技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

UV硬化樹脂の硬化不良要因と硬化状態の測定・評価技術

UV硬化樹脂の硬化不良要因と硬化状態の測定・評価技術

東京都 開催

開催日

  • 2018年11月29日(木) 10時30分 16時30分

修得知識

  • UV硬化樹脂の硬化不良の原因と対策、未然防止策
  • 硬化不良問題の有無の正しい評価
  • 硬化率の具体的な測定手順

プログラム

 高分子材料は、金属・ガラスなどの材料にはない性質を持つことを念頭に置いて取り扱わないと予期せぬ挙動を示すことがあります。中でもUV硬化樹脂は、その化学的挙動や硬化技術についての基礎的な理解が足りないと硬化不良を起こしやすいという難点があります。一方、UV硬化樹脂の硬化状態の評価方法は数多く存在しますが、物理的な評価だけに頼っていると化学反応としての硬化が不完全であることを見逃すことがあります。そこで本セミナーでは、主としてアクリル系のUV硬化樹脂について、まず材料技術と硬化技術の両面で硬化状態に影響する基礎項目を挙げ、次に化学反応に着目し硬化反応を評価する2つの手法として、FT – IR装置を使用するものと光DSC装置を使用するものを紹介します。
 これらの評価手法については、具体的な手順や間違いやすい点なども解説し、さらに両手法についてデプスプロファイル (深さ方向の硬化率分布) 解析への応用を紹介します。また、光DSC装置は世界でも数種類の機種しか販売されていませんが、本セミナーでは一般的なDSC装置を一時的に改造して光DSC装置として利用した事例を紹介します。

  1. はじめに
  2. UV硬化樹脂の現状
    1. 長所・短所
    2. 適用例と硬化不良例
  3. UV硬化樹脂の材料技術
    1. 主な成分とその働き
    2. 硬化反応機構
    3. 硬化反応性に影響するもの
  4. UV硬化樹脂の硬化技術
    1. UV照射装置
    2. 照射強度と照射時間
    3. 酸素阻害
    4. その他硬化状態に影響するもの
  5. UV硬化樹脂の硬化状態の評価技術
    1. 物理的方法
    2. 化学的方法
  6. FT – IR法による硬化率測定
    1. 装置
    2. 測定手順
    3. 注意点
    4. デプスプロファイリング
  7. 光DSC法による硬化率測定
    1. 装置
    2. 測定手順 (内部硬化法)
    3. 測定手順 (外部硬化法)
    4. 注意点
    5. デプスプロファイリング
    6. DSC装置の光DSC化
  8. まとめ
    • 質疑応答

会場

新宿区立 新宿文化センター

4F 第1会議室

東京都 新宿区新宿 6-14-1
新宿区立 新宿文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/2/20 結晶性高分子の構造解析手法 東京都
2019/2/22 ポリイミドの基礎知識と高性能化技術 東京都
2019/2/22 ウレタン材料の基礎と構造分析 東京都
2019/2/22 ベンゾオキサジン樹脂の分子間反応と材料設計 東京都
2019/2/25 高分子膜 / フィルムの気体・蒸気の透過特性及び高バリア性発現メカニズムの基礎と応用 東京都
2019/2/26 シランカップリング剤の反応メカニズムと使いこなし術 東京都
2019/2/26 バイオマスプラスチックの基礎から応用まで 東京都
2019/2/27 重合開始剤の種類、特徴と選び方、使い方 東京都
2019/2/27 高分子材料のトライボロジーの特性と摩耗・摩擦低減技術 東京都
2019/2/27 絶縁破壊・劣化の基礎、測定・劣化診断と高分子絶縁材料の高機能化 東京都
2019/2/27 ゾル-ゲル法の総合知識 東京都
2019/2/27 ポリイミド 合成と特性の理解と高機能化 東京都
2019/2/28 高分子材料・製品の寿命予測と劣化加速試験条件の設定方法 東京都
2019/2/28 固体高分子材料の動的粘弾性測定 東京都
2019/3/4 エポキシ樹脂の硬化メカニズムと配合設計のポイント 東京都
2019/3/4 シランカップリング剤の基礎と上手な活用法 大阪府
2019/3/4 樹脂・ゴム材料におけるブリード・変色・劣化のメカニズムと分析方法 大阪府
2019/3/5 二軸混練押出のスクリュ設計と条件設定 東京都
2019/3/5 生分解性プラスチックの基礎と最新技術・市場開発動向 大阪府
2019/3/5 発泡成形の基礎とトラブル対策 大阪府

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2013/6/21 機能性ハードコート材料技術
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/25 目からウロコの導電性組成物 設計指南
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発