技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

経営、事業戦略に貢献する知的財産の "価値評価" と活用の仕方

経営、事業戦略に貢献する知的財産の "価値評価" と活用の仕方

東京都 開催

概要

本セミナーでは、知財価値・知財活動の評価について基礎から解説いたします。
客観的で妥当性のある評価手法とその使い方を詳解いたします。

開催日

  • 2019年6月11日(火) 10時00分 16時45分

プログラム

第1部. 適正な知財コストの考え方と保有特許の価値評価、ポートフォリオ管理の仕方

(2019年6月11日 10:00〜12:00)

 経営、事業戦略に貢献する知的財産活動を推進するには、技術などを秘匿または特許権などの独占的排他権を実施するクローズ・モデルの知財戦略に加え、他社に公開またはライセンスを行うオープン・モデルの知財戦略を取り入れ、自社利益拡大のために特許出願・権利化、権利の活用、権利の維持を、戦略的に行うことが重要となってきました。そのためには、知財価値、知財活動を評価する客観的で妥当性のある評価手法による知的財産の“価値評価“が必須です。
 本講演では、適正な知財コストの考え方、特許出願・権利化戦略、保有特許の価値評価、ポートフォリオ管理について紹介します。

  1. 適正な知財コストの考え方
  2. 特許出願・権利化戦略
    1. 発明の特許出願率
    2. 特許の自社実施率
    3. グローバル出願率
    4. 早期権利化率
    5. 総合特許登録率
  3. 保有特許の価値評価、ポートフォリオ管理
    1. 自社における価値評価
    2. 他社牽制効果の評価
    3. ライセンス可能性の評価
    4. 評価のタイミング
    5. 権利維持、放棄の基準
      1. 目標保有件数の設定
      2. 保有特許の群管理

第2部. 知的財産および知的財産活動の 経営上の貢献度評価

(2019年6月11日 12:45〜16:45)

 知的財産活動は間違いなく経営に資する企業活動の一つであるが、目に見える資産と異なり、その貢献度を見える化するのは容易ではない。実際、我が社の知財活動は経営にどの程度の効果をもたらしているのか、知財活動に使っている費用に見合う効果を我が社は得ているのだろうかなどという疑問は数多く知財部門に寄せられているが、回答に苦慮しているとの声が多いと聞く。
 本セミナーでは知的財産及び知的財産活動の経営上の貢献度について、幾つかの定性的および定量的な評価について紹介する。併せて、複数の主体で1つの事業を行う場合に、特許の事業に対する各主体の相対的貢献度の評価手法の例についても紹介する。

  1. 知的財産の価値評価の基本的な考え方
  2. 知的財産活動による経営上の定性的な貢献
    1. 自社の強みを見える化する役割
    2. ビジネスを創出させる役割
    3. 知財による他社参入の排斥
    4. 知財に裏付けられた価格プレミアム
    5. ビジネスモデルを実現・維持・発展させる役割
    6. ライセンス収入により収入を得る役割
    7. 外部からの評価信頼を得て、共同開発や取引をする相手を掴む役割
    8. 知財による連携での市場拡大
    9. 社員がやる気を出し、組織が活性化する役割
    10. 製造コストを低減する役割
  3. 競争力強化に役立つベースとなる個別特許の評価
    1. 薬など一つの特許で製品が成り立つ特許の評価
    2. 多数の特許で製品が成り立つ場合の特許の評価
      1. 標準必須特許SEPの貢献
      2. 守りの特許の貢献
      3. 代替技術による事業参入を防止する特許の貢献
      4. 事業の弱みの特許を解消する攻めの特許の貢献
  4. ビジネスモデルに応じた知財の貢献度
  5. 知財のキャッシュフローに対する影響
  6. 第三者特許への対応活動による企業への貢献
  7. 定量的評価手法
    1. コストアプローチ
    2. マーケットアプローチ
    3. インカムアプローチ
    4. 複数の主体で一つの事業を行う場合の各主体の特許の貢献度評価

講師

  • 萬 秀憲
    大王製紙株式会社 知的財産部
    参与
  • 中澤 俊彦
    中澤経営知財パートナー
    代表

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/9/17 化学・材料系の特許出願の考え方、明細書の読み方・書き方、トラブル対応 東京都
2019/9/17 人工知能による特許情報・技術文献調査 東京都
2019/9/17 研究開発テーマの (定量的) 評価方法とそのプロセスの基礎知識、個別評価法と全体評価体系への組み込み 東京都
2019/9/19 共同研究開発の契約実務とトラブル対策 東京都
2019/9/19 遺伝子治療/再生医療の事業化戦略と市場、保険償還の動向 東京都
2019/9/24 医薬品の売上予測・事業性評価ノウハウ 東京都
2019/9/25 拒絶理由の8割はコレ 進歩性の意味、本当に理解できていますか? 東京都
2019/9/26 IPランドスケープの導入と実践ノウハウ 東京都
2019/9/26 医療機器開発における市場ニーズ調査/事業性評価/マーケティング 東京都
2019/9/27 障害特許の効率的な見つけ方と対策方法 東京都
2019/10/3 研究開発テーマの事業性評価とデータ、根拠の示し方 東京都
2019/10/7 パテントマップを活用したIPランドスケープの実践方法 大阪府
2019/10/23 他社特許の活かし方と"強い"特許を得る方法 東京都
2019/10/24 特許調査・分析、自分でちゃんとできますか? 東京都
2019/10/29 バイオ医薬品の海外特許動向と権利化のポイント 東京都
2019/10/30 R&D部門、知財部門に対する知財教育の進め方、意識の変え方 東京都
2019/10/31 他社特許をヒントにした特許出願の方法 東京都
2019/11/11 適切な知財コストの考え方と保有特許の権利維持、放棄の決め方 東京都
2019/11/15 細胞培養技術の特許戦略 東京都
2019/11/19 「垂直連携型」共同研究開発のトラブル事例と契約の留意点 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/20 マッサージ機〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/20 マッサージ機〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書