技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

AI搭載の画像診断機器の開発・規制・承認動向

AI搭載の画像診断機器の開発・規制・承認動向

東京都 開催

開催日

  • 2019年5月31日(金) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部. 特許分析からみるAI搭載画像診断機器の動向

(2019年5月31日 10:00〜11:30)

  1. AI搭載画像診断機器に関する特許出願の動向
  2. AI搭載画像診断機器に関する特許出願の分析
  3. AI搭載画像診断機器に関する特許出願の考え方
  4. どのような特許を取得すべきか
  5. AI搭載画像診断機器に関する登録特許の最新事例
    • 質疑応答

第2部. 臨床医から見たAI搭載の医療機器の可能性

(2019年5月31日 12:15〜13:45)

 近年、人工知能 (AI) 、IoT、ロボディクス、ビックデータの技術革新により、第4次産業革命の時代に突入した。これからは、私たちのライフスタイルは大きく変わり、歴史的な転換期を迎えるであろう。医療現場も例外ではなく、AIやIoTを用いた放射線画像診断、病理診断、ウェアラブル機器による健康管理など多岐にわたり新しい技術が導入され、まさにパラダイムシフトが起きようとしている。がん研有明病院では、AIを用いた内視鏡診断の研究を行い、臨床応用への手ごたえを感じている。
 この講演ではディープラーニングや機械学習などのAIについての基礎的なことから、近未来の医療現場まで、わかりやすく解説する。

  1. AI、IoTによる産業革命
  2. ニューラルネットワーク、ディープラーニング、機械学習
  3. AIによる画像認識
  4. 医療現場におけるAI
  5. 内視鏡とAI
  6. AI医療機器の特徴と問題
  7. 今後の展望
    • 質疑応答

第3部. AIによる画像診断機器承認例とその臨床試験

(2019年5月31日 14:00〜17:00)

 AI技術の最近の進歩はめざましく、特に画像診断において、ディープラーニングにより、病変部位を専門医に代わって検出する医療機器に期待が集まっています。 このセミナーではこの分野で先行する米国におけるガイドラインの内容とともに、承認例における臨床試験デザインの特徴を解説します。

  1. 医療分野に応用されるAI技術
  2. CADe (= Compute-Assisted Detection Devices) とは
  3. 米国における承認基準の状況
    • CADeに関するFDA ガイドライン
    • その他のガイドライン
  4. CADeに関するFDAガイドラインのポイント
  5. CADe臨床評価試験のデザインの特徴 (承認例から)
  6. CADeの臨床評価試験で使用される統計手法
    • ROC解析
    • AFROC解析
  7. 確定診断するAIの承認例ど
    • 質疑応答

講師

  • 加藤 浩
    青山特許事務所
    顧問弁理士
  • 平澤 俊明
    公益財団法人 がん研究会有明病院 消化器センター 上部消化管内科
    副部長
  • 金井 文昭
    ミックインターナショナル株式会社
    取締役社長
  • 高田 覚
    ミックインターナショナル 株式会社
    シニアコンサルタント

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/9/17 化学・材料系の特許出願の考え方、明細書の読み方・書き方、トラブル対応 東京都
2019/9/17 人工知能による特許情報・技術文献調査 東京都
2019/9/17 米国FDA 510 (k) 申請書作成法と留意点 東京都
2019/9/19 実習 TensorFlowで始める深層学習 東京都
2019/9/19 機械学習を用いたデータ分析技術の基礎とデータの取扱い方 東京都
2019/9/19 サブ原理85種の40の発明原理など最新教材で学ぶTRIZ実践 東京都
2019/9/19 体外診断用医薬品・医療機器の中国申請及び臨床試験ノウハウ 東京都
2019/9/19 共同研究開発の契約実務とトラブル対策 東京都
2019/9/20 AI (人工知能) システム開発の注意点と性能評価、検収のポイント 東京都
2019/9/20 Pythonで学ぶ機械学習と異常検知への応用 東京都
2019/9/20 材料研究課題を解決するためのマテリアルズ・インフォマティクス入門 東京都
2019/9/24 医療機器QMSで有効な統計的手法とサンプルサイズ決定 東京都
2019/9/24 QMSの要求をふまえた医療機器におけるデザインバリデーション、ベリフィケーションとサンプルサイズの検討 東京都
2019/9/25 OpenCV4を用いた画像処理プログラミング入門 東京都
2019/9/25 医薬品 / 包装容器・再生医療器材・医療機器における滅菌の基礎、無菌性保証と滅菌バリデーションの留意事項 東京都
2019/9/25 体外診断薬の海外市場を踏まえたマーケティング戦略 東京都
2019/9/25 拒絶理由の8割はコレ 進歩性の意味、本当に理解できていますか? 東京都
2019/9/26 次世代カメラの画像処理 東京都
2019/9/26 IPランドスケープの導入と実践ノウハウ 東京都
2019/9/26 医療機器企業参入セミナー 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)