技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車用パワートレーンの省燃費、電動化の最新技術と規制動向

自動車用パワートレーンの省燃費、電動化の最新技術と規制動向

大阪府 開催

概要

本セミナーでは、自動車用パワートレーンについて取り上げ、各国の環境規制、熱効率向上技術、EV化により影響を受ける製品、次世代二次電池技術など最新動向を詳しく解説いたします。

開催日

  • 2018年11月8日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • パワートレーンに関連する技術者、企画、開発、設計、製造等に関わる方、経営者
  • 電動化に関するシステム・製品に関連する技術者、企画、開発、設計、製造等に関わる方、経営者

修得知識

  • パワートレーンの最新の電動化
  • EV化及びパワートレーンの省燃費 (熱効率向上) 技術の特徴
  • パワートレーンの今後の動向

プログラム

 最近の自動車業界は、IT 企業の新たな参入を始め、技術開発競争も激化しており、 各社ともに、今後の生き残りをかけ、新たな自動車の動向を踏まえたビジネス戦略が重要である。
 本セミナーでは、特に (1) 自動車のパワートレーン関係の最近の各国の環境規制 (排ガス、CO2、EV化) の今後の動向、 (2) パワートレーン動力源別の今後のロードマップ、 (3) 今後注目される新しい省燃費技術、 (4) 48V電源やPHEV、EV化等の電動化技術の動向と特徴、 (5) EV化により、影響を受ける製品や、EV化のキー技術である次世代二次電池の動向と特徴等について、様々なパワートレーン関係の方々を対象に、今後のビジネスや技術戦略立案の参考にして頂けるようにわかりやすく解説します。

  1. 地球温暖化/大気汚染対策に関係する各国の排ガス、CO2 規制、電動化規制の最新動向
    1. 自動車を取り巻く環境変化と課題
    2. 欧米、日本、中国、インド等の主要国の排ガス規制動向
    3. 国連主導の新たな試験法 (WLTP)
    4. 最近の排ガス不正問題に関係した、市場での排ガス規制 (RDE) の動向と課題
    5. ZEV (セロエミッションビークル) 、NEV (ニューエネルギービークル) 規制の動向
    6. 主要国における今後の CO2 規制、電動化規制の動向
  2. ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違い
    1. 基本構成の違い
    2. 排ガス対策デバイスの違い
  3. パワートレーンの省燃費 (熱効率向上) 技術の最新技術動向と特徴
    1. 過給ダウンサイジング (D/S) ~最新の電動チャージャー
    2. アトキンソンサイクル/直噴
    3. アイドルストップ
    4. 軽量化技術
    5. HCCI (SPCCI)
    6. 可変圧縮比エンジン
    7. その他今後のエンジン熱効率向上技術
  4. 次世代パワートレーン構成別の動向と特徴、課題
    1. 年まで見据えた次世代パワートレ – ン構成毎のロードマップ
    1. 化石燃料の代替燃料技術 (天然ガス、エタノール) の動向と特徴
    2. 電動車の動向と特徴
      • 48VMHEV
      • フルHEV
      • プラグイン HEV
      • レンジエクステンダーEV
      • 燃料電池車等
    3. 世界の主要カーメーカーの今後の電動化戦略
  5. EV化に関係する製品の動向と特長
    1. EV化により新設/削減される自動車部品
    2. EV化のキー技術である二次電池の今後の動向と課題
    • 質疑応答

会場

ドーンセンター

4F 中会議室2

大阪府 大阪市 中央区大手前1丁目3-49
ドーンセンターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/2/22 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 東京都
2019/2/25 自動車用遮音・吸音材料の設計、適用方法と車室内の防音設計 東京都
2019/2/25 自動車用CFRP・CFRTPの最新動向と、CFRTPの自動車適用技術開発プロジェクト 東京都
2019/2/26 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都
2019/2/26 自動運転の現状および完全自動運転を可能にする技術動向と応用展開 東京都
2019/2/28 熱可塑性CFRPプリプレグの作製、成形加工と耐久性向上 東京都
2019/3/4 自動車分野における吸音・遮音のメカニズムと材料開発の指針 大阪府
2019/3/6 コネクテッドカーの展望と求められるセキュリティ対策 東京都
2019/3/6 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載用半導体信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/3/7 自動車触媒のナノ粒子材料と物性、評価法の基礎 東京都
2019/3/8 車載用パワー半導体のパッケージ技術 東京都
2019/3/12 車載用イメージセンサ・カメラの業界・技術動向と用途展開 東京都
2019/3/13 自動車室内の熱マネジメント技術と快適性向上 東京都
2019/3/13 EVシフトの先を見据えたFCV・水素エネルギービジネスの最新動向 東京都
2019/3/14 車載用DC-DCコンバータとインダクタ・トランスの設計 東京都
2019/3/19 誘導モータの技術と実用動向 東京都
2019/3/19 車載カメラを用いた画像認識技術及び制御技術 東京都
2019/3/19 車載カメラ、ディスプレイの技術・市場動向 東京都
2019/3/22 48Vシステムの技術・サプライヤーの最新動向 東京都
2019/3/28 ヘッドアップディスプレイにおけるドライバの安全性評価と視覚情報制御 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/11/21 2015年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 燃料電池車 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 燃料電池車 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)