技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医薬品開発プロジェクトにおけるプロジェクト管理とスピードアップに求められるスキルとアクション

医薬品開発プロジェクトにおけるプロジェクト管理とスピードアップに求められるスキルとアクション

東京都 開催

本セミナーでは、医薬品開発プロジェクトにおいて、限られた時間、コスト、資源、品質等の制約条件の中で効率よく進めるポイントを解説いたします。
2名のプロジェクトマネジメントのエキスパートが、経験を基に、またワークショップを交えて解説いたします。

開催日

  • 2017年11月27日(月) 12時30分 16時15分

修得知識

  • 医薬品開発におけるプロジェクト計画の作成のポイント
  • 目標達成のための進捗管理のポイント
  • プロジェクトマネジャーに求められるスキルとアクション
  • プロジェクトが遅延する理由、原因
  • 円滑なコミュニケーションに必要な「レベル2」の関係性
  • 6分間でメンバー、部下の不満をあぶりだす方法
  • 全員が発言、参加できる会議の進行方法
  • 異分野多職種が協働・共創するための4つのステップ

プログラム

第1部 開発事例を踏まえた 「プロジェクト計画の作成と計画の目標達成のための進捗管理」

(2017年11月27日 12:30~14:30)

 プロジェクトマネジメントは時間、コスト、資源、品質等の制約条件を考慮してプロジェクトをマネジメントし、設定したゴールにプロジェクトを導く技法です。
 医薬品・医療機器開発は多額の開発費用が必要であり、予定された時期に承認申請を行い、承認を取得する事は会社にとって非常に重要なマイルストーンになります。そのためには、開発計画を作成し計画通りにプロジェクトを推進必要はあるものの、開発中には幾多の問題が発生しそれを解決しながらプロジェクトを推進する必要があります。
 今回は、その開発計画作成に考慮すべき点、いかに目標に到達できるように進捗管理するポイントについてお話します。

  1. プロジェクトチームの構成とガバナンス
  2. 開発計画の作成について
    1. 開発開始決定のために作成する開発計画作成のポイント
    2. 開発開始決定後に作成する開発計画作成のポイント – 開発会議用 (High level) –
    3. 開発開始決定後に作成する開発計画作成のポイント – チーム用 (Detailed level) –
  3. 開発計画の進捗管理
    1. どのように進捗を把握するか。
    2. 問題の発生と解決策の提案。
    3. 開発が遅れる要因と対策。
  4. プロジェクト成功のために。

第2部 「プロジェクトの遅れる原因とスピードアップのための求められるスキル」

〜スピードアップの肝は「対面コミュニケーション」と「ファシリテーション」〜

(2017年11月27日 14:45~16:15)

 PMP等の体系化されたプロジェクト・マネージメントでは学べないソフトスキルを、実践形式で学びあう講座です。プロジェクトの遅延やコミュニケーション不足に悩むプロジェクトリーダーや部長職の方が、明日から現場で使える簡易な (最短6分間) 部下面談の方法をロールプレイと専用フォーマットを用いて実践します。また、リーダーや上位職ばかりが話し続けてしまいがちな会議を、チームメンバーが自然と発言し続けてくれるような全員参加型に変貌させるファシリテーションの技法を、ワークショップ形式で学び合います。

  1. なぜプロジェクトが計画通りに進まないのか
    1. コミュニケーションGAPとは
    2. 後出しジャンケンとかぐや姫の移り気
    3. サイロ化によりコミュニケーションが円滑に進まない
    4. PDCAからKPT、OKR、Sprint…様々なプロジェクトマネジメント
  2. 効果的な部下面談とは?
    1. 新しい人財育成の鍵は「自己肯定感」
    2. できたことを記録していく意義
    3. たった2つの問いかけで本音があぶり出せるとしたら?
    4. 6分間ホウレンソウ〜部下との1 – on – 1ロールプレイ
    5. 「客観性」と「定量的」指標だけ深掘りし、あとは考えさせる
    6. 支援者として「レベル2」の関係性を目指す
  3. 全員参加型会議のファシリテーション技法
    1. なぜ発言できない“ロンリーガイ”が生まれるのか?
    2. 参加した全員が発言できる4ステップ
    3. 困った時の3つの打開策
    4. ファシリテーション実演!全員参加型会議
  4. プロジェクト・マネージャーが意識したいコミュニケーション手法あれこれ
    (対話による学び合いセッション)
    1. 頻度と質を意識する
    2. グローバル・チームとのコミュニケーション
    3. eメールによるコミュニケーションの頻度と内容
    4. 電話会議・ビデオ会議のコミュニケーション
    5. 労い、懇親会、朝食会
    6. 買収・組織変更におけるコミュニケーション

会場

連合会館

4F 405会議室

東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/2/26 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間) 東京都
2018/2/26 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー 東京都
2018/2/26 例文で解説するGMP基準書・手順書の英文化/英単語の使い分けと査察で必要な表現 東京都
2018/2/26 世界主要国での薬価制度/HTAの動向と今後の対応 東京都
2018/2/26 毛髪の構造・特性をふまえたヘアケア製品の開発と評価法 東京都
2018/2/26 先発品企業のためのジェネリック対抗の落とし穴と製品マネジメント戦略 東京都
2018/2/26 医薬品における日米欧3極の薬事規制及び承認審査の比較、並びにグローバル開発への利用 東京都
2018/2/27 中長期の医薬品市場予測と事業性評価 東京都
2018/2/27 コンピュータバリデーション 東京都
2018/2/27 化学物質を扱う研究所における最新法規制準拠の「試薬・試料管理」の進め方 東京都
2018/2/27 日欧米治験薬GMPの品質管理とGDP対応 東京都
2018/2/27 再生医療等製品の承認申請を目指した開発戦略 東京都
2018/2/27 ICH M7変異原性不純物対応とガイドライン徹底解説 東京都
2018/2/27 薬価申請・算定と戦略 / 画期的新薬 (高額薬剤) と企業戦略 東京都
2018/2/27 探索段階を含む非GLP試験の信頼性基準適用と効率的実施 東京都
2018/2/27 非GLP試験・信頼性保証 コースセミナー (2日間) 東京都
2018/2/28 技術者、研究者のための実践的な時間管理 東京都
2018/2/28 洗浄バリデーションのサンプリング方法、サンプリング箇所の設定、ダーティーホールドタイム・クリーンホールドタイムのデータ取得・設定・評価方法 東京都
2018/2/28 最新改訂に対応したグローバルGMP・バリデーション担当者コース (全4日間) 東京都
2018/2/28 イオン交換樹脂を使いこなすための必須知識と応用のポイント 東京都