技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

人体通信 (HBC) の基礎と技術課題およびその対策

人体通信 (HBC) の基礎と技術課題およびその対策

東京都 開催

概要

本セミナーでは、人体通信コンソーシアムの会長を務める講師が、人体通信の原理、他の無線通信技術との特徴の違い、人体通信技術の進化などを整理して解説いたします。

開催日

  • 2019年11月26日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 人体通信に関連する技術者、研究者
  • 人体通信に関連するマーケティング、事業企画担当者、経営者
  • 人体通信の応用に関連する分野の技術者、研究者
    • セキュリティ
    • 医療、ヘルスケア
    • エンターテインメント
    • 交通インフラ
    • ウェアラブル機器 など

プログラム

 CEATEC 2007 で低消費電力でアンテナ不要の近距離無線として 人体通信 (Human Body Communication : HBC) が注目され、IEEE 802.15.6 として国際標準規格になりました。しかし、当時は、利用面で従来の近距離無線と人体通信の差がよくわからないというユーザーが、人体通信技術の導入を躊躇されていた状況も見受けられました。
 それから10年が経ち、人体通信のメカニズムも徐々に解明され、2007年当時に技術的な課題となっていた電極の設計方法、雑音対策などの技術的な見通しがついてきました。そのため、従来の近距離無線と人体通信の差も理解されるようになり、人体通信技術も第2世代の入り、差動伝送技術 (ガルバニックカップリング) を用いた製品も発表されています。令和の新しい時代に入った2019年には、展示会やインターネット上でも人体通信技術を用いたビジネスモデルが目に付くようになりました。
 本セミナーでは、人体通信コンソーシアムの会長を務める講師が、人体通信の原理、他の無線通信技術との特徴の違い、人体通信技術の進化などを整理し、人体通信に興味を持つみなさまに、進化してきた人体通信技術と特徴を短時間で理解していただきます。

  • はじめに
  1. 広義の人体通信 IEEE 802.15.6の概要
    1. UHF帯狭帯域無線
    2. 超広帯域無線 UWB
    3. 狭義の人体通信
  2. 従来の無線通信と人体通信の違い
  3. 人体通信 (電界通信)
    1. 電界と磁界
    2. 電界 + 磁界 = 電磁波
    3. 人体近傍の電界 (人体通信のメカニズム)
    4. 人体は誘電体
    5. 人体を挟んだコンデンサ
    6. 人体の周波数特性
  4. 人体通信の消費電力が小さい理由
    1. 人が近づくと起動する人体通信
    2. 低消費電力の人体通信モジュール
    3. 空間から電源を得る
  5. 電極の設計
    1. 伝搬損失を減らす電極設計
    2. 電極による通信の誤動作対策
  6. 人体通信の雑音対策
  7. 生活支援ロボットへの人体通信技術の導入
  8. 人体通信受信機を用いた心電計
  9. 人体通信の業界団体の動向
    1. 人体通信業界の変遷
    2. 微弱無線設備としての人体通信
    3. 国際的な人体通信ビジネスの連携
  10. 第2世代人体通信 (差動伝送技術の導入)
  11. 人と車と家を繋ぐ … V2HH 構想
  12. リレーアタック (自動車盗難) 対策
  13. 2019年 日本での人体通信ビジネス
    • 質疑応答

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書
2011/5/23 FDTD法によるアンテナ/電磁波解析
2011/4/11 スマートメータシステム
2009/11/25 中堅無線通信機10社 技術開発実態分析調査報告書
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/15 NTT (日本電信電話) 分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/15 NTT (日本電信電話) 分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2006/4/14 詳解 高周波通信用フィルタ設計手法