技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医薬ライセンス業務の基礎と実践

医薬ライセンス業務の基礎と実践

~基礎と基本原則を知らずに生じる致命的失敗、事例研究と失敗回避策~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、経済条件の内訳、各プロセスにおける具体的な契約条件の決めかた、リスク対策について解説いたします。
また、具体的な失敗例、自社に有利な契約条件の書き方、読み方についても事例研究を用いて詳解いたします。

開催日

  • 2019年8月28日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • バイオベンチャー、大学関係者 (薬学・理学・農学部教官、医薬関連事業開発担当者等) 、製薬関連国内外企業の事業開発担当者・研究者 (経験初心者~10年or 凝り性の方)
  • 医薬事業開発を学びたい方

修得知識

  • 国内外の製薬企業等と対等に交渉するための基礎
  • 交渉における原則
  • 成功経験事例と失敗事例
  • 可能な対策例

プログラム

 医薬品・技術のライセンス (事業開発;BD&L) において、繰り返される致命的失敗の多くは、基礎を知り、業務推進のための基本原則を再習得し、実際の事例 (個別事象) に当てはめ、検討・実行することにより容易に回避できることが多いものである。
 今回は、基礎知識習得又は復習と共に、提携プロセスの各ポイントにおける基本原則とその具体的適用方法を解説し、重篤な結末に至る失敗事例の幾つかにつき分析・検討・応用し、併せてその回避策についても学習する。

  1. 始めに:最近の報道記事より (産学連携に見る驚くべき事例、ほか)
  2. 医薬事業開発の基礎知識
    1. 医薬品業界でいう事業開発 (BD&L) とは?
    2. 事業開発関連契約の種類とライセンス契約迄のプロセスの概要
    3. 事業開発業務推進の基本 (基本1~基本5)
    4. 何度言っても言い足りない、提携の基本の基本
      • 提携の目的と公平性を正しく把握・理解する
      • 交渉時に必要な基本原則を学ぶ (獲得物と対価のバランス他)
    5. 医薬品・技術提携交渉に成功の秘訣はあるか?
      • 医薬事業の特殊性を知り、対応する
      • 提携の標準プロセスと推進の心構え
      • 簡潔性と論理の一貫性を保つ
      • 失敗事例の熟知度が提携交渉のデキに影響する
  3. 提携の各プロセスにおける注意事項、成功・失敗事例の研究と具体的対策事例
    1. 探索・評価段階から初期的交渉開始に到る
      • CDA
      • MTA
      • DD = Due Diligence
    2. 交渉初期段階後期評価から契約交渉前・中期に移行
      • Term Sheet
      • LOI
      • MOU
      • OA
    3. 本格交渉段階
      • LA
      • RCA
      • FFSA = Fee For Service Agreement
        • 交渉手法と契約書条項作成の巧拙とは?
        • 種々の失敗事例とは?貴重な他山の石! 知らない?考えない?懲りない?事例集
    4. 致命的な事態に陥るケースとその対策 (下記は一部事例)
      1. 提携の基本を知らないための失敗例
        • この支払いは何に対する対価か?貢献と対価は釣り合っているか?
      2. 相手方のまさかの倒産で後悔しないためには?
        • Licensorの倒産:改正特許法、Section 365 (n) とは?
        • Licenseeの倒産:妥当な条件設定とは?
      3. 契約期間に関する条項 (損をしない契約期間の決め方)
        • 大学/TLOの無知に付き合う失敗例 (契約期間、医薬品の特殊性)
      4. 満了・終了・解約時の規定は如何にすべきか?
        • 満了・終了・解約は、係争の宝庫:経験・知識・準備有れば殆どは回避できる
    5. 重大な事態に陥るケースとその対策 (下記は一部事例)
    6. 経済条件に関する失敗例 (Milestone条項の抜け道を塞ぐ方法)
      1. Bio – Ventureであるが故の失敗例 (承継、公表、解約時のサブライセンス)
      2. 特許に関係する失敗例 (特許共有の意味とは?)
      3. 当然の権利主張とは?
        • 誠実実施
        • Grant-Back
        • 査察
        • 報告義務?
  4. 終わりに
    • 特別Q&A:
      聴講申込者からの医薬ライセンスに関する具体的疑問点又は事案につき、事前の質問を受け付けます。幾つかの事前質問に付き会場で解説し回答します。お申し込みの際にご記入いただくか、お問い合わせフォームからご連絡ください。
    • 質疑応答

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 第2研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/9/24 バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 (2日間) 東京都
2019/9/24 臨床試験QMS構築のためのファーストステップ 東京都
2019/9/24 バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 「製造方法」及び「構造決定・特性解析及び不純物」 東京都
2019/9/24 医薬品の売上予測・事業性評価ノウハウ 東京都
2019/9/25 医薬品の製造委託・原料調達における外注管理・契約での留意点 東京都
2019/9/25 医薬品 / 包装容器・再生医療器材・医療機器における滅菌の基礎、無菌性保証と滅菌バリデーションの留意事項 東京都
2019/9/25 バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 「規格及び試験方法」及び「分析法バリデーション」 東京都
2019/9/25 FDA指摘に基づくラボおよび製造現場におけるデータインテグリティ 東京都
2019/9/25 再生医療等製品申請における生物由来原料基準の要件とカルタヘナ法対応 東京都
2019/9/25 洗浄バリデーションのポイントと残留許容値の設定・評価 (経口固形製剤) 東京都
2019/9/25 創薬における生体模倣システムの世界的動向と今後の展開 東京都
2019/9/26 試験検査室管理におけるOOS/OOT対応とサンプリング実施のポイント 東京都
2019/9/26 ドライアイの診断・治療と点眼薬の眼内移行性評価 東京都
2019/9/26 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点と解決 東京都
2019/9/26 3次元培養ヒト皮膚モデルを用いた皮膚透過試験 : 評価方法と実際の皮膚との違い 東京都
2019/9/27 凍結乾燥・注射剤における外観検査と異物低減対策 東京都
2019/9/27 早期承認取得のために求められるメディカルライティングテクニック 東京都
2019/9/27 オーファンドラッグ開発における情報収集ノウハウと疾患選択基準 東京都
2019/9/27 3極の違いをふまえた国際共同治験の個別症例安全性報告 (ICSR) の取り扱いと因果関係評価 東京都
2019/9/30 医薬品製造工場・試験室における紙データから完全電子化へのプロセス 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル