技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

人工光合成の国内外の最新動向と実用化への課題・展望

人工光合成の国内外の最新動向と実用化への課題・展望

~国内外のプロジェクト動向、水素製造とその低コスト化、有用化学品製造など / 経済合理性のある人工光合成の実現に向けて~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、人工光合成技術について取り上げ、人工光合成の原理、米国・欧州・アジア・日本の動向、水素・酸素製造や実用化を想定した有用化学品製造など、人工光合成技術の基礎・現状・展望を解説いたします。

開催日

  • 2021年7月28日(水) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 人工光合成、光触媒に関連する技術者、研究者
  • エネルギーに関連するマーケティング担当者、事業企画担当者

修得知識

  • 人工光合成の基礎
  • 光触媒水分解を利用したエネルギー変換

プログラム

 東日本大震災と原発事故以降、再生エネルギーの新たなビジョン構築が検討されています。太陽エネルギー利用において、太陽電池や太陽熱利用、バイオマスに次ぐ第4の技術として人工光合成が注目されています。人工光合成反応の中でも光触媒や光電極を用いた水分解水素製造 (ソーラー水素) は有望な技術と考えられていますが、その現状と展望についてわかりやすく解説します。如何に単純な構造で高性能化できるかがポイントです。
 当チームは可視光での光触媒水分解に世界で初めて成功しています。光触媒および光電極のどちらにおいても世界最高の太陽エネルギー変換効率を達成しております。水素と酸素の他にも過酸化水素や次亜塩素酸等の高付加価値な化合物を効率良く製造できることが分かってきており、短期間での実用化を想定しています。また低コスト水素製造技術として光触媒-電解ハイブリッドシステムを研究しています。それらの詳細についても詳しく説明します。最終的に人工光合成は太陽光水素製造、太陽光燃料、Power-to-Gas、さらにはPower-to-Xという概念へと発展すると期待されておりその展望を紹介します。

  1. 背景
    1. 世界のエネルギー状況
    2. 地球温暖化と資源枯渇
  2. 原理
    1. 光触媒の原理
    2. 光電極の原理
  3. 人工光合成とは何か :定義、目的、意義
  4. 国内外のプロジェクト動向
    1. 米国の状況
    2. 欧州やアジアの状況
    3. 日本の状況
  5. 粉末光触媒による水の完全分解の歴史
    1. 紫外線
    2. 可視光
    3. その他:炭酸ガス固定など
  6. 炭酸塩などの添加効果
    1. 背景と意義
    2. 原理
    3. 最近の進展
  7. 光合成機能を模倣した可視光での光触媒水分解 (Z-スキーム型)
    1. 背景と意義
    2. 原理
    3. 最近の光触媒の進展
  8. レドックス媒体を用いた光触媒-電解ハイブリッドシステムによる低コスト水素製造
    1. 背景と意義:30円/Nm3以下の水素製造コストを目指して
    2. 原理
    3. 最近の光触媒の進展
  9. 半導体光電極による有用化学品製造とその短期的実用化
    1. 背景と意義
    2. 原理
    3. 最近の光電極の進展:ニッチな分野での最短の実用化とは
  10. 可視光応答性半導体の高速自動スクリーニング
  11. 人工光合成の実用化のために
    • 質疑応答

講師

  • 佐山 和弘
    産業技術総合研究所 ゼロエミッション国際共同研究センター
    首席研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 22,000円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 20,000円(税別) / 22,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/6/22 全固体電池・固体電解質の開発動向と界面現象への取り組み オンライン
2021/6/23 発電事業のプロジェクトファイナンス 東京都 会場・オンライン
2021/6/24 2050カーボンゼロ必要技術 オンライン
2021/6/25 進展する熱電変換材料技術の最先端と応用展望 オンライン
2021/6/25 熱電変換材料の基礎と応用・最新注目技術 オンライン
2021/6/28 新 二次電池工学 リチウムイオン電池技術の概要 オンライン
2021/6/29 「カーボンニュートラルLNG」の普及拡大に向けた取組み 東京都 会場・オンライン
2021/6/29 振動発電技術の開発動向 オンライン
2021/7/1 丸紅株式会社の燃料アンモニア事業展開戦略及びビジネスモデル構築に向けた取組みと課題 東京都 会場・オンライン
2021/7/5 脱炭素時代のバイオマス発電の最新動向と今後のビジネス・チャンス オンライン
2021/7/5 「再生可能エネルギー普及拡大議員連盟」における議論を踏まえた課題への対応と今後の方向性について 東京都 会場・オンライン
2021/7/6 全固体リチウムイオン電池に要求される材料技術と用途展開 オンライン
2021/7/6 CO2フリーの水素社会構築を目指したP2Gシステム技術開発の最新状況と今後の展開 東京都 会場・オンライン
2021/7/8 分散電源活用による地産地消、災害レジリエンス等 電力ビジネスへの影響と採るべき戦略 東京都 会場・オンライン
2021/7/9 CO2フリー水素の製造プロセスと触媒技術 オンライン
2021/7/9 FCV・水素エネルギービジネスの最新動向 オンライン
2021/7/13 2050年カーボンニュートラルに向けた水素関連・二酸化炭素資源化関連技術の現状と今後 オンライン
2021/7/14 圧電薄膜技術とその測定法および圧電MEMSデバイスの最新動向 オンライン
2021/7/14 排熱発電を目指した熱電変換技術の現状、モジュール技術・実用化へ向けた実証実験と将来展望 オンライン
2021/7/14 産業分野における熱利用技術の現状、今後の動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2021/1/22 2021年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/9/18 2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/3/19 2020年版 スマート住宅市場・技術の実態と将来展望
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/1/25 2019年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2018/11/16 2019年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望