技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子レオロジーと成形加工トラブル対策

高分子レオロジーと成形加工トラブル対策

東京都 開催

概要

本セミナーでは、高分子材料の設計、加工条件の適切な設定、成形不良の原因と対策について詳解いたします。

開催日

  • 2017年12月18日(月) 11時00分 16時00分

プログラム

第1部 成形加工に必要なレオロジー特性とトラブルシューティング

(2017年12月18日 11:00〜14:15)

 高分子溶融体の流動と変形を取り扱うレオロジーについて、その概要を説明するとともに、各レオロジー特性が成形加工性とどのように結び付けられるのかについて解説する。成形加工のトラブルシューティングのみならず、高性能な材料を設計するための基礎的知見を得ることを目的とする。

  1. レオロジーの概念
    1. 緩和時間と応力緩和
      • 粘弾性を定性的に理解する
    2. デボラ数
      • トラブルシューティングの基礎
  2. 成形加工に必要なレオロジー特性
    1. 牽引流と圧力流
      • せん断流動の与え方
    2. 粘度のせん断速度依存性
      • フローカーブの読み方
    3. 法線応力差の意味とその評価方法
      • 高分子液体が示す弾性
    4. 毛管流動における粘度測定
      • せん断粘度
      • スリップ速度の評価
    5. MFRの落とし穴
      • MFRで樹脂選びをすると失敗するかも
    6. 伸長粘度・溶融張力と成形加工性
  3. トラブルシューティングとレオロジー
    1. せん断粘度と伸長粘度
      • 成形法と流動モード
    2. メルトフラクチャー
      • 発生機構とその対策
    3. Tダイ成形
      • ネックイン
      • レゾナンス
    4. インフレーション成形
      • 外部ヘイズ
      • バブルの安定性
    5. 目ヤニ、フィッシュアイ
      • 発生機構と解析方法、対策
  4. 加工条件による構造制御
    1. 冷却速度と固体構造
      • 成形加工で構造制御
    2. 分子配向の制御とその解析手法
    3. ダイ形状による加工制御
      • 分子配向
      • 相分離構造
      • フロストラインを制御
    • 質疑応答

第2部 ポリプロピレンの射出成形性とその不良対策

(2017年12月18日 14:30〜16:00)

 最近、レオロジーの知識が射出成形になぜ必要なのですかと聞かれることが多い。私がPPバンパー材の仕事を始めた頃、フローマーク外観問題が起こりました。金型内の流動と材料との間をつなぐためにレオロジーの知識は必須でした。現在でも、タルクやゴムをPPに添加したら金型内の流動性がどのように変化するかということを考えなければ良い材料は開発できません。材料開発する人が、レオロジーの専門家を活用できるようになることがこの講座の目標です。

  1. ポリオレフィンの成形加工
    1. コンパウンドとは
    2. 各種添加物によるポリオレフィンの結晶構造の変化
    3. 固体の延伸と溶融体の延伸
    4. 延伸による結晶化
    5. 流動による結晶化 (伸長流動と せん断流動)
    6. 冷却速度と結晶化
    7. 射出成形における構造形成
      1. スキン – コア構造
      2. ファウンテンフロー
      3. 流動挙動と結晶構造の関係
    8. フィルム成形における結晶構造の形成
  2. 成形品の構造と物性、その制御
    1. 機械的な物性の発現機構
      1. 弾性率と耐衝撃性
      2. 耐熱性
    2. 成形加工性
      1. 流動性と機械的な物性
      2. 成形不良との関係 (ウエルドを中心に)
    • 質疑応答

講師

  • 山口 政之
    北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス系 物質化学領域
    領域長 / 教授
  • 小林 豊
    株式会社 プライムポリマー 自動車材研究所
    所長付

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/10/22 ポリマーアロイ・ブレンドで物性を制御するには? 東京都
2018/10/22 UV硬化樹脂の硬化プロセスと硬化度評価・解析手法 東京都
2018/10/23 高分子の摩擦・摩耗メカニズムとその制御、シミュレーション手法 東京都
2018/10/24 分子動力学シミュレーションを用いた材料開発と、その適用事例 東京都
2018/10/24 フッ素樹脂活用のための基礎解説と用途展開動向・応用技術 東京都
2018/10/24 高分子材料におけるトライボロジーと摩耗量低減 東京都
2018/10/25 樹脂の破面解析と破壊メカニズム、寿命予測と破損トラブルの再発防止策 東京都
2018/10/26 プラスチック用添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 東京都
2018/10/26 ポリマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 (2日間) 東京都
2018/10/26 ポリウレタンの構造、物性と劣化、変色対策 東京都
2018/10/26 プラスチックレンズ設計の基礎と成形技術 東京都
2018/10/29 制振・防振・吸音・遮音材料の材料設計および、吸音・遮音・防振の理論と測定 (2日間コースセミナー) 東京都
2018/10/29 高分子の力学的性質と制振・防振・吸音・遮音材料の設計および評価法 東京都
2018/10/30 フィルム・延伸の成形加工・評価技術と機能性フィルムへの応用 東京都
2018/10/30 樹脂/繊維、フィラーの複合化に向けた無水マレイン酸変性技術 東京都
2018/11/5 ポリマーアロイの作り方、相溶性向上、構造制御とその解析 東京都
2018/11/7 高分子材料の結晶化度測定と分子構造解析およびその応用 大阪府
2018/11/7 CFRPの界面設計とその制御 東京都
2018/11/8 押出機内の樹脂挙動および溶融混練の基礎と最適化 大阪府
2018/11/8 高熱伝導材料の基礎技術とフィラーの活用方法 大阪府

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/8/20 導電性ポリマー技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/20 導電性ポリマー技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/4/25 目からウロコの導電性組成物 設計指南
2013/4/5 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2013/2/28 吸水性樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/1 高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ