技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

赤外線イメージセンサの開発と車載に向けたシステム開発

赤外線イメージセンサの開発と車載に向けたシステム開発

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、赤外線イメージングの市場・ビジネスチャンス、歩行者のリアルタイム検知、夜間センシングといった車載センサとしての応用事例について詳解いたします

開催日

  • 2020年2月28日(金) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 赤外線イメージセンサの市場、開発動向

(2020年2月28日 10:00〜14:45)

 赤外線イメージング技術は自動車応用を中心に市場拡大が期待されているが、本講座では、赤外線イメージングのキーデバイスである非冷却赤外線イメージセンサの基礎と開発動向を解説するとともに、利用者に役立つ赤外線カメラの基礎と赤外線カメラの応用についても触れる。また、技術的な内容だけでなく、受講者のビジネスの一助となるよう、ビジネス動向についても議論する。

  1. 赤外線の基礎
    1. 赤外線放射
    2. 大気伝搬
    3. 放射率
  2. 赤外線イメージセンサの基礎
    1. 熱型検出器の動作
    2. 熱コンダクタンスと感度
    3. いろいろなMEMS非冷却赤外線イメージセンサ
    4. 赤外線吸収構造
  3. 赤外線イメージセンサの開発動向
    1. 画素ピッチ縮小の動向
    2. 高解像度化の動向
    3. 小フォーマットアレイの開発動向
    4. 真空パッケージング技術
    5. 生産体制
  4. 赤外線カメラの基礎
    1. 赤外線カメラの基本構成
    2. 光学系
    3. 補正技術
  5. 赤外線イメージセンサの応用
    1. 暗視 (自動車用を除く)
    2. サーモグラフィ (設備保全、工業計測など)
    3. 分光 (ガスイメージングなど)
  6. 赤外線イメージセンサのビジネス動向
    • 質疑応答

第2部 車載用遠赤外線カメラシステムの開発

(2020年2月28日 15:00〜17:00)

 遠赤外線カメラは物体から放射される遠赤外線を映像化できることから、光源に左右されること無く物体認識ができる唯一のセンシングデバイスである。しかし、開発には課題が多く存在するため、開発は容易ではない。本講座は、遠赤外線カメラ&認識システム開発時の課題や車載用途での効果など実例を含め紹介します。

  1. 会社概要及び開発経緯
  2. 遠赤外線について
    1. 遠赤外とは?
    2. 遠赤外線特徴
  3. 遠赤外線カメラ開発
    1. センサー回路
    2. レンズ素材と影響
    3. 構造設計
  4. 車載用途開発
    1. 飛来物対応と小型化
    2. シャッターレス技術紹介
  5. 画像認識開発
    1. 画像認識開発と特徴
    2. 画像認識におけるカメラ技術
  6. 車載センシング用途における遠赤外線カメラ
    1. 固有の効果
    2. 他のセンサーとのコスト比較
    • 質疑応答

講師

  • 木股 雅章
    立命館大学 理工学部 機械工学科
    特別任用教授
  • 横井 暁
    株式会社 JVCケンウッド 技術開発部
    次長

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/5/7 ドライバー状態の推定技術と眠気検知、覚醒維持 東京都
2020/5/14 AIによる顔画像識別技術の基礎原理と実際 東京都
2020/5/15 CMOSイメージセンサとシステムの最新技術動向 東京都
2020/5/22 車載カメラ、ディスプレイの開発・市場・規格動向と将来展望 東京都
2020/5/22 ディープラーニングによる異常検知の基礎と外観検査等への応用 東京都
2020/5/25 ライトフィールドの基礎とカメラ/ディスプレイへの最新技術動向 東京都
2020/5/27 自動運転・運転支援における環境認識技術 東京都
2020/5/27 外観検査・目視検査自動化のための画像処理・AI技術の活用 東京都
2020/5/29 畳み込みニューラルネットワーク (CNN) を用いたノンリファレンス型画像品質評価 東京都
2020/6/3 激変するCMOSイメージセンシングの最新技術動向 東京都
2020/6/4 米中欧で加速するEV、自動運転、キーとなる車載カメラ・イメージセンサの市場・技術動向 東京都
2020/6/11 自動車用LIDAR技術の基礎と最新動向、自動運転への展開 東京都
2020/6/12 次世代カメラの画像処理 東京都
2020/6/12 自動外観検査の要素技術と運用ノウハウ 東京都
2020/6/23 デジタル画像相関法による2次元および3次元表面変位・ひずみ測定 東京都
2020/6/29 画像認識のためのパターン認識・機械学習の基礎と深層学習 東京都
2020/7/3 ウェアラブルデバイス/センシングの基礎知識・開発技術動向と今後の応用展開 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2017/8/10 車載テクノロジー関連製品・材料の市場動向
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/9/27 熱膨張・収縮の低減化とトラブル対策
2012/6/20 画像復元・超解像技術の基礎と応用
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)