技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

Visual SLAMの基礎と実装法

Visual SLAMの基礎と実装法

~画像処理の基礎からORB SLAMの理解まで~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、自律走行や拡張現実感 (AR) などの基盤技術として用いられるVisual SLAMについて、基礎から実装法まで解説いたします。

開催日

  • 2019年2月22日(金) 11時00分 17時00分

受講対象者

  • Visual SLAMに関連する技術者、開発者
    • 自律走行
    • 拡張現実感 (AR)
    • 画像処理
    • カメラ など

プログラム

 自律走行や拡張現実感などの基盤技術として用いられるVisual SLAM (vSLAM) の技術を解説します。ロボティクスの領域で長く研究されてきたSLAMはレーザやオドメトリを用いていたのに対し、vSLAMはカメラのみを用いた技術です。vSLAMは、カメラ幾何や機械学習など様々な技術を組み合わせて実現されており、各プロセスでどのような技術が使われているかということを正しく理解する必要があります。
 本セミナーでは、vSLAMで何ができるかを知りたい方、vSLAMを利用したシステムの構築を検討されている方を対象とし、画像処理の基礎からvSLAMを自前で実装するために必要なライブラリの紹介まで行います。

  1. Visual SLAMの枠組み
    1. Initialization
    2. Localization/Tracking
    3. Mapping
    4. Relocalization
    5. Loop closure
  2. 画像処理の基礎知識
    1. 特徴点マッチング・トラッキング
    2. 画像検索 (Bag of visual words)
    3. 透視投影
    4. カメラキャリブレーション
    5. カメラの位置姿勢推定
    6. 3次元計測
    7. バンドル調整
    8. ポーズグラフ最適化
  3. Visual SLAMの種類
    1. RGBカメラとRGBDカメラ
    2. 特徴点ベースの手法とDirect法
  4. Visual SLAMの従来手法
    1. PTAM
    2. LSD-SLAM
    3. ORB-SLAM
    4. RGB-D SLAM
  5. Visual SLAMを用いたデバイスとその動作原理
    1. Hololens
    2. Google tango
  6. ライブラリ
    1. OpenCV
    2. Ceres solver
    3. g2o
    • 質疑応答

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/11 ディープラーニングの推論パフォーマンスを改善するモデル軽量化技術の基礎と最新動向 オンライン
2022/7/11 CMOSイメージセンサーの基礎とイメージング技術の最新動向 オンライン
2022/7/14 小規模データに対する機械学習の効果的適用法 オンライン
2022/7/19 1日で分かるVisual SLAMの基礎 オンライン
2022/7/20 車載用遠赤外線カメラシステムの効果と課題、及び遠赤外線カメラの将来性について オンライン
2022/7/21 産業応用のための3次元点群処理の基礎 オンライン
2022/7/21 自動運転用センサフュージョン技術と動向 オンライン
2022/7/21 Pythonで始めるコンピュータビジョン (CV) 技術の超入門 オンライン
2022/7/22 畳み込みニューラルネットワークとVision Transformerの基礎と画像認識への応用 オンライン
2022/7/22 テラヘルツ波の基礎と産業への応用 オンライン
2022/7/27 グラフニューラルネットワーク (GNN) 入門 オンライン
2022/7/27 外観検査自動化に向けた画像処理・AI技術活用の課題と導入のポイント オンライン
2022/7/28 自動車の自動運転におけるセンシング技術と移動物追跡技術 オンライン
2022/7/28 画像認識技術およびディープラーニングの基礎・入門と応用展開 オンライン
2022/8/2 自己位置推定・マッピングの最新技術動向 (カメラ, IMU, 無線) オンライン
2022/8/25 詳解 Transformer オンライン
2022/8/29 Deep Learningに基づく画像認識の基礎から最近の発展まで オンライン
2022/9/1 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 オンライン
2022/9/1 ミリ波レーダ技術と自動車への応用 オンライン
2022/9/2 Transformerの応用と最新技術動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2016/1/20 画像ワーピング技術とその応用
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2013/10/29 高効率動画像符号化方式:H.265/HEVC (High Efficiency Video Coding)
2013/8/2 HLAC特徴を用いた学習型汎用認識
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(磁気共鳴) 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/29 3次元物体認識手法とその応用 (カラー版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/10/25 電子写真装置の定着技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/6/20 画像復元・超解像技術の基礎と応用
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書
2011/2/4 入門 画質改善・画像復元・超解像技術
2010/11/15 防犯・監視カメラ 技術開発実態分析調査報告書