技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ポリウレタンフォームの基礎と成形技術

ポリウレタンフォームの基礎と成形技術

東京都 開催

概要

本セミナーでは、軟質ポリウレタンフォームを中心に基本的なところから、製造時のトラブル対策、開発の最新動向、規制についてわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2019年6月24日(月) 12時30分 16時30分

修得知識

  • ポリウレタンフォームの化学的な知識
  • ポリウレタンフォーム製造方法
  • 最近の軟質ポリウレタンフォームの開発動向
  • 処方設計の基礎
  • 製造に関する問題点と対策に関する技術

プログラム

 ポリウレタンフォームは化学反応で製造されます。原料を変更することで、硬質から軟質まで、低反発から高反発まで様々なバリエーションのポリウレタンフォームを製造することができます。
 今回はその中でも軟質ポリウレタンフォームに関する技術を中心にご紹介させていただきます。種々のポリウレタンフォームが製造できる化学的な背景をご紹介し、それらの配合技術を進展させた、最近の軟質ポリウレタンフォームの開発の動向についてもご紹介します。
 また、成形方法もスラブ発泡やモールド発泡などがあります。それぞれ製造時に色々な問題が発生することがありますが、その発生のメカニズムや対策方法についてもご紹介します。また、最近のポリウレタンフォーム原料に関する規制の状況についてもご紹介します。

  1. ポリウレタンについて
    1. ポリウレタンの種類と用途
    2. ポリウレタンの用途別需要
    3. 各種ポリウレタンの製造方法
  2. ポリウレタンフォームの化学
    1. ポリウレタンフォームの生成反応
    2. ポリウレタンフォームの原料と配合
      1. ポリオールについて
      2. ポリイソシアネートについて
      3. 触媒について
      4. 発泡剤について
      5. 整泡剤について
      6. 難燃剤について
      7. 酸化防止剤について
      8. その他
  3. 軟質ポリウレタンフォームの物性について
    1. 見掛け密度
    2. 硬さ
    3. 反発率
    4. 機械強度
    5. へたり性
    6. 燃焼性
    7. 圧縮たわみ特性
    8. シール性
    9. 圧力分散性
    10. 振動特性
  4. 軟質ポリウレタンフォームの種類と処方例
    1. 汎用フォーム
    2. 低硬度フォーム
    3. 高硬度フォーム
    4. 低反発フォーム
    5. 高反発フォーム
  5. 軟質ポリウレタンフォームの技術動向
    1. 寝具関係の技術動向と最新技術
    2. 自動車用シートクションの技術動向と最新技術
    3. 産業資材用途の技術動向と最新技術
  6. 軟質ポリウレタンフォームの製造方法、問題点とその解決方法
    1. スラブ発泡の製造方法、問題点とその解決方法
    2. モールド発泡の製造方法、問題点とその解決方法
    3. 製造時の防災対策
  7. ポリウレタンフォーム原料に関する規制動向
    1. 主原料の規制動向
    2. 難燃剤の規制動向
    3. 発泡剤に関する規制動向
    • 質疑応答

会場

江東区産業会館

第5展示室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/10/25 廃プラスチック問題の現状と解決のための最新技術 東京都
2019/10/25 高分子材料・応用製品 難燃化の基礎と最新技術動向 東京都
2019/10/25 海洋生分解性を有するプラスチックの基礎と材料設計 東京都
2019/10/28 水・熱・光による高分子の劣化・変色メカニズムとその評価 東京都
2019/10/28 高吸水性樹脂の特性・原理・製造・課題および生分解性付与と応用展開 東京都
2019/10/29 熱分解分析法による高分子材料分析 東京都
2019/10/29 プラスチックフィルムの表面処理・改質技術と接着性の改善・評価方法 東京都
2019/10/29 ゲル化剤の基礎、設計・調製と活用技術 東京都
2019/10/29 高分子材料の設計、高機能化と特性制御 東京都
2019/10/29 高分子結晶化 入門講座 東京都
2019/10/30 プラスチック・ゴム製品の破壊メカニズム・破面解析・破損対策・寿命予測 東京都
2019/10/30 高せん断成形加工法の基礎と新規材料創出への応用 東京都
2019/10/30 プラスチック成形品の強度設計と残留応力低減技術 東京都
2019/10/30 ポリマーアロイ・ブレンドで物性を制御するには? 東京都
2019/10/30 持続可能な社会におけるプラスチックの使い方 東京都
2019/10/31 PVA (ポリビニルアルコール) の構造、合成、応用、物性および溶解性評価 東京都
2019/10/31 プラスチック成形における残留応力の発生メカニズムと成形不良対策 東京都
2019/10/31 熱分析入門 東京都
2019/11/5 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法 東京都
2019/11/6 炭素繊維およびCFRP、CFRTPにおける分析試験、評価解析 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)