技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子微粒子入門講座

高分子微粒子入門講座

~微粒子研究の概要をつかみ、次世代材料の創製につなげる~
東京都 開催

開催日

  • 2019年6月18日(火) 12時30分 16時30分

受講対象者

  • 高分子微粒子で課題を抱えている方
  • 高分子微粒子に関連する技術者、担当者
    • 塗料
    • 接着剤
    • 樹脂改良剤
    • コーティング材
    • 空孔形成材
    • 化粧品基材
    • 分離・診断用担体など

修得知識

  • 高分子の基礎の確認
  • 高分子微粒子の作製方法
  • 高分子コロイドの物性と機能評価
  • 応用展開への足掛かり

プログラム

 高分子微粒子は、塗料、接着剤、樹脂改良剤、コーティング材、空孔形成材、化粧品基材、分離・診断用担体など、種々の分野で重要な役割を果たしている高分子素材です。この講座では、高分子微粒子に関する基礎的知見を明らかにすることによって、その後の研究・開発へとつなげていくことを目的としています。まず、微粒子設計という観点から、素材、サイズ、形状、表面構造、内部構造などの特性に注目し、それらを調節できる因子とその働き (機能) を明らかにします。この際、測定方法による微粒子の特性評価について説明を行います。これによって、微粒子に関するマテリアルデザインをイメージ化できることを意図しています。次に、高分子微粒子の作製について概要を述べた後、具体的に微粒子の合成・構造調節・特性付与・複合化と集積化などについて解説を行います。これによってアプローチ方法の多様性と可能性に触れた上で、いくつかの選択へと絞っていくことを意図しています。最後に、応用と関連する特性を示し、それに基づく機能の向上と新しい機能の創出について例示を行います。応用分野については、主に医用材料について解説を行います。なお、講座の内容は網羅的なものでなく、講師の注目した項目を中心に解説することをご了承ください。

  1. はじめに
    1. 微粒子の概要
    2. コロイド科学の基礎
      • 分散安定化
      • 乳化など
  2. 微粒子デザインのイメージ化
    1. 素材
      • 合成ポリマー
      • 天然ポリマー
      • 生体ポリマー
    2. サイズ
      • ナノ粒子
      • サイズ分布
    3. 形状
      • 中実粒子
      • 中空粒子
      • 異方性粒子
    4. 表面構造と内部構造
    5. 微粒子測定方法
    6. 調節因子による微粒子デザイン
  3. 高分子微粒子の作製
    (実際的なアプローチ方法・多様性と可能性・選択と集中)
    1. 高分子の基礎
    2. 高分子微粒子の合成
      • 乳化重合
      • ソープフリー乳化重合
      • 懸濁重合
      • 分散重合
      • 沈殿重合
      • ミニエマルション重合
    3. 高分子の会合・集積による微粒子作製 (天然高分子微粒子)
    4. 交互集積法によるカプセルの作製
    5. 構造調節
      • 表面改質と加飾
      • 表面グラフト化
      • 内部改質
    6. 特性付与
      • 柔軟性
      • 生体適合性
      • 刺激応答性
      • コアシェル粒子
      • ゲル粒子
    7. 複合化
      • 他の高分子・金属・無機物
    8. 集積化
      • フィルム
      • コロイド結晶
      • コロイドゲル
      • リキッドマーブル
      • コロイドフォーム
      • コロイドスポンジ
  4. 機能の向上と新しい機能の創出
    1. 医用材料における微粒子の活用法
      • 微粒子で検出する
      • 微粒子を見る
      • 微粒子を集める
      • 微粒子を分離する
      • 微粒子を増やす
      • 微粒子をつくる
      • 微粒子を運ぶ
    2. 今後の展開
      • 環境適合性微粒子
      • 微粒子構造体
      • 微粒子による微細加工

会場

江東区産業会館

第1会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/7/19 スラリーの分散・調製技術と分散状態評価 東京都
2019/7/23 超分子材料の基礎と設計および応用展開 東京都
2019/7/23 熱可塑性エラストマーの技術トレンドと市場動向 東京都
2019/7/24 粉体・微粒子における帯電・付着力とコントロールおよびその評価 東京都
2019/7/24 ナノ触診原子間力顕微鏡 (AFM) による高分子材料の解析技術 東京都
2019/7/25 高分子材料の末端基・構造解析テクニック 東京都
2019/7/26 高分子絶縁材料の劣化破壊機構、その抑制と絶縁性向上技術 東京都
2019/7/26 SiCパワーデバイス実装と高耐熱樹脂材料の開発動向 東京都
2019/7/29 粉体の固結の機構・因子・評価・対策 東京都
2019/7/29 ゴムの架橋と特性解析・制御 東京都
2019/7/29 高分子材料設計におけるマテリアルズインフォマティクス適用の最新動向 東京都
2019/7/30 粉体の物性測定と付着・凝集性および流動性評価 東京都
2019/7/30 ポリウレタンの化学/構造・物性発現とキャラクタリゼーションノウハウ 東京都
2019/7/31 エポキシ樹脂の配合設計と硬化剤の選び方、使い方 東京都
2019/7/31 レオロジー測定の基礎と応用 東京都
2019/7/31 マイクロプラスチック問題解決に向けての紙材料・生分解性プラスチック 東京都
2019/7/31 人工皮革・合成皮革の入門講座 東京都
2019/7/31 導電性カーボンブラックの使用テクニック 東京都
2019/7/31 酸化防止剤・光安定剤 活用のコツ 東京都
2019/8/1 レオロジー入門講座 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/2/28 顔料分散の基礎講座
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/30 微粒子最密充填のための粒度分布・粒子形状・表面状態制御
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/8/28 化粧品・医薬部外品およびその原料の安全性評価と規格・試験法設定
2013/7/25 正しい分散剤の選定・使用方法と、分散体の塗布性を上げる添加剤技術
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書