技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

AI医療開発に関する法規制・知財・契約面での実践的ノウハウ

AI医療開発に関する法規制・知財・契約面での実践的ノウハウ

オンライン 開催

開催日

  • 2021年10月29日(金) 13時00分 17時00分

修得知識

  • AI医療機器開発における法規制の全体像
  • 医療データ (個人情報) 関連の具体的な問題と解決
  • 開発したAIモデルを契約・知財で保護する方法
  • AI開発契約のポイント、先方と交渉の留意点

プログラム

 「AI医療機器開発」において特に問題となるのは、「AI医療機器開発に関する法規制」と「AI医療機器開発に際する契約と知財」です。
 前者の「AI医療機器開発に関する法規制」は、① 医療機器開発一般に関する規制 (臨床研究に関する法規制及び薬事承認手続きに関する法規制) が、AI医療機器開発において具体的にどのように問題になるのか、そして② AI医療機器開発特有の「医療データ (個人情報) 関連の法規制」をどのようにクリアするのかが問題となります。いずれも実務において良く御質問を受ける内容です。今回のセミナーは②を中心に解説をします。
 後者の「「AI医療機器開発に際する契約と知財」は、AI医療機器開発において必要となる契約 (患者からの同意書、データ提供契約、モデル開発委託契約、共同研究契約) についての説明です。ここではAI医療機器開発の過程において収集した医療データや、医療データを用いて生成されたAIプログラムについて、自社のビジネス展開のためにどのような知財・契約内容にする必要があるのかを解説いたします。

 本セミナーを受講して頂くことで、以下の知識を習得することが出来ます。

  1. AI医療機器開発に関する全体像~法規制・契約・知財~
  2. AI医療機器開発の4つのパターン
  3. AI医療機器開発に関する法規制~個人情報関連の法規制~
    1. 適用法令の違い:提供元医療機関の分類
    2. AIベンダが医療機関から医療データの提供を受ける際の適法化スキーム
      1. 本人同意取得
      2. 匿名加工情報
        1. 匿名加工情報とは何か
        2. どのように加工したら匿名加工情報になるのか
        3. 医療における「匿名化」と個情法における「匿名加工」とはどう違うのか
        4. 匿名加工作業を誰が担当するのか
        5. 匿名加工情報を取り扱う各プレーヤーの義務
        6. 独個法が適用される医療機関の場合、非識別加工情報作成手続をどうやってクリアするか
        7. 学習済みモデルの提供
      3. 委託スキーム
      4. 非個人情報の利用
      5. 適用除外となる学術研究目的
      6. 次世代医療基盤法
    3. 医療サービス提供に際しての個人情報関連の法規制
  4. AI医療機器開発に際する契約と知財
    1. AI医療機器開発に際して締結される契約とそのデザイン
      1. 患者からの同意書
      2. 容易照合性を失わせるためのデータ管理規定
      3. 匿名加工委託契約
      4. データ提供契約
      5. AI医療機器開発契約
        1. 開発委託契約
        2. 共同研究開発契約
      6. AI医療機器利用に関する契約 (SAAS契約、ライセンス契約)
    2. AI医療機器開発契約の詳細解説
      1. 品質 (性能保証、検収、契約不適合)
        1. 従来型のソフトウェア開発とAIソフトウェア開発の違い
        2. ではどうしたらよいのか
          1. AIソフトウェア開発の特性をユーザとベンダが理解する
          2. 開発プロセス及び契約の分割
          3. 契約内容の工夫
          4. パートナーシップ手法の工夫
      2. 知的財産権
        1. 従来型のソフトウェア開発とAIソフトウェア開発の違い
        2. ではどうしたらよいのか
          1. 材料・中間成果物・成果物について、何が知的財産権の対象となるのか・ならないのかを知っておく
          2. デフォルトルール (=法律上のルール) として誰がどのような権利を持っているかを知っておく
          3. 契約条項をどのようにして自社に有利にデザインするかを知っておく (「権利帰属」にこだわらず「利用条件」で「実」をとる)
          4. 契約の限界を知っておく
      3. 責任
        1. 従来型のソフトウェア開発とAIソフトウェア開発の違い
        2. 三種類の責任
          1. AI開発遂行に際して生じた損害についての責任
          2. 成果物であるAIの利用により生じた損害についての責任
          3. AIの利用により第三者の知的財産権を侵害した場合

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/7 ヘルスケア分野における共同研究開発契約締結の基礎と事例検討 オンライン
2021/12/10 医療機器のEO滅菌の基礎と滅菌バリデーション、EO残留物測定のポイント及びQMS適合性調査の指摘事項と対応方法 オンライン
2021/12/10 欧米の審査基準の相違点をふまえた英文特許明細書の作成と実務ポイント オンライン
2021/12/13 機械学習によるデータ分析の正しい進め方とビジネスへの適用 オンライン
2021/12/14 後発でも勝てる特許戦略とその狙いどころ、実施ポイント オンライン
2021/12/14 デジタルヘルスケア製品研究・開発における薬機法と保険制度 オンライン
2021/12/14 抗体医薬品の特許戦略 オンライン
2021/12/17 特許明細書の効率的な読み方と強い明細書の作成方法 オンライン
2021/12/17 コンピュータ化システムバリデーション (CSV) 初級講座 オンライン
2021/12/17 医療機器における保険申請のポイントおよび保険適用戦略の実践 オンライン
2021/12/17 Pythonによる機械学習プログラミング入門 オンライン
2021/12/17 中分子医薬品の特許クリアランス調査と特許戦略 オンライン
2021/12/20 特許翻訳基礎講座 オンライン
2021/12/20 医療機器における洗浄バリデーション要点セミナー オンライン
2021/12/21 ライフサイエンス領域における医療トレンドとポストコロナビジネスに求められる対応手法 オンライン
2021/12/21 ISO11607滅菌医療機器に関する法的要求事項の解説 オンライン
2021/12/22 医療機器設計開発プロセス 入門講座 オンライン
2021/12/22 共同研究/開発契約の進め方と秘密保持契約の対応ノウハウ オンライン
2021/12/23 パテントマップの基礎と新規テーマ発掘への活用方法 オンライン
2022/1/12 記載要件に基づいた特許の読み方・書き方 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/11/10 医療機器製造におけるバリデーション基礎講座
2021/10/25 AIプロセッサー
2021/10/25 AIプロセッサー (CD-ROM版)
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/10/15 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理
2021/6/30 人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2021/3/31 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方
2021/3/15 体温計
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向