と感度の比較
    4. ばらつきの大きい計測データの見方
  4. 実機モータを用いたインパルス絶縁評価試験の実例
    1. モータ、試験方法、電源と計測器
    2. IEC国際規格によるインパルス試験電圧波形の規定と各結線方法
    3. モータコイル内のインパルスサージ伝搬と非一様電圧分布
    4. 各電圧波形に対する部分放電開始電圧特性
    5. 各環境条件 (温度、湿度、気圧) による部分放電開始電圧の変化
    6. 各コイルの分担電圧と部分放電発生箇所の推定
    7. 部分放電フリー検証のポイント
  5. EV用平角巻線と回路基板の性能評価試験の実例
    1. ナノコンポジット巻線の優れた耐サージ特性
    2. 低誘電率絶縁材料の高PDIV特性
    3. EV用高機能性平角線巻線の部分放電の温度特性結果
    4. 回路基板の部分放電計測方法と実験結果
  6. まとめと今後の課題

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 40,000円(税別) / 44,000円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/23 パワーデバイス 半導体物性・デバイス特性・回路応用をつなげて学ぶ オンライン
2022/5/27 モータ制御 回転数制御からベクトル制御の入門まで オンライン
2022/5/27 電気自動車 (EV) 用パワーエレクトロニクスの基礎と最新動向 オンライン
2022/6/8 永久磁石同期モータ (PMSM) のベクトル制御技術、ドライブの原理から実際まで (基本編) オンライン
2022/6/10 応用パワエレ制御の速習法 オンライン
2022/6/14 インバータの系統連系技術 オンライン
2022/6/14 EV用モータの技術トレンド オンライン
2022/6/22 永久磁石同期モータ (PMSM) のベクトル制御技術、ドライブの原理から実際まで (応用編) オンライン
2022/6/24 測定技術 実測を通して学ぶパワエレ回路・デバイス・計測技術 オンライン
2022/6/28 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) の基礎と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 会場・オンライン
2022/6/28 車載電子機器の放熱性を確保するための各種熱設計と封止技術 オンライン
2022/6/29 高分子絶縁材料の劣化メカニズムと部分放電計測ならびに寿命評価 オンライン
2022/7/5 モータ基礎 わかりやすいモータの基本技術 オンライン
2022/7/8 EV / HEV用 主機モータとPCUの冷却・放熱技術 オンライン
2022/7/11 機械系技術者のためのパワエレ基礎養成講座 オンライン
2022/7/12 熱対策技術 冷却の基礎とパワーエレクトロニクス製品事例 オンライン
2022/7/14 モータの電磁振動・騒音の要因と静音化技術 オンライン
2022/7/28 つくりながら学ぶDCモータ 神奈川県 会場
2022/7/29 モータ設計 オンライン
2022/8/19 インバータ (初級) オンライン