技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

成長が期待される「卒FIT」関連ビジネスモデルと市場予測、国内再エネ市場の長期展望について

「2050年カーボンニュートラル宣言」やFIP等の制度変更の影響を踏まえた

成長が期待される「卒FIT」関連ビジネスモデルと市場予測、国内再エネ市場の長期展望について

オンライン 開催

開催日

  • 2021年2月25日(木) 13時30分 15時30分

プログラム

 国内の再生可能エネルギー発電システム市場は、菅首相による「2050年カーボンニュートラル宣言」やFIP導入をはじめとした制度変更などを受け、大きな変革期を迎えています。今後はFITに依らないシステム導入が急増する見通しであり、これに付随して様々な新サービスが生まれています。
 本講演では最新の再エネ市場予測をベースに、今後の成長が期待される「卒FIT」関連サービスのビジネスモデルや市場予測を整理し、国内再エネ市場の長期展望を提示します。

  1. 再生可能エネルギー発電関連システム市場概要/市場予測 (~2035年度)
    1. 全体像
    2. 太陽光発電
    3. 風力発電
    4. 水力発電
    5. バイオマス発電
    6. 地熱発電
    7. 蓄電システム (太陽光/風力発電併設)
  2. 「卒FIT」注目サービスのビジネスモデルと勘所/課題点
    1. 太陽光/蓄電池PPAサービス (第三者保有モデル:TPO)
    2. 余剰電力買取サービス/仮想蓄電サービス
    3. P2P電力取引サービス
    4. 再エネ電力小売サービス
    5. 再エネ発電量予測サービス
    6. セカンダリーマーケット
  3. 今後の市場環境の変化と長期展望
  4. 関連質疑応答

講師

  • 川合 洋平
    株式会社富士経済 エネルギーシステム事業部 第二部
    主任

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,545円 (税別) / 33,600円 (税込)
複数名
: 26,000円 (税別) / 28,600円 (税込)

受講料の割引について

  • 複数名受講割引
    • 同一法人または関連会社より2名以上同時参加される場合、受講料を割引させて頂きます。
      2名様以降、 26,000円(税別) / 28,600円(税込) で受講いただけます。
      • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,545円(税別) / 33,600円(税込)
      • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 56,545円(税別) / 62,200円(税込)
      • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 82,545円(税別) / 90,800円(税込)
  • 国家公務員・地方自治体職員割引
    • 国家公務員・地方自治体職員の方は、割引価格にて受講いただけます。
      1名様あたり 15,000円(税別) / 16,500円(税込) でご受講いただけます。

ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

ライブ配信をご希望の場合

お申し込みの際、受講方法から「オンライン受講」をご選択いただき、通信欄に「ライブ配信希望」の旨を記載ください。
ライブ配信セミナーをご希望の場合、以下の流れ・受講内容となります。

  • ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日の2営業日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを、メールにてご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • 当日配付資料等は、後日ご郵送いたします。
  • 受講後のご質問等、講師とのお取次ぎをさせていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

アーカイブ配信をご希望の場合

お申し込みの際、受講方法から「オンライン受講」をご選択いただき、通信欄に「アーカイブ配信希望」の旨を記載ください。
アーカイブ配信セミナーをご希望の場合、以下の流れ・受講内容となります。

  • 開催日より3日以降に配信致します。
  • お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
    配付可能な講演資料も合わせて送付致します。
    ※アーカイブ配信の配信予定日や講演資料の送付方法はセミナーによって異なります。
  • 動画の公開期間は公開日より2週間となります。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 質疑応答は原則として収録録画からカットされます。
  • 参加者名簿は配付致しません。あらかじめご了承下さい。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/3/1 経済産業省:「燃料アンモニア導入官民協議会」発足を踏まえた燃料アンモニアバリューチェーン構築に向けた官民連携の取組み 東京都 会場・オンライン
2021/3/2 環境省:地域におけるESG金融拡大に向けた諸施策と今後の方向性 東京都 会場・オンライン
2021/3/2 炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術 オンライン
2021/3/3 再生可能エネルギーをめぐる昨今の法改正及び最新ビジネス動向と法務 東京都 会場・オンライン
2021/3/5 低温環境下で起こる物理・化学・生物現象の基礎と各種産業における低温利活用技術の現状・新展開 オンライン
2021/3/8 カーボンリサイクル実現に向けたCO2有効利用技術開発動向と今後の最重要課題 東京都 会場・オンライン
2021/3/10 「第三者保有 (PPA) モデル」「V2B」「自己託送モデル」の最も得する取組み方 東京都 会場・オンライン
2021/3/11 わが国初「大規模潮流発電実証事業」の取組みと今後の潮流発電の実用化に向けた展望と課題について 東京都 会場・オンライン
2021/3/11 熱電変換の基礎、熱電材料の高性能化指針および最新の研究開発動向 オンライン
2021/3/12 水素エネルギーの動向と貯蔵材料の開発 オンライン
2021/3/12 水素・燃料電池とその最新動向 オンライン
2021/3/12 バイオマスからの水素・化学品製造を目指した固体触媒開発 オンライン
2021/3/15 リチウムイオンバッテリーの長期安定利用に向けたバッテリーマネジメント・セルバランス技術 オンライン
2021/3/18 電力事業展開と電力データ活用における新サービス創出への取組みについて 東京都 会場・オンライン
2021/3/19 中部電力株式会社 における自動検針サービスの展開について 東京都 会場・オンライン
2021/3/22 プラスチックのリサイクル技術の基礎とその使い方 オンライン
2021/3/23 日本郵船株式会社の低炭素・脱炭素化に向けた代替燃料、洋上風力への取組み 東京都 会場・オンライン
2021/3/23 小田原市: 公民連携による再生可能エネルギー利用促進の取組みと今後の施策の方向性 東京都 会場・オンライン
2021/3/25 リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール オンライン
2021/3/31 再生可能エネルギーからの水素製造の低コスト化とビジネス構築 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/9/18 2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2020/3/19 2020年版 スマート住宅市場・技術の実態と将来展望
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2019/5/24 2019年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2019/2/22 2019年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2019/1/25 2019年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2018/11/16 2019年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望