技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

NEC Beyond 5G協働研究所のビジョン

NEC, 大阪大学

NEC Beyond 5G協働研究所のビジョン

~Beyond 5GとAI活用で目指す「確率的デジタルツイン」~
東京都 開催 会場・オンライン 開催

開催日

  • 2022年2月2日(水) 14時00分 16時00分

プログラム

 5GやBeyond5Gの時代、デジタルトランスフォーメーションはさらに加速し、あらゆるものがデジタル化され実世界との融合が深く進んでいく。
 ここでは、まず5G/ローカル5Gについての取り組みを紹介したのち、2030年の世界に向けたBeyond5Gのビジョン、及び、このビジョンの実現に向けた産学連携による取り組みについて紹介する。
 そして、Beyond5Gに向けた技術開発の方向性としてAI技術とNW技術の共進化について述べ、最後にその中心的な技術的取り組みとしてBeyond5Gによるデジタルツインの実現について紹介する。

#5 G/ローカル5Gの取り組み

  1. Beyond5Gビジョン
  2. Beyond5Gに向けた産学連携の取り組み
  3. Beyond5Gに向けた技術開発の方向性
  4. Beyond 5Gによるデジタルツインの実現
  5. 質疑応答/名刺交換

講師

  • 新井 智也
    日本電気株式会社 新事業推進本部
    本部長
  • 下西 英之
    大阪大学 大学院 情報科学研究科
    特任教授

会場

SSK セミナールーム
東京都 港区 西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル 4F
SSK セミナールームの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,727円 (税別) / 33,800円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、2名様以降 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,727円(税別) / 33,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 55,727円(税別) / 61,300円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 80,727円(税別) / 88,800円(税込)

会場受講 / ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

会場受講、ライブ配信、アーカイブ配信のいずれかをご選択いただけます。

会場受講をご希望の場合

お申し込みの際、受講方法から「会場受講」をご選択ください。
会場受講をご希望の場合、以下の流れ・受講内容となります。

  • ライブ配信、アーカイブ配信のサービスは受けられません。
  • 翌営業日までに、請求書、受講票、会場までの地図を発送させていただきます。

ライブ配信をご希望の場合

お申し込みの際、受講方法から「オンライン受講」をご選択いただき、通信欄に「ライブ配信希望」の旨を記載ください。
ライブ配信セミナーをご希望の場合、以下の流れ・受講内容となります。

  • ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前日に、お申込み時のメールアドレスへ、各セミナー担当者より受講方法のご案内と配布可能な講演資料のデータをお送り致します。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

アーカイブ配信をご希望の場合

お申し込みの際、受講方法から「オンライン受講」をご選択いただき、通信欄に「アーカイブ配信希望」の旨を記載ください。
アーカイブ配信セミナーをご希望の場合、以下の流れ・受講内容となります。

  • ビデオ会議ツール「Vimeo」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 のご確認をお願いいたします。
  • 開催日より3〜5日以降に配信致します。
  • お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
    配付可能な講演資料も合わせて送付致します。
    ※アーカイブ配信の配信予定日や講演資料の送付方法はセミナーによって異なります。
  • 動画の公開期間は公開日より2週間となります。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • 質疑応答は原則として収録録画からカットされます。
  • 参加者名簿は配付致しません。あらかじめご了承下さい。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/24 ディープニューラルネットワークモデルとMTシステムで学ぶ製造業における 「人工知能」の基礎および学習データ最小化ノウハウと「自動設計・仮想検査・未知の異常検知」への応用入門 オンライン
2022/5/26 グラフニューラルネットワーク入門 オンライン
2022/5/26 高性能コンピューティング (HPC) 向け 半導体パッケージング技術動向と今後の展望 オンライン
2022/5/30 PCB (基板) アンテナの基礎技術 会場
2022/5/30 知っておきたい機械学習を用いたデータ分析の正しい進め方 オンライン
2022/5/31 5G / ローカル5Gのその後とBeyond 5G / 6Gの今後 オンライン
2022/6/6 インフォマティクス・機械学習活用のための多変量解析 超入門 オンライン
2022/6/9 説明可能AI (XAI:explainable AI) の作り方とAIの業務への導入方法 オンライン
2022/6/9 5G通信・電子機器の高密度実装に向けた放熱・冷却技術 オンライン
2022/6/10 DX導入による実験の効率化と実験自動化・自律化への応用 オンライン
2022/6/13 機械学習によるデータ分析の正しい進め方とビジネスへの適用 オンライン
2022/6/13 5G、6Gに向けた通信、デバイス技術と開発動向 オンライン
2022/6/14 スパースモデリングの基礎とマテリアルズインフォマティクスによる材料開発への展開 オンライン
2022/6/14 AIを活用した革新的実験計画法の上手な活用法 オンライン
2022/6/15 時系列データ分析の基礎と実践 オンライン
2022/6/16 人工知能を使ったR&D・新規事業テーマの探索 オンライン
2022/6/17 Transformerの応用と最新技術動向 オンライン
2022/6/17 スパースモデリングの基礎とマテリアルズインフォマティクスによる材料開発への展開 オンライン
2022/6/20 統計解析・機械学習のためのPythonハンズオンセミナー オンライン
2022/6/23 深層学習による画像認識とその判断根拠の可視化 (視覚的説明) オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/1/13 DXを未来のビジネスに結びつけるための情報収集利活用ノウハウ
2022/1/12 製造DX推進のための外観検査自動化ガイドブック
2021/10/25 AIプロセッサー (CD-ROM版)
2021/10/25 AIプロセッサー
2021/7/30 マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例
2021/7/14 AIビジネスのブレークスルーと規制強化
2021/6/30 人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2020/8/11 化学・素材業界におけるデジタルトランスフォーメーションの最新調査レポート
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/6/11 5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2020/3/26 ビッグデータ・AIの利活用に伴う法的留意点
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)