技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

蓄電池材料の電気化学インピーダンス測定 入門

Zoomを使ったライブ配信セミナー

蓄電池材料の電気化学インピーダンス測定 入門

~LiBの材料学、固体電解質材料、電気化学反応解析~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、リチウムイオン電池の材料学から解説し、インピーダンス測定法の理論と応用事例を解説いたします。

開催日

  • 2021年1月27日(水) 10時30分 16時30分

修得知識

  • リチウムイオン電池の材料学および電気化学反応に関する知識
  • 固体電解質材料におけるインピーダンス測定法の実際
  • リチウムイオン電池におけるインピーダンス測定の実際
  • 得られたインピーダンスデータの解析法 (等価回路フィッティング)

プログラム

 リチウムイオン電池、全固体電池の材料は大気中でのハンドリングに制約があるため、簡単に材料解析することができない。一方電気化学測定、特にインピーダンス法は電池を非破壊かつ簡便に評価できことから幅広く活用されている。
 本講演では特に測定初心者を対象に、インピーダンス測定法の理論および応用事例を解説する。

  1. リチウムイオン電池の材料学
    1. インターカレーション反応
    2. 平衡電圧と材料の電子構造
    3. イオンの固体内拡散
  2. 固体電解質材料のインピーダンス測定
    1. イオン伝導性材料と抵抗成分
    2. インピーダンス法の原理
    3. インピーダンス実験のためのサンプル準備
    4. インピーダンス測定結果の解析 (等価回路フィッティング)
  3. 電気化学反応解析
    1. 3端子測定とその必要性
      1. 平衡電位測定と緩和過程
    2. 過電圧と材料内部の抵抗
      1. 電極電解質界面抵抗
      2. 電極内のリチウムイオン拡散
      3. 直流法による測定
    3. 電気化学インピーダンス測定の実際
      1. Adatom Modelに基づく反応解析
      2. 全固体リチウムポリマー電池の反応解析
    • 質疑応答

講師

  • 中山 将伸
    名古屋工業大学 大学院 工学系研究科 物質工学専攻
    准教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/27 電気化学反応・電極反応のメカニズムと電気化学測定法および電極/溶液界面の解析 オンライン
2021/10/28 水電解による水素製造とその材料、システム開発 オンライン
2021/10/28 リチウムイオン電池の劣化メカニズムと解析、安全性試験 オンライン
2021/10/29 EVにおける超急速充電の課題と対応 オンライン
2021/11/2 水蒸気電解・CO2電解の基礎と現状 オンライン
2021/11/4 FCV,EV,HEV 発電・蓄電デバイスの技術、性能、安全性を探る オンライン
2021/11/10 メタネーション技術の過去・現在・未来 オンライン
2021/11/12 水素キャリア・燃料としてのアンモニア利用技術の最新動向と課題・展望 オンライン
2021/11/15 各種バイオ燃料のLCA オンライン
2021/11/16 ペロブスカイトを用いる太陽電池/光電変換素子の技術・最新動向および産業化の展望 東京都 会場・オンライン
2021/11/16 二酸化炭素の再資源化・Power to Gas・e-fuel・SAF オンライン
2021/11/19 水素エネルギーの中国市場トレンド オンライン
2021/11/19 有機系フレキシブル熱電変換材料/デバイスの基礎・課題と最新技術動向 オンライン
2021/11/24 サイクリックボルタンメトリによる、電気化学測定、解析のポイント オンライン
2021/11/24 水素貯蔵材料の基礎と応用、および新たな用途展開 オンライン
2021/11/25 国内外における地熱発電の最新動向とビジネス・チャンス 東京都 会場・オンライン
2021/11/29 バッテリマネジメント、及びセルバランス技術の基礎と応用 オンライン
2021/11/29 磁性材料を活用した新しい熱電応用と今後の展望 オンライン
2021/11/29 珪藻を用いた燃料・有用物質の生産と低コスト化 オンライン
2021/11/30 炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/8/20 2021年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2021/7/16 2021年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2021/4/16 2021年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2021/1/22 2021年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/11/13 2021年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2020/9/18 2020年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2020/8/21 2020年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2020/5/22 2020年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2020/3/19 低炭素社会とバッテリーアグリゲーション
2020/1/24 2020年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2019/5/24 2019年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/4/19 2019年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望