技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」実現に向けた取り組みと技術開発最前線

「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」実現に向けた取り組みと技術開発最前線

東京都 開催

概要

本セミナーでは、コンビニ電子タグ1000億枚宣言の概要と波及効果、コンビニでの実証実験の実施状況、ならびに最も重要な技術課題であるRFID低価格化に向けた開発動向等について解説いたします。

開催日

  • 2018年5月11日(金) 10時00分 16時40分

プログラム

 近年コンビニをはじめとした小売業では、人手不足と人件費の上昇に直面しています。そこで注目を集めているのがRFIDシステムです。RFIDでは商品などの情報の入ったRFIDタグの情報を一括して読み取ることが可能で、1つ1つ商品情報を読み取るバーコードに比べて、レジや棚卸し作業の時間を格段に短縮でき、慢性的な人手不足解消が期待されています。
 そこで昨年経済産業省ではサプライチェーンに内在する様々な社会課題を解決するツールの1つとして、電子タグ (RFIDタグ) に注目し、コンビニ事業者等、関連業界を集めて実務者会議を開催し「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定しました。
 本セミナーでは、宣言の概要と波及効果、コンビニでの実証実験の実施状況、ならびに最も重要な技術課題であるRFID低価格化に向けた開発動向等について解説します。

第1部 小売店舗でのRFID利用による利点、波及効果と課題

(2018年5月11日 10:00~11:00)

 RFIDを利用した自動認識による迅速なモノの所在・状態の取得により業務効率化を図ることができるが、さらに収集したデータやイベントを処理して共有することで、消費購買行動の把握、運送や廃棄の削減などにもつなげられる。
 本講演ではコンビニ電子タグ1000億枚宣言を起点とする新たな情報サービス、効率化の可能性について解説する。

  1. RFID利用による用途・サービス
    1. 棚卸
    2. 入出庫管理
    3. 共同配送
    4. 食品廃棄
    5. オムニチャネルマーケティング
    6. 物品管理
  2. 情報共有の仕組み
    1. EPCIS
    2. 個体識別子体系
    3. 商品マスターデータ
    4. サービスディスカバリ
    5. 画像認識

第2部 RFIDを活用した店頭マーケティングの未来

(2018年5月11日 11:10~12:30)

 RFIDの利点はサプライチェーンを中心に語られることが多いですが、メーカーやマーケティングの視点からみると新たな活用方法が見つけられます。
 低価格化を推し進めるだけではなく、電子タグの高付加価値を目指し、消費者起点の利用方法の最新動向をお伝えします。

  1. 電子タグ普及のためコスト削減だけではなく需要創造が必要な時代へ
    1. 電子タグは無料にはならない。間違いなくコストアップになる
    2. サプライチェーン以外からコストを吸収する仕組み
    3. 消費者起点での需要創造を行い、コストを吸収する仕組み
  2. 実験ビデオのご紹介
  3. なぜこの実験を行ったのかの背景について
  4. オンライン化するオフライン店舗
  5. データを処理する基盤の低価格化
  6. AIが大量のデータを自動処理する時代の到来
  7. これからの技術検討課題
  8. まとめ

第3部 コンビニエンスストアにおけるRFID活用実証実験

(2018年5月11日 13:30~15:00)

 小商圏製造小売業として、変化の激しい環境の中で、新商品・新サービスを展開し、チャレンジし続けているローソン。サプライチェーンの生産性改革の柱としてRFIDの活用を推進している。その背景と狙い、課題についてお話しします。

  1. 取り組みの背景
    1. イノベーションの必要性
    2. 注力しているテクノロジー領域
    3. イノベーションの進め方
  2. RFID実証実験
    1. 全体スケジュール
    2. 実験のスコープ
    3. 実証実験結果
  3. 導入による想定効果
    1. 導入効果
  4. 課題および解決策
    1. ソースタギング

第4部 低価格RFIDタグに向けた最新開発動向と技術課題

(2018年5月11日 15:10~16:40)

 弊社製品を中心にRFIDタグの技術動向・課題をご紹介します。これまでの導入事例から、各分野でのRFIDタグの使われ方・導入効果のご紹介、並びに現状の課題と今後の弊社の取り組みについてご説明致します。

  1. これまでのDNPの取り組み
    1. 過去参画した取り組みの一部の紹介
    2. 当時のRFID普及課題と課題へのアプローチ
    3. 各分野での導入事例紹介
  2. DNPのRFID分野での強み
    1. 設計製造・2次加工技術
    2. 導入支援
    3. テスト例
  3. 現状の課題と今後の取り組み
    1. 現在の取り組み内容の紹介

講師

  • 三次 仁
    慶応義塾大学 環境情報学部
    教授
  • 今村 修一郎
    一般社団法人 リテールAI研究会
    テクニカルアドバイザー
  • 谷田 詔一
    株式会社ローソン オープンイノベーションセンター
    マネージャー
  • 今井 新
    大日本印刷 株式会社 情報イノベーション事業部 第2技術本部 ソリューション開発部

会場

東宝土地 株式会社 高橋ビルヂング
東京都 千代田区 神田神保町3-2
東宝土地 株式会社 高橋ビルヂングの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,111円 (税別) / 49,800円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

S&T出版からの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、2名様目以降は半額 (税込 24,900円)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,796円(税別) / 47,300円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,111円(税別) / 49,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,167円(税別) / 74,700円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,111円(税別) / 49,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,222円(税別) / 99,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,333円(税別) / 149,400円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2014/10/25 RFID 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/10/25 RFID 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書
2011/5/23 FDTD法によるアンテナ/電磁波解析
2011/4/11 スマートメータシステム
2009/11/25 中堅無線通信機10社 技術開発実態分析調査報告書
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/15 NTT (日本電信電話) 分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/15 NTT (日本電信電話) 分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)