技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

粉体の物性測定と付着・凝集性および流動性評価

粉体の物性測定と付着・凝集性および流動性評価

東京都 開催

概要

本セミナーでは、粉体について基礎から解説し、粉体の付着性・流動性を正確に測定する方法、粉体の一次物性・二次物性の測定法・評価法について詳解いたします。

開催日

  • 2019年7月30日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 粉体に関連する技術者
    • 医薬品
    • 食品
    • 化粧品
    • セラミックス
    • トナー
    • 肥料
    • 化学原料
    • 電子材料
    • 金属材料
    • 電池材料
    • 粉末治金 など
  • 粉体を扱う入門者、初心者、これから粉体を扱う方

修得知識

  • 粉体の基礎
  • 粉体の取り扱い
  • 粉体物性の基本的な知識
  • 粉体の付着性・流動性評価の様々な測定方法
  • トラブル解決のための粉体物性

プログラム

 近年、粉体を扱う分野では、原料粉体の微細化、高機能化の傾向が強くなっている。それに伴い付着性・流動性に関わるトラブルが急増しており、経験や勘による操作が追いつけなくなっている。また、粉体を調製する分野においても、従来品より高機能、あるいは安価な同等品を開発するためにも、粉体の付着性・流動性の正確な測定は必須となってきた。さらに、後工程を考慮した粉体原料や中間品の改良・開発も重要である。
 本講座でではこのような要求に応えるべく、粉体の一次物性および二次物性の測定法・評価法に焦点を当て基礎から詳細に解説する。

  1. はじめに
    1. 粉体とは?
    2. 粉体の定義と特徴
  2. 粉体の基礎物性
    1. 粒子径と粒子径分布
    2. 粒子形状
    3. 密度
    4. 比表面積
    5. 細孔径
    6. 濡れ性
    7. 試料のサンプリング
  3. 粉体の付着性
    1. 付着性と付着力の関係
    2. 付着力支配の粉体と重力支配の粉体
    3. 付着力発現の要因
      1. 液架橋力
      2. ファンデルワールス力
      3. 静電気力
    4. 付着力の測定と評価
      1. 一個粒子の付着力
        1. スプリングバランス法および振り子法
        2. 遠心法,衝撃法,振動法
        3. 原子間力顕微鏡 (AMF) による方法
        4. 圧壊力測定装置を援用する方法
      2. 粉体層の付着力
        1. 水平引張り法
        2. 垂直引張り法
      3. Rumpf (ルンプ) の式
    5. 実用的な付着性の評価
  4. 粉体の流動性
    1. 荷重下の流動性と非荷重下の流動性
    2. 流動の様式
    3. 流動性の測定と評価
      1. オリフィスからの流出速度
      2. 安息角
      3. 粉体層の圧縮
        1. 圧縮度およびHausner (ハウスナー) 比
        2. かさべり度 (川北の式)
      4. 粉体層の流動化
    4. 市販装置による実用的な評価
      1. 非荷重下における流動性 (Dr.Carrの方法による評価の例)
      2. 荷重下における流動性 (せん断力測定装置による評価の例)
        1. Jenike (ジェニケ) の表現,Farley (ファーレイ) の表現,綱川の表現
        2. 実用的な流動性の測定と評価
        3. 付着性・流動性に関わるその他の粉体特性の測定と評価

会場

江東区文化センター

3F 第2研修室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/10/18 濃厚系・非水系・多成分系での微粒子/ナノ粒子の分散・凝集制御技術 東京都
2019/10/21 撹拌装置内の現象とスケールアップの考え方
2019/10/25 攪拌・混合プロセスのメカニズム、スケールアップ、トラブル対策 東京都
2019/10/25 シリカ微粒子の表面特性と表面改質および分散制御 東京都
2019/10/25 化粧品における顔料微粒子の分散法と安定化法 東京都
2019/10/30 高せん断成形加工法の基礎と新規材料創出への応用 東京都
2019/10/30 ポリマーアロイ・ブレンドで物性を制御するには? 東京都
2019/10/31 乳化・分散・攪拌の基礎と操作およびスケールアップ 大阪府
2019/10/31 医薬品の製剤開発/製造工程におけるQbD (Quality by Design) 入門セミナー 東京都
2019/11/5 撹拌操作・スケールアップの基礎とトラブル対策 愛知県
2019/11/6 粉体における付着・凝集・流動の原理と評価法 愛知県
2019/11/6 パーティクルカウンタを正しく使いこなすための基礎知識と活用法 愛知県
2019/11/12 乳化・懸濁重合による高分子微粒子の作製 東京都
2019/11/13 粉体化粧品の機能・使用感制御のための粉体物性の理解と機器評価・官能評価手法 東京都
2019/11/14 金属・セラミックスの焼結技術 東京都
2019/11/18 塗布・乾燥のレオロジー 東京都
2019/11/18 乾燥・粉砕・造粒工程でのトラブル事例から見る最適な機器選定/スケールアップのポイント 東京都
2019/11/21 Hansen溶解度パラメータ (HSP値) の基礎および微粒子・ナノ粒子の凝集・分散性評価 東京都
2019/11/22 スラリー評価の基礎 東京都
2019/11/26 粒子分散液活用のための総合知識 東京都