技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子結晶化 入門講座

高分子結晶化 入門講座

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、結晶性高分子の材料物性の向上に不可欠な高分子の結晶化・高次構造の基礎から解説し、それらの制御に関する応用までわかりやすく説明いたします。

開催日

  • 2019年10月29日(火) 12時30分 16時30分

修得知識

  • 高分子の結晶化に関する基礎的知識と基本的な考え方
    • 結晶化のさせ方
    • 結晶構造・高次構造
    • 結晶成長
    • 融解
  • ポリマーブレンドやコンポジットなどの基礎的知識
  • 結晶化や高次構造を評価するための基本的な測定方法
  • データの解析法、解釈の仕方

プログラム

 汎用プラスチックからスーパーエンプラに至るまで様々な結晶性高分子が利用されています。結晶性高分子の材料物性の向上には結晶高次構造制御が、加工性の向上には結晶化速度の制御が重要になります。
 本講習会では、結晶性高分子を利用した材料設計に必要不可欠な結晶構造・高次構造、結晶成長、融解など高分子の結晶化に関する基礎的概念を習得できるようにします。それらの基礎的概念に基づいて、ポリオレフィンやポリエステルなどを例に挙げて高分子の結晶化機構や結晶高次構造の特徴について説明します。
 また、ポリマーブレンドやコンポジットによる高次構造や結晶成長速度の制御の実例についても紹介します。

  1. 高分子の結晶化の基礎
    1. 高分子の結晶とその用途例
    2. 高分子を結晶化させる方法
      • 溶融結晶化
      • 配向結晶化など
    3. 高分子の結晶構造
      • 単位格子
    4. 高分子の結晶高次構造
      • ラメラ
      • 球晶
    5. 結晶の高次構造評価
      • 偏光顕微鏡
      • 光散乱
      • 電子顕微鏡
      • 広角・小角X線散乱
    6. 結晶成長
      • 核形成
      • ラメラの成長
      • 温度や分子量依存性
    7. 結晶の融解
      • 化学構造と融点
      • ラメラサイズと融点
      • 融点降下
  2. 高分子の結晶化と高次構造
    1. ポリエステルの秩序化と結晶成長と秩序構造形成
    2. ポリオレフィンの結晶高次構造の温度依存性と熱可逆性
    3. ポリオレフィンの配向・緩和と結晶化
    4. ポリエステルの配向結晶化と微細ラメラの形成
    5. エラストマーの伸張結晶化
  3. ブレンド・コンポジットの結晶化速度と高次構造
    1. 相溶系ブレンドの結晶化
    2. 非晶成分の排除と多様な結晶高次構造
    3. 液々相分離による結晶化の誘発と加速
    4. コンポジットによる結晶化の加速と結晶高次構造
    5. エラストマーの伸張結晶化の制御と力学特性

会場

江東区文化センター

3F 第2研修室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/5 ブリードアウト不良の原因と対策 オンライン
2020/6/9 高分子結晶化の基礎と解析技術 大阪府
2020/6/11 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法 東京都
2020/6/11 プラスチックの衝撃破壊メカニズムと耐衝撃性向上 オンライン
2020/6/15 高分子材料の耐候性試験ノウハウ 東京都
2020/6/15 ポリマーブラシの基礎と応用に向けた技術的課題と展望 東京都
2020/6/16 絶縁破壊・劣化の基礎、測定・劣化診断と高分子絶縁材料の高機能化 東京都
2020/6/16 第一原理計算によるマテリアル・デバイス設計 オンライン
2020/6/19 新機能・新規応用の可能性が拡がるマイクロ・ナノカプセル オンライン
2020/6/19 高分子制振材料の設計と評価および開発・応用事例 東京都
2020/6/23 生分解性プラスチック入門講座 東京都
2020/6/23 セルロースナノファイバーの技術動向と複合化・成形、使用への考え方・活かし方 東京都
2020/6/25 自動車振動・騒音対策 / 自動車制振・防振材 (2日間) 東京都
2020/6/26 高分子材料の熱履歴解析と活用例 東京都
2020/6/26 ポリウレタン活用とトラブル対策のための充実入門 東京都
2020/6/26 二軸押出機スクリューの基本構造と混練事例 東京都
2020/6/26 自動車に向けた防振材料、制振材料の特性と設計、材料開発のポイント 東京都
2020/6/28 プラスチック製品 強度設計の基礎知識 オンライン
2020/6/29 1日速習: プラスチックの基礎 東京都
2020/6/29 架橋技術によるポリマーの効果的な性能向上、物性・特性改良方法 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/28 高分子の劣化・変色メカニズムとその対策および評価方法
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)