技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載用DC/DCコンバータの高電力密度化技術

車載用DC/DCコンバータの高電力密度化技術

~インダクタ・トランスの設計基本と応用・パワー半導体の高周波駆動化の立ち位置から~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2019年6月21日(金) 13時00分 16時30分

修得知識

  • 磁気回路の基本
  • インダクタ・トランスの基本
  • 磁気部品の一体化 (結合インダクタ・結合トランス)
  • パワー半導体の高周波駆動化
  • ノイズの基本と低減に向けた応用技術

プログラム

 Co2排出削減のため自動車は内燃駆動から電動化へ車載用機器が進んでいる。特に、ハイブリット自動車、48Vマイルドハイブリット自動車、プラグインハイブリット自動車、電気自動車、燃料電池車へと自動車の形態が移り変わっていく中で、より小型を維持したままで大容量な電力変換システムが要求される。こうした中で、近年においては各電動化車両では磁気部品の工夫による体格低減を試みが散見される。
 そこで、本セミナーではまず近年の車載用変換器に用いられているインダクタ・トランスの最新動向について触れ、その後、誰でもわかるように磁気部品に関する基本理論から解説し、その理論を用いた応用設計 (結合インダクタ・結合トランス) へ議論を展開する。本セミナー後半では、ワイドバンドギャップ半導体による高周波駆動化による変換器の高電力密度化の可能性について述べる。特に、高周波駆動化を実施する上では、“周辺の受動素子への対応”と“ノイズ増大”が問題となる。そこで、受動素子とノイズの基本について述べ、これらの最新技術動向について解説する。

  1. 車載用電力変換器に搭載されるDC-DCコンバータ用磁気部品の最新動向
    1. 車載用DC-DCコンバータの技術動向 (全体概要)
    2. ハイブリッド自動車 (HEV)
    3. マイルドハイブリット自動車 (MHEV)
    4. プラグインハイブリット自動車 (PHEV)
    5. 電気自動車 (EV)
    6. 燃料電池車 (FCV)
  2. 磁気部品の小型軽量化が可能な高電力密度変換用の特徴・設計方法
    1. 磁気回路法の基本
    2. 非絶縁DC-DCコンバータ用の応用設計例と実証評価 (結合インダクタ)
    3. 絶縁DC-DCコンバータ用の応用設計例と実証評価 (結合トランス)
  3. パワー半導体高周波化による高電力密度化
    1. ワイドバンドギャップ半導体適用による電力変換器の小型軽量化
    2. 周辺受動素子
    3. ノイズの基本と最新対策例
    • 質疑応答

講師

  • 今岡 淳
    九州大学大学院 システム情報科学研究院 電気システム工学部門
    助教

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

6F 中会議室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/8 5G・次世代自動車に対応するSiC/GaNパワーデバイスの技術動向と課題 オンライン
2020/6/12 基礎パワエレ制御の速習法 神奈川県
2020/6/15 カーエレクトロニクスの放熱、冷却技術 東京都
2020/6/15 EVをはじめとした次世代自動車とリチウム資源・コバルト資源の最新動向 東京都
2020/6/15 FCV・水素エネルギービジネスの最新動向 オンライン
2020/6/18 自動車に用いられる繊維材料・繊維複合材料の設計、応用、市場予測 東京都
2020/6/18 自動車室内の防音設計と軽量化要求に対応する遮音・吸音材料の開発 東京都
2020/6/18 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 オンライン
2020/6/19 測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術 神奈川県
2020/6/22 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 オンライン
2020/6/23 市場品質ロス削減のための信頼性試験法と耐用寿命予測の実際 東京都
2020/6/24 SiCパワーデバイスの活用に向けた駆動回路、評価技術 東京都
2020/6/25 自動車振動・騒音対策 / 自動車制振・防振材 (2日間) 東京都
2020/6/25 自動車における振動・騒音現象とその対策および現場で役立つ振動解析 東京都
2020/6/26 つくりながら学ぶDCモータ 神奈川県
2020/6/26 自動車に向けた防振材料、制振材料の特性と設計、材料開発のポイント 東京都
2020/7/2 車載ハーネス・コネクターの要求特性と信頼性向上 東京都
2020/7/3 車載電子機器の放熱、封止技術 東京都
2020/7/7 トポロジー最適化の基礎と実践および3Dプリンティングでの活用法 オンライン
2020/7/9 LiDARによる自己位置推定技術 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望