技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ディスプレイ向け光学フィルムの基礎と新ディスプレイへの応用

ディスプレイ向け光学フィルムの基礎と新ディスプレイへの応用

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2019年7月18日(木) 13時30分 16時30分

受講対象者

  • 光学フィルム、光学用樹脂 (フォトニクスポリマー)の技術開発者
  • 光学フィルム、光学用樹脂 (フォトニクスポリマー) を活用するデバイス開発者
  • 光学フィルム関連のマーケティング担当者

修得知識

  • 光学フィルム・フォトニクスポリマーの基礎知識
  • 光学フィルムの機能、原理
  • 光学フィルムの市場、将来動向
  • 新ディスプレイ方式における光学フィルムの役割

プログラム

 ディスプレイ向け光学フィルムは、液晶ディスプレイをはじめとして欠かせない機能を果たしており、全世界で数兆円 (年間) という巨大な市場を形成している。
 当セミナーでは、現在の光学フィルム技術の基礎を把握したうえで、将来のトレンドを展望する。まずは光学フィルムおよびそれを構成するフォトニクスポリマーの光学的機能や基礎原理について解説を行う。講師の専門である「フッ素化学」が果たす役割についても紹介する。次に、今後の有機EL、マイクロLEDや車載ディスプレイなどへの光学フィルムの応用の可能性について紹介する。

  1. 光学フィルムを構成するフォトニクスポリマーの概要
    1. 光学機能とフォトニクスポリマーの分類
    2. フォトニクスポリマーの個別紹介 (分子構造、光学特性)
      • PMMA
      • PC
      • PS
      • PET
      • PVA
      • TAC
      • COP
      • PI 等
    3. フッ素系フォトニクスポリマーの紹介
  2. ディスプレイ光学フィルムの基礎と市場
    1. フラットパネルディスプレイ及び光学フィルムの歴史・変遷
    2. ディスプレイ光学フィルムの種類・機能と市場動向
    3. ディスプレイ光学フィルムの原理と特徴 (個別紹介)
      • 偏光板
        • 位相差
        • 直線偏光
        • 円偏光
        • 楕円偏光
      • 反射防止フィルム
        • 光学薄膜による多層コート原理
      • 輝度向上フィルム
      • 複屈折制御フィルム
        • 複屈折ゼロ
        • 超複屈折
      • その他のディスプレイ光学フィルム
  3. 今後のディスプレイに向けた光学フィルムの応用
    1. ディスプレイに共通する光学フィルムの技術トレンド
      • フレキシブル
      • 指紋付着防止 (防汚)
      • モスアイ反射防止
      • ナノインプリント
      • 触覚フィードバック技術など
    2. 光学フィルムの今後の応用の可能性
      • 車載用ディスプレイ
        • 大型化
        • 曲面化
        • 透明化
        • 電子ミラー
        • ヘッドアップディスプレイ 等
      • 量子ドット
      • 有機ELディスプレイ
      • マイクロLEDディスプレイ

講師

会場

ちよだプラットフォームスクウェア
東京都 千代田区 神田錦町3-21
ちよだプラットフォームスクウェアの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 44,444円 (税別) / 48,000円 (税込)
複数名
: 19,907円 (税別) / 21,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額 (税込 21,500円)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 39,815円(税別) / 43,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 39,815円(税別) / 43,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 59,722円(税別) / 64,500円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 44,444円(税別) / 48,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 88,889円(税別) / 96,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 133,333円(税別) / 144,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 23,148円(税別) / 25,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/1 ライトフィールドディスプレイの原理、最新動向とビジネスの可能性 オンライン
2020/6/2 目前に迫るMini LED/Micro LEDの実用化 (市場編 + 技術編) オンライン
2020/6/2 目前に迫るMini LED/Micro LEDの実用化 (市場編) オンライン
2020/6/2 目前に迫るMini LED/Micro LEDの実用化 (技術編) オンライン
2020/6/4 新型コロナウイルスの電子産業への影響とディスプレーのサプライチェーンの変化 II オンライン
2020/6/8 メタマテリアル・メタサーフェスの基礎と応用 オンライン
2020/6/9 樹脂やフィルムにおける透明性と耐熱性の両立と応用 東京都
2020/6/12 有機ELディスプレイの市場動向と求められる材料、プロセス技術 オンライン
2020/6/17 有機金属化合物の種類、構造とその応用 オンライン
2020/6/18 光学レンズ設計入門 東京都
2020/6/18 ウェブの物性の理解とウェブの搬送および巻取りにおけるトラブルの原因と対策 東京都
2020/6/23 フレキシブルディスプレイへ向けた屈曲性材料の開発とプロセス技術 東京都
2020/7/8 高分子延伸の分子配向メカニズムと物性評価 東京都
2020/7/13 回折光学素子の設計と解析および作製・応用技術 東京都
2020/7/30 大気圧プラズマの基礎と樹脂・フィルムの接着・密着・接合性改善技術 愛知県
2020/8/26 高分子膜 / フィルムの気体・蒸気の透過特性および高バリア性発現メカニズムの基礎と応用 東京都
2020/8/27 ホログラム技術の基礎および車載用ヘッドアップディスプレイ (HUD) への応用 東京都
2020/8/28 非球面プラスチックレンズの材料・成形・光学設計技術と市場動向 東京都
2020/8/30 カメラキャリブレーション技術入門 東京都
2020/10/6 プラスチック加飾技術の最新の動向と今後の展望 大阪府

関連する出版物

発行年月
2019/10/30 最新ディスプレイ技術トレンド 2019
2018/11/20 最新ディスプレイ技術トレンド 2018
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2018/10/5 コネクティッド社会へ向けたディスプレイおよび高信頼性化技術の最新動向
2018/7/12 スマートウィンドウの基礎と応用
2018/3/9 量子ドット・マイクロLEDディスプレイと関連材料の技術開発
2017/12/25 世界の有機ELディスプレイ産業動向
2017/10/31 フレキシブルOLEDの最新技術動向
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/23 偏光・複屈折の基礎と正しい測定・評価方法およびその実例
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/5 透明導電性フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/5 透明導電性フィルム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/25 正しい分散剤の選定・使用方法と、分散体の塗布性を上げる添加剤技術