技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

シリコン系負極のサイクル特性改善、膨張・収縮対策

シリコン系負極のサイクル特性改善、膨張・収縮対策

~炭素コーティング、ナノ構造、プレドープ、無機バインダー~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、ポリイミドバインダーによるシリコン粒子剥離対策、シリコンコーティングによる負極特性改善について詳解いたします。

開催日

  • 2020年2月26日(水) 10時00分 17時00分

修得知識

  • CVD法の基礎
  • 炭素膜、シリコン膜コーティング
  • Siを高容量負極として利用する際に克服しなければならない課題と克服するためのヒント

プログラム

第1部 シリコン系負極のナノ構造制御と特性向上

(2020年2月26日 10:00〜11:30)

 これまでのシリコン負極の研究を体系的に整理するとともに、ナノ複合体を用いて新たに行われている試みを紹介する。高容量化を目指し行われてきたシリコン負極を用いたリチウムイオン電池の研究・開発を俯瞰し、現在のサイクル特性改善への取り組みについて紹介する。また、様々なナノ複合材料を用いたシリコン系負極創製のアイデア、特性および反応メカニズムについて解説する。

  1. シリコン負極の特徴
  2. ナノシリコン材料の種類
  3. シリコン負極の反応メカニズム
  4. シリコン系負極の役割
  5. シリコン系負極のサイクル特性向上
    1. ナノシリコン – 炭素複合体
    2. ナノシリコン – 金属複合体
    3. ナノポーラスシリコン
    4. 負極活物質の特性を向上させる材料
  6. まとめ
    • 質疑応答

第2部 炭素との複合によるシリコン系負極のサイクル特性改善

(2020年2月26日 12:10〜13:40)

 リチウムイオン電池は、小型・軽量化に優れた二次電池で、携帯電話やノートパソコンなど携帯機器の電源として利用されており、電気自動車やハイブリッドカーの電源としての実用化もなされようとしている。現在、リチウムイオン二次電池の負極材料には、総合的性能に優れた黒鉛系材料が主に用いられている。しかし、黒鉛の容量には限界 (理論容量:372mAhg – 1) があり、高い電流密度下での性能 (レート特性) はそれほど良くないなどの理由から、特に車載用電池の次世代型電極材料の開発が求められており、シリコンはその有望な材料のひとつである。
 シリコン系負極の問題点である充放電サイクルに伴う容量劣化の改善のため、種々の検討が進められており、本講座では、これらの動向を概観し、そのうち表面修飾・改質技術による方法を中心に解説する。特に、気相成長 (chemical vapor deposition, CVD) 法によるリチウムイオン二次電池負極用炭素、シリコンへのカーボンおよびシリコンコーティングによる表面修飾について紹介する。

  1. リチウムイオン二次電池の基礎
    1. 原理、構造、特徴、電極材料、応用の概説
  2. 負極材料の種類、構造、合成と特性向上の検討項目
    1. 黒鉛
      • 低結晶性炭素
        • 難黒鉛化性炭素
        • 易黒鉛化性炭素
        • 低温焼成炭素
      • ナノカーボン
      • シリコン
      • チタン酸リチウム 他
  3. 活物質材料の改質・表面修飾技術概説
  4. 気相法 (CVD法、パルスCVD/CVI法)
    1. CVD法の種類とパルスCVD/CVI法
    2. CVD法を利用した負極用炭素、シリコンの合成の概説
  5. 気相法コーティングによる改質・表面修飾の研究例概説
  6. シリコン負極材料へのコーティングについて
    1. シリコン微粒子、及びシリコン/黒鉛混合粉体へのカーボンコーティングと負極特性
    2. 難黒鉛化性炭素繊維へのシリコン、カーボンマルチコーティング
    3. 黒鉛粒子へのシリコンコーティングと負極特性
    • 質疑応答

第3部 高容量シリコン系負極用ポリイミドバインダーの開発

(2020年2月26日 13:50〜15:20)

 リチウムイオン電池の高容量化のため負極にシリコン系活物質を用いた開発が活発になっています。これに対応したバインダとして、当社で開発を進めてきた溶剤系および水系ポリイミドバインダについて、開発コンセプト、基本特性、試作した電池の特性について紹介します。

  1. ポリイミドとは
    1. ポリイミドの化学構造
    2. ポリイミドの位置づけ
    3. ポリイミドの用途例
  2. ポリイミドバンダーの開発
    1. リチウムイオン電池の構成とバインダーの役割
    2. シリコン系負極用バインダーの要求特性
    3. 溶剤系及び水系ポリイミドバインダーの開発コンセプト
    4. 開発したポリイミドバンダーの性状
  3. ポリイミドバインダーの基本特性
    1. 電解液耐性の評価
    2. 機械的強度の評価
    3. 集電箔との密着性の評価
  4. 電池の試作例と特性
    1. 黒鉛・シリコン系混合負極での電池特性
    2. シリコン系単体負極での電池特性
    3. 低温充放電特性
    4. 高温貯蔵特性
    5. 高率充放電特性
    • 質疑応答

第4部 硫化物固体電解質へのシリコン系負極の適用

(2020年2月26日 15:30〜17:00)

 有機電解液が越えられない電気化学還元の課題を乗り越えることが可能な無機固体電解質を利用した全固体リチウム電池へのSi負極適用について現状と展望を解説します。

  1. 全固体リチウム電池の現状
    1. 高イオン伝導性固体電解質
    2. 正極活物質の酸化物被覆
    3. 負極活物質
  2. Si負極
    1. 充放電時に起こる体積変化
    2. 体積変化が引き起こす容量低下の各種モード
  3. 全固体リチウム電池へのSi負極膜の適用
    1. 硫化物系固体電解質中での充放電試験
    2. アモルファスSi負極膜の適用
    3. Siをより多く含むアモルファスSiOx負極膜の適用
    4. ナノ多孔構造導入による高面容量化に向けた取り組み
    5. 市販Siナノ粒子を用いた電極による高面容量化に向けた取り組み
  4. 今後の展望
    • 質疑応答

講師

  • 松本 健俊
    大阪大学 産業科学研究所 第2研究部門 (材料・ビーム科学系) 半導体材料・プロセス研究分野
    准教授
  • 大澤 善美
    愛知工業大学 工学部 応用化学科
    教授
  • 長尾 圭吾
    宇部興産 株式会社 化学カンパニー 機能品事業部 ポリイミド営業部 ポリイミド営業開発グループ
  • 太田 鳴海
    物質・材料研究機構 エネルギー・環境材料研究拠点 全固体電池グループ
    主任研究員

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/9/25 全固体リチウム二次電池の基礎と最新動向 オンライン
2020/9/29 一日で学ぶポリイミド入門講座 東京都 会場・オンライン
2020/10/2 バッテリマネジメント、及びセルバランス技術の基礎と応用 オンライン
2020/10/6 リチウムイオン電池の劣化状態の推定技術 東京都 オンライン
2020/10/6 測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術 オンライン
2020/10/7 リチウムイオン電池の性能・劣化・寿命評価 東京都 会場
2020/10/9 ALD (原子層堆積法) の基礎と応用 (1日コース) オンライン
2020/10/14 車載用リチウムイオン電池のリサイクル技術動向と産業各社の取り組み事例 東京都 会場・オンライン
2020/10/19 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2020/10/21 リチウムイオン電池および自動車用蓄電池の安全対策とアフターコロナ時代における電池市場の世界動向 オンライン
2020/10/21 アフターコロナを見据えたリチウムイオン電池の世界情勢とビジネス戦略 オンライン
2020/10/27 リチウムイオン二次電池用セパレータの耐熱性向上とその評価 オンライン
2020/10/30 全固体リチウム電池の基礎と最新の研究動向 オンライン
2020/11/4 ポリイミドの材料設計と応用展開 オンライン
2020/11/6 HEV/EVにおけるエネルギー・マネジメント技術 オンライン
2020/11/11 全固体リチウム二次電池の開発状況と展望 オンライン
2020/11/12 各種バインダを用いた電極特性とスラリーの製造技術 オンライン
2020/11/17 リチウムイオン電池搭載製品における安全規格、安全性試験と表示ルール オンライン
2020/11/24 電池材料のマテリアルズ・インフォマティクス オンライン
2020/11/25 カルマンフィルタ/逐次最小二乗法によるリチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/4/17 2020年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/11/29 リチウムイオン電池の分析、解析と評価技術 事例集
2019/11/15 2020年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2019/9/20 2019年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2019/5/24 2019年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2019/3/22 2020年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2019/3/22 2019年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2019/2/22 2019年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望