技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

GHS分類、SDS・ラベル作成のルールと混合物におけるグレーゾーンの解決法

基礎から整理

GHS分類、SDS・ラベル作成のルールと混合物におけるグレーゾーンの解決法

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、改正労働安全衛生法に対応したSDS・ラベルを作成する際に、事業者にとって理解が難しい混合物のGHS (化学品の分類及び表示に関する世界調和システム) 分類方法とSDS・ラベルの作成方法について、分かり易く解説いたします。

開催日

  • 2018年7月11日(水) 12時30分 16時30分

修得知識

  • GHSの基礎知識
  • 混合物のGHS分類が行えるようになる
  • SDS・ラベルの作成が行えるようになる
  • 改正労働安全衛生法に対応した適切なSDS・ラベルの作成が行えるようになる

プログラム

 事業者の方々が扱う化学物質は、法規制に準じた対応が必要となるが、その内容を充分に理解することは容易ではないと思われる。特に、SDSやGHSに関しては、不安や疑問を持ちながら従事されておられる方々も少なくないのではないかと考えられる。
 そこで、本セミナーでは、改めて知識を体系的に学び、疑問や迷いを生じやすい混合物のSDS、ラベルの作成に焦点を当て、ヒントとなるような知識 (グレーゾーンの解決法) が得られる講演を行う。さらに、化学物質管理の法規制における最新動向やGHSと関連性のある国連危険物輸送勧告 (UNRTDG) についても解説する。

  1. GHSの概要とSDSの基礎知識
    1. GHSとは
    2. 物理化学的危険性
    3. 健康有害性
    4. 環境有害性
    5. SDSとは
    6. SDSの目的と概要
  2. SDSに関連する法規制“SDS三法 (安衛法、化管法、毒劇法) ”の概要及びそれに対応したSDS、ラベルの作成
    1. 労働安全衛生法 (安衛法) (改正法対応)
    2. 特定化学物質の環境への排出量の把握及び管理の改善の促進に関する法律 (化管法)
    3. 毒物・劇物取締法 (毒劇法)
    4. 化学物質管理の法規制における最新動向
  3. 混合物のGHS分類とSDS、ラベルの作成
    1. 混合物の物理化学的危険性の分類
    2. 混合物の健康有害性の分類
    3. 混合物の環境有害性の分類
    4. 混合物のSDS、ラベルの作成 (作成例を用いて解説)
    5. SDS作成のための情報源
  4. GHSと国連危険物輸送勧告 (UNRTDG) の関係、グレーゾーン解決のコツ
    1. 国連危険物輸送勧告 (UNRTDG) の概要
    2. グレーゾーン解決のコツ (ミニ演習)
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 吉川 治彦
    一般財団法人 化学物質評価研究機構 安全性評価技術研究所
    主管研究員

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第1講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/24 オーファンドラッグで利益を上げる医薬品の開発・事業モデルの構築 オンライン
2022/1/24 オーファンドラッグ開発のための薬価制度の実際と開発戦略 オンライン
2022/1/24 体外診断用医薬品の臨床性能試験の進め方と薬事申請対応のポイント オンライン
2022/1/24 バイオ医薬品に特化したCTDのCMC部分のライティング オンライン
2022/1/24 医薬品、原薬製造プロセスにおけるGMP製造に対応したフロー合成/連続生産とスケールアップ実用化 オンライン
2022/1/25 原薬プロセスバリデーションの考え方と実際 オンライン
2022/1/25 EMA、WHO、ISO等考慮した滅菌法選択と留意点 オンライン
2022/1/26 分析法バリデーションにおける統計解析Excel実習とバリデーション結果の読み取り方 オンライン
2022/1/26 開発段階に応じた治験薬の規格設定・分析法バリデーションと品質管理・適合性調査対応 東京都 オンライン
2022/1/26 再生医療等製品・遺伝子治療薬開発のための生物由来原料基準/カルタヘナ法 徹底解説 オンライン
2022/1/26 新規添加剤申請に必要となる安全性データの規制動向とクリア戦略 オンライン
2022/1/26 臨床開発におけるリアルワールドデータ (RWD) の活用方法とその課題 オンライン
2022/1/27 GMP省令改正に対応したデータインテグリティの基礎とQ&A オンライン
2022/1/27 洗浄バリデーション実務の必修ポイント習得講座 オンライン
2022/1/27 経皮吸収の基礎と評価方法 オンライン
2022/1/27 次世代抗体医薬にむけた低分子抗体の技術的課題と創薬戦略 オンライン
2022/1/28 GMP対応工場「設計/施工」「維持管理/保守点検」コース (2日間) オンライン
2022/1/28 FDA査察要求をふまえたCAPA (是正措置・予防措置) 導入・継続的運用セミナー オンライン
2022/1/28 GMP対応工場 (増築・新規構築) における設計/施工時の注意点とURSの具体的記載例 オンライン
2022/1/28 改正GMP省令で求められているGMP文書・記録の作成・管理のポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/11/26 改正GMP省令で要求される「医薬品品質システム」と継続的改善 (書籍 + ebook版)
2021/11/26 改正GMP省令で要求される「医薬品品質システム」と継続的改善
2021/10/28 改正GMP省令をふまえた国内/海外ベンダー・サプライヤGMP監査 (管理) 手法と事例考察 (聞き取り・観察・着眼点)
2021/10/28 改正GMP省令をふまえた国内/海外ベンダー・サプライヤGMP監査 (管理) 手法と事例考察 (聞き取り・観察・着眼点) (製本版 + ebook版)
2021/10/11 抗ウイルス薬 (CD-ROM版)
2021/10/11 抗ウイルス薬
2021/9/22 パージファクター活用 (スコアリングと判定基準) 及びニトロソアミン類のリスク評価 (書籍版 + ebook版)
2021/9/22 パージファクター活用 (スコアリングと判定基準) 及びニトロソアミン類のリスク評価
2021/8/31 創薬研究者・アカデミア研究者が知っておくべき最新の免疫学とその応用技術
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請
2021/8/26 薬事規制・承認審査の3極比較と試験立案・臨床データパッケージ/CMCグローバル申請 (製本版+ebook版)
2021/3/30 経験/査察指摘/根拠文献・規制から導く洗浄・洗浄バリデーション:判断基準と実務ノウハウ
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/3/30 当局要求をふまえたデータインテグリティ手順書作成の要点
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価