技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

結晶性を利用した有機系固体電解質材料の開発、特性向上と全固体電池への応用

結晶性を利用した有機系固体電解質材料の開発、特性向上と全固体電池への応用

~固体イオニクスの基礎 & 新規固体電解質材料の開発、応用~
東京都 開催

開催日

  • 2019年5月28日(火) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 全固体電池の基礎
  • 固体中でのイオン拡散に関する基礎
  • 代表的な高速イオン伝導体の例と特徴
  • 柔粘性結晶の特徴と応用例
  • 分子結晶の特徴

プログラム

 本講演では以前から研究が行われているポリマー電解質とは一線を画す新たな有機系の固体電解質として、分子結晶と有機イオン柔粘性結晶について紹介します。有機イオン柔粘性結晶・分子結晶はともに結晶性を有するという点で、非晶質材料であるポリマー電解質とは材料の構造は大きく異なる一方で、イオン伝導の詳細に関しては無機物であるセラミック電解質との共通点が見られるという興味深い特徴を有する物質です。
 本講演の前半では結晶格子中でのイオン拡散について無機材料における固体イオニクスを例に概説し、後半では上に挙げた有機系固体電解質の開発と固体電解質としての展開について紹介します。

  1. 固体中でのイオン拡散から固体電解質へ
    • 固体イオニクスの基礎
    • イオン結晶中の点欠陥
    • 結晶性固体中でのイオン拡散
  2. 高速イオン伝導体
    • 副格子融解によるイオン伝導
    • 欠陥を介したイオン伝導
    • ナノイオニクス現象
    • これまでに開発されてきたリチウムイオン伝導体
  3. 結晶性を持つ有機系固体電解質材料とその応用例
    • 分子結晶について
    • 分子結晶を介したイオン拡散に関する過去の研究
    • 分子結晶とイオン伝導パス
    • イオン伝導パスを持つ分子結晶の合成
    • 分子結晶中でのイオン拡散に関する電気化学測定
    • 分子結晶中のイオン伝導パスの構造解析
    • イオン伝導パスの構造とイオン伝導性の相関
    • 柔粘性結晶について
    • イオン液体と有機イオン柔粘性結晶
    • 有機イオン柔粘性結晶を利用したイオン拡散に関するこれまでの研究
    • 有機イオン柔粘性結晶の合成
    • 有機イオン柔粘性結晶の構造解析と特性評価
    • 結晶性有機系固体電解質材料と無機固体電解質との違いと共通点
    • 結晶性有機系固体電解質材料と非晶質ポリマー電解質との違いと共通点
    • 結晶性有機系固体電解質材料の課題
    • 結晶性有機系固体電解質材料の特性向上に向けた取り組み
    • 結晶性有機系固体電解質の全固体電池への展開
    • 結晶性有機系固体電解質の中温無加湿作動燃料電池への展開
    • 結晶性有機系固体電解質の今後の展開への期待
    • 質疑応答

講師

  • 守谷 誠
    静岡大学 学術院理学領域 化学コース
    講師

会場

連合会館

4F 401会議室

東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/8/23 世界のEV用リチウムイオン電池の状況と、求められる部材・周辺技術の特性・課題、製造改善および国内企業が進むべき道 東京都
2019/8/26 固体高分子形燃料電池の基礎と最新の研究開発動向および解析技術 東京都
2019/8/27 リチウムイオン二次電池工学セミナー 東京都
2019/8/27 高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ 東京都
2019/8/27 次世代自動車に求められる蓄電技術とEV用超急速充電技術 東京都
2019/8/29 リチウムイオン電池の安全性確保と国内外の関連規制動向 東京都
2019/8/29 リチウムイオン2次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 東京都
2019/8/30 全固体リチウム電池の基礎と最近の研究動向 東京都
2019/9/12 全固体二次電池の作製と無機固体電解質における粒界・界面抵抗と評価 東京都
2019/9/13 全固体電池の展望と電極・固体電解質界面の設計 東京都
2019/9/13 リチウムイオンバッテリーの長期安定利用に向けた、マネジメント・セルバランス技術 東京都
2019/9/26 スラリー調製・分散評価の要点 東京都
2019/9/27 全固体電池の界面設計とイオン伝導性向上 東京都
2019/9/27 インピーダンス、パルス測定の基礎とリチウムイオン二次電池のデータ解析のポイント 東京都
2019/10/25 EVにおける超急速充電の課題と対応 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/31 リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策
2018/8/1 全固体リチウムイオン電池の展望
2018/7/31 全固体電池の基礎理論と開発最前線
2018/2/28 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/30 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/21 2017年版 蓄電池・キャパシタ市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/12/8 2016年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望