技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

抗菌剤・抗ウイルス剤・ 抗カビ剤の選び方・使い方・表し方

Zoomを使ったライブ配信セミナー

抗菌剤・抗ウイルス剤・ 抗カビ剤の選び方・使い方・表し方

~Q&Aで学ぶ~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、抗菌処理技術の基礎から応用のノウハウまで、数多くの実例を挙げ、Q&A形式で分かりやすく解説いたします。

開催日

  • 2021年3月30日(火) 10時30分 16時30分

プログラム

 コロナ禍で衛生意識の高まる中、抗菌・抗ウイルス製品が求められています。使用環境に応じた薬剤の選定、安定した抗菌処理の加工技術それらの評価技術と、消費者への表示方法について、実物を例示しながら判りやすく解説することで、正しい抗菌処理の普及を目指します。
 本講では、これまでに寄せられた相談内容等を反映し、

  • 抗菌・抗ウイルスに関する一般的なQ&A解説
  • 過去のセミナーや個別相談で良く質問される事項へのQ&A解説
  • 受講者の皆様の事前リクエストFAXに対するQ&A解説
    を中心に、様々な疑問点を解決することを目指します。
  • Q1 抗菌剤の種類とは?
  • Q2 抗菌剤の殺菌速度に及ぼす周囲環境の影響とは?
  • Q4 抗菌成分の強さとは?
  • Q5 抗菌剤の抗菌性能発揮速度とは?
  • Q6 銀系抗菌剤の抗菌メカニズムとは?
  • Q7 銀の抗菌性と安全性とは?
  • Q8 銅の抗菌性とは?
  • Q9 有機系抗菌剤とは?耐熱性が高い有機系抗菌剤とは?
  • Q10 天然系薬剤とは?
  • Q11 光触媒系薬剤とは?
  • Q12 抗菌ステンレスの抗菌特性に関する銅イオンとは?
  • Q13 抗菌メッキとは?
  • Q14 抗菌アルマイトとは?
  • Q15 抗カビ発現のメカニズム、耐熱温度の高い防カビ剤とは?
  • Q16 抗ウイルス成分とは?
  • Q17 錯体化銀抗ウイルス成分とは?
  • Q18 熱殺菌とは?
  • Q19 紫外線照射による除菌抗ウイルスとは?
  • Q20 電場除菌とは?
  • Q21 放電処理技術とは?
  • Q22 熱可塑性樹脂への混練技術とは?
  • Q23 抗菌性を付与したい樹脂へのマスターバッチブレンドとは?
  • Q24 抗菌性能をより発揮させる技術とは?
  • Q25 抗菌・抗カビ性の薬剤の着色対策とは?
  • Q26 製造現場で使える性能向上技術とは?
  • Q27 抗菌成分の分散技術とは?
  • Q28 塗装抗菌処理の留意点とは?
  • Q29 塗装加工抗菌製品の実用化例とは?
  • Q30 市場における抗菌剤選択の実態とは?
  • Q31 抗菌・抗ウイルス・防カビ評価方法とは?
  • Q32 不溶性酸化物のMICでの評価方法とは?
  • Q33 繊維製品の抗菌試験方法とは?
  • Q34 プラスチック製品の抗菌試験方法とは?
  • Q35 光触媒製品の抗菌試験方法とは?
  • Q36 プラスチック製品の抗ウイルス試験方法とは?
  • Q37 抗菌抗ウイルスISOとの対応JISとは?
  • Q38 光触媒型抗菌ISOと対応JISとは?
  • Q39 耐水性試験とは?
  • Q40 耐光性試験とは?
  • Q41 抗菌剤の副次効果とは?
  • Q42 抗菌・抗ウイルス剤の安全性評価方法とは?
  • Q43 JNLA制度とは?
  • Q44 抗菌標榜に関する規定規約と試験方法とは?
  • Q45 SIAA認証について具体的な試験内容とは?
  • Q46 欧州規制のBPD 、BPRとは?
  • Q47 中国、韓国における抗菌の留意点とは?
  • Q48 米国、欧州における抗菌の留意点とは?
  • Q49 抗菌・防カビの品質管理とは?
  • Q50 抗菌・抗ウイルス製品の表示上で使用出来ない文言とは?
  • 質疑応答

講師

  • 冨岡 敏一
    関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科 微生物制御工学研究室
    特別任用教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/29 生分解性プラスチックの高性能・高機能化 最先端技術講座 オンライン
2021/10/29 アレニウス式による加速試験の基礎とデータの解析方法 オンライン
2021/11/5 身体洗浄料の起泡力・抗菌/抗ウイルス力の制御と界面活性剤 オンライン
2021/11/9 抗菌・抗ウイルス性製品に向けた開発事例と関連規制 オンライン
2021/11/18 新型コロナウイルス不活化・作用のメカニズムと抗ウイルス製品の試験、性能評価方法 オンライン
2021/11/18 熱可塑性エラストマーの技術トレンドと市場動向 オンライン
2021/11/26 検出・殺菌困難微生物とその計数・制御・評価法 東京都 会場
2021/12/2 ナノ材料表面へのポリマーのグラフト化技術と機能付与技術 オンライン
2021/12/7 非接触・抗菌・抗ウイルスタッチパネルと透明導電性フィルムの応用展開 オンライン
2021/12/8 深紫外線によるウイルスの不活化と発光出力・安全性の両立 オンライン
2021/12/9 医薬品滅菌バリデーション要点セミナー オンライン
2021/12/21 ISO11607滅菌医療機器に関する法的要求事項の解説 オンライン
2022/1/25 医療機器における放射線滅菌バリデーションと実施計画書・報告書作成上の留意点 オンライン
2022/1/25 EMA、WHO、ISO等考慮した滅菌法選択と留意点 オンライン