技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ポリマーブラシの基礎と応用に向けた技術的課題と展望

ポリマーブラシの基礎と応用に向けた技術的課題と展望

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、ポリマーブラシについて基礎から解説し、ポリマーブラシの造・物性・機能や応用・将来展望について紹介すると共にバイオ応用とその課題も解説いたします。

開催日

  • 2020年6月15日(月) 13時00分 16時00分

修得知識

  • ポリマーブラシの合成方法
  • ポリマーブラシの評価方法・物性
  • ポリマーブラシの応用と展望 (特にバイオ応用)

プログラム

 高分子鎖を材料表面に付与することで (ポリマーブラシ) 、濡れや接着などの表面特性を制御する試みは古くから行われており、それらの特性は高分子鎖の化学組成のみならず、形態に大きく依存することが知られている。
 ここでは、ポリマーブラシの作製方法とその構造・物性について概説すると共に、特にリビングラジカル重合法を活用した高密度ポリマーブラシに焦点を絞り、その構造・物性・機能について解説する。また、その応用・将来展望について紹介すると共に、講演者が近年、注力しているバイオ応用とその課題についてお話する。

  1. ポリマーブラシの合成
    1. Grafting – to法
    2. Grafting – from法
  2. ポリマーブラシの構造・物性
    1. 膨潤構造
    2. 膨潤状態のおける物性
    3. バルク特性
  3. 基材
    1. 素材・種類・形状
  4. ポリマーブラシの機能と応用
    1. 機能
    2. 応用と展望
    3. バイオ応用と問題点

会場

江東区文化センター

3F 第2研修室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の学生に限ります。
教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。h3. 案内割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 84,000円(税別) / 92,400円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 126,000円(税別) / 138,600円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/7/6 ゴムの配合・混練・加工技術とトラブル対策事例 東京都
2020/7/7 マテリアルズインフォマティクスの基礎とポリマー材料設計への応用 オンライン
2020/7/7 シリカの分散・凝集制御とポリマー系ナノコンポジットのフィラーとして使いこなす活用術 オンライン
2020/7/8 高分子延伸の分子配向メカニズムと物性評価 東京都
2020/7/8 成形体の品質を改善する混練技術 東京都
2020/7/9 エポキシ樹脂の分子構造・硬化性および耐熱性とその他の機能性付与技術 オンライン
2020/7/9 CASEで伸びる自動車材料市場 オンライン
2020/7/10 金属ナノ粒子・微粒子 徹底解説 オンライン
2020/7/10 延伸による高分子材料の構造・物性の変化と解析方法・力学的特性評価に関する基礎知識 オンライン
2020/7/13 ゴム・プラスチック材料のトラブル解決 (2日間) 東京都
2020/7/13 高分子材料の劣化・不具合分析および寿命評価と対策事例 東京都
2020/7/13 レオロジーの必須基礎知識と測定・解析技術 1日速習講座 東京都
2020/7/13 材料の破壊と耐久性、信頼性 東京都
2020/7/13 高分子材料における残留応力・内部応力のメカニズムとその測定法・低減策 東京都
2020/7/13 ダイ塗布プロセスの欠陥メカニズム・課題と対策 東京都
2020/7/14 スパッタ・真空蒸着と膜質改善技術の徹底解説 オンライン
2020/7/14 シルセスキオキサンの基礎と最新応用事例 東京都
2020/7/15 プラスチック強度設計の基礎知識 オンライン
2020/7/15 高分子材料におけるトライボロジーの基礎と制御技術 オンライン
2020/7/16 粉体の基礎と微粒子コーティング・表面改質技術 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/28 高分子の劣化・変色メカニズムとその対策および評価方法
2014/8/25 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術