技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ヘッドアップディスプレイの最適情報提示と視覚特性

ヘッドアップディスプレイの最適情報提示と視覚特性

~ドライバが見えやすいHMI設計へ向けた最適な情報量とその提示位置とは~
東京都 開催

開催日

  • 2019年10月29日(火) 10時00分 17時00分

修得知識

  • 自動車の情報呈示機器HMIに呈示する情報量および呈示位置の違いがドライバの注意特性などのドライバ特性によってドライバの情報認識に与える影響に関する実験結果

プログラム

第1部 ドライバ特性を考慮した車載HMIへの情報呈示

(2019年10月29日 10:00〜12:00)

 自動車の情報呈示機器であるHMIは画面の大型化に伴い様々な情報を同時に呈示することが可能となっている。しかし一方で、ドライバによっては情報過多や呈示された情報に視線を移すことが困難となり、必要とする情報まで見落としてしまうことや情報を捉えられず呈示内容の認識に時間を要してしまうことが懸念される。そこで本講座では、自動車におけるHMIに呈示する情報量並びに呈示する位置の違いがドライバの呈示情報の認識に与える影響をドライバの注意特性などのドライバ特性を考慮した検討結果を紹介する。

  1. ドライバ特性とは?
  2. ドライバ特性を考慮した速度情報呈示
    1. 速度維持のための速度情報呈示
    2. 速度超過防止のための速度情報呈示
  3. ドライバ特性を考慮した速度情報周辺の情報呈示
    1. 速度情報周辺情報の情報量に関する検討
    2. 速度情報周辺情報の情報提示位置に関する検討
  4. まとめ川守田 拓志
    • 質疑応答

第2部 ホログラム技術の基礎とヘッドアップディスプレイへの応用

(2019年10月29日 12:45〜14:45)

 ホログラム技術は70年に及ぶ長い研究の歴史があり、優れたさまざまな機能を利用した応用の可能性を示しながら、未だに十分に実用化されているとは言い難い。グラフィックアートへのイメージホログラムの応用の他に、光学デバイス用途、光ストレージなどへの応用が検討されて久しいが、実用化に至った例は余り多くない。一方、この数年におけるヘッドアップディスプレイ (HUD) の実用開発および製品化は非常に盛んで、市場の急激な立ち上がりが見られる。本講座では、ホログラム技術の基本原理、記録材料およびHUDへの応用の可能性と最新の開発動向を紹介し、最後に実用化への技術課題と今後の展望について解説する。

  1. ホログラム技術
    1. ホログラフィとは
    2. 記録再生の基本原理と特徴
  2. 記録材料
    1. 材料に求められる性能
    2. 代表的な記録材料
  3. HUD実用化の意義
    1. 車載ディスプレイの課題
    2. HUDシステムの有効性と市場動向
    3. 車載HUDの制約条件
  4. HUDの車載実装
    1. HUDの基本原理と仕様
    2. ホログラムHUDの特徴と実装上の問題
  5. HUDの開発動向と今後の展望
    1. HUDの最新開発動向
    2. 実用化に向けた今後の課題
    • 質疑応答

第3部 生理光学の立場からみたヘッドアップディスプレイの安全性

(2019年10月29日 15:00〜17:00)

 自動車用ヘッドアップディスプレイ (headupdisplay:HUD) は、自動車運転中の正面に近い位置かつ遠方に情報を提示できることから、注視対象に向ける眼球運動量が少なく、かつ眼の焦点調節に要する時間を短縮できる。したがって、視認時間が短くなり、交通事故や眼疲労の低減が期待できる。
 本講演では、前半にHUDの生理学的安全性を述べ、後半は、眼光学の基礎知識、加齢に伴う視覚変化に関する知識、生体計測技術、ユーザビリティのノウハウなどを活かし、視覚的ニーズに応じるための理想的なデザインである「視覚中心設計」について、事例とともに紹介する。以前より本セミナーを担当しているが、新しい点として、生理光学の基礎を多めに追記する。

  1. 生理光学の観点からヘッドアップディスプレイが求められる背景
  2. ヘッドアップディスプレイ使用時の生理光学
    1. 瞳孔と調節、眼球運動、視力、視野の基礎
    2. ヘッドアップディスプレイの視線と視認時間
    3. ヘッドアップディスプレイの虚像提示位置と調節・瞳孔反応
  3. ヘッドアップディスプレイに関する既報
  4. 生理的観点からヘッドアップディスレイの安全性と今後求められるもの
  5. 視覚中心設計からHUDを考える
    1. 正面に近く、焦点調節が少ない
    2. 適度な眼球収差
    3. 加齢変化を考慮する
    4. 対象物が明るく、大きく、鮮明
    5. 無意識を意識する
    • 質疑応答

講師

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/10/24 廃熱 (排熱) で発電、冷却が可能な廃熱回生熱音響デバイスの基礎 東京都
2019/10/28 レーザー照明・ディスプレイの技術と応用・市場展望 東京都
2019/10/29 フレキシブルディスプレイの最新トレンドとALD (原子層堆積) 技術 東京都
2019/10/30 防曇、防汚技術と自動車部材への応用 東京都
2019/10/30 LiDARの最前線セミナー 東京都
2019/10/30 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都
2019/10/31 自動車用パワートレーンの省燃費、電動化の最新技術と規制動向 東京都
2019/10/31 車載カメラ、ディスプレイの技術・市場動向 東京都
2019/11/1 自動車用接着剤の設計と評価法 東京都
2019/11/5 車載用電力変換器 (パワーエレクトロニクス) の高電力密度化・小型化設計技術 愛知県
2019/11/6 遮熱、断熱技術の自動車・建物窓に向けた開発と評価 東京都
2019/11/6 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 東京都
2019/11/7 自動運転技術の現状と今後の法的課題 東京都
2019/11/8 自動車用制振・防音材料の開発、適用技術と車室内騒音の低減 東京都
2019/11/13 イメージセンサ・カメラの自動運転、IoT端末に向けた市場、業界、技術展望 東京都
2019/11/14 自動運転に向けた車載用アンテナの技術動向 東京都
2019/11/15 次世代自動車における空調システム・熱マネジメントへの要求と改善 東京都
2019/11/18 AR/VR技術の基礎、現状、展望 東京都
2019/11/19 ヒトの動作検出技術開発 東京都
2019/11/20 完全自動運転およびモビリティサービス化の開発状況と今後の展望 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/10/30 最新ディスプレイ技術トレンド 2019
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/11/20 最新ディスプレイ技術トレンド 2018
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2018/10/5 コネクティッド社会へ向けたディスプレイおよび高信頼性化技術の最新動向
2018/7/12 スマートウィンドウの基礎と応用
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/9 量子ドット・マイクロLEDディスプレイと関連材料の技術開発
2017/12/25 世界の有機ELディスプレイ産業動向
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/10/31 フレキシブルOLEDの最新技術動向
2017/8/10 車載テクノロジー関連製品・材料の市場動向
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望