技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

診療報酬・薬価改定の動向と薬価収載事例から考える高薬価取得のポイント

診療報酬・薬価改定の動向と薬価収載事例から考える高薬価取得のポイント

~令和2年度の改定のポイントと令和4年度に向けた改定について解説と予測~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、薬価申請の準備段階から保険収載後の供給開始報告書まで具体例を交えて解説いたします。

開催日

  • 2020年2月27日(木) 12時30分 16時30分

修得知識

  • 薬価収載をするために必要な診療報酬改定の知識
  • 薬価基準収載希望書を作成するにあたり気を付けるべきポイント
  • 今後薬価基準収載をする際に気を付けるべきポイント

プログラム

 令和2年度の改定のポイントと令和4年度に向けた改定についての解説と予測。最近の薬価基準収載の事例を元にどのような算定が考えられるかを再度考え直すことが出来るような内容になっています。2060年には、人口は8674万人にまで減少するが、一方で、65歳以上は全人口の約40%となる。今後間違いなく医療費・介護費等の社会保障費が急増することが懸念されます。特に診療報酬改定では、国民負担の増加の抑制や制度の持続可能性の観点から厳しい改定が続くことが予想される。これまでの診療報酬改定率の歴史も含めて、要点を理解し今後の方向性を見極めることが大切です。
 医療用医薬品の薬価基準収載を行うにあたり、最低限の知識を身につけることが出来ます。今回の改定での変更点や、実際の薬価基準収載希望書を作成する際に気を付けるべきポイントを過去の実例を提示しながらわかりやすく解説させて頂きます。過去の事例を理解し、薬価希望書を記載することで予定通りの時期に適切な薬価を獲得することが出来る内容になっています。

  1. 平成30年度診療報酬改定について (概要のみ)
    • 概要と歴史・今後の流れを最新の情報でお話します。
    • 今回の改定に絡む制度改革について変更点を中心に解説
  2. 今回の薬価算定基準の改定について
    • 前回までとの相違点を中心に改定された基準の確認
  3. 医療用医薬品の薬価基準収載をする際に知っていなければいけないポイント
    1. 医療用医薬品が保険収載されるまでの流れ
    2. 薬価基準収載希望書をいつまでに作成するのか
    3. 算定方法について
    4. 類似薬効比較方式について
    5. 原価計算方式について
    6. 外国平均価格調整について
    7. 加算について
  4. 申請書類の記入方法についてのポイント
    1. 書類作成時
    2. 必要書類
    3. 実際の書式を用いて記載の際の注意点
    4. 薬価基準収載希望書資料作成時の注意点
    5. 推定適用患者数及び予測販売数根拠資料
    6. 類似薬効比較方式の選定薬の根拠の記載方法
    7. 類似薬がない根拠について
    8. 加算を申請する際に気を付けること
    9. 原価計算方式の資料の提出の際に気を付けるべき点
    10. 原価計算方式を提出する際の添付資料
  5. 学会活動・ロビー活動でのポイント
  6. その他
    • 質疑応答

会場

滝野川会館

303集会室

東京都 北区 西ケ原1-23-3
滝野川会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/4/16 医薬品工場の計画・設備設計とプロジェクトの進め方・維持管理 東京都
2020/4/17 体外診断用医薬品の保険申請戦略と申請書の書き方 東京都
2020/4/17 ICH-GCP及びグローバル開発を踏まえた品質マネジメントシステム (QMS) 構築 東京都
2020/4/20 分析法バリデーション入門セミナー 東京都
2020/4/22 GMP査察での失敗しがちな英語対応と効果的な説明ノウハウ 東京都
2020/4/22 競合に勝つための医薬特許戦略 東京都
2020/4/24 原薬製造のためのプロセスバリデーション (PV) 実施のポイント 東京都
2020/4/24 医薬品ライセンスにおける契約交渉のポイント 東京都
2020/4/27 コンピュータ化システムバリデーション (CSV) の基礎 東京都
2020/4/27 アンメットニーズの掘り起こしと分析、および事業性評価への活用 東京都
2020/4/28 体外診断薬の開発・事業化戦略のポイント 東京都
2020/5/11 説得力ある医薬品・市場売上予測とその説明資料作成 東京都
2020/5/14 医薬開発品導入/M&Aにおけるデュー・デリジェンスと契約交渉 東京都
2020/5/14 GMP・GQPにおけるQA部員の教育訓練 (GMP文書・記録類の照査) 入門講座 京都府
2020/5/15 GMP対応工場における設備機能維持と予防保全の考え方 京都府
2020/5/18 GMP省令改正を見据えたQAのためのCSVとデータインテグリティ実践セミナー 東京都
2020/5/18 データインテグリティSOP作成セミナー 東京都
2020/5/18 バイオ医薬品の均一品質確保のCMC戦略 東京都
2020/5/18 原薬製造スケールアップにおけるスケール変更に伴うスケール依存因子/ トラブル事例とQbDに基づく重要品質特性・重要工程パラメータ設定 東京都
2020/5/19 口内炎の治療、予防と製剤開発 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/27 3極対応リスクマネジメントプラン策定とEU-GVPが求める記載事項/国内との相違点
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 高薬理活性医薬品・封じ込めQ&A集