技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車が脱石油へ 自動車産業がエンジンから電気に舵を切った

自動車が脱石油へ 自動車産業がエンジンから電気に舵を切った

東京都 開催

開催日

  • 2017年11月6日(月) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 車の研究者、開発者、製造担当者
  • EV 電池戦略の担当者
  • エネルギー産業関連の担当者
  • 環境関連事業の担当者
  • 自動車以外の関連産業の自動車担当者
  • その他最新動向について学習したい技術者、研究者

修得知識

  • 車業界が電動化に突き進んでいる中、関連産業の異次元競争の今後
  • EVの普及に伴う電力需要に対応できる電力供給システムの課題
  • EV用リチウムイオン電池の技術開発動向、市場動向、EV用電池のビジネスモデル、次世代革新電池の研究、電動化にまつわるビジネスチャンス
  • 車の燃料構成変更による石油産業等の構造変化と新規事業の方向性
  • 車との融合技術を有するIT産業及びAI産業等の方向性

プログラム

 世界各国の環境規制が強化され、大気汚染対策及び温暖化ガス削減対策が急速に進んでいる。その影響を大きく受けているのが自動車産業である。自動車の自動運転化、電動化、モビリティー (移動手段) とは異なる異業種との融和などで車産業全体に大変革が起きつつあり、EV化の流れはもはや車メーカーの選択の余地はなく、やるしかない状態となっている。
 自動車産業は複雑な内燃機関に高度な技術を必要とする産業であり、新規参入が難しく、欧米日の限られた企業の販売競争で富を享受する産業ピラミッドが構築されていていたが、環境問題の風とIT,AI,IoTの波を受け従来型のビジネスモデルの崩壊が始まった。
 本セミナーでは、110年間使用してきた自動車の心臓であるエンジンを放棄して電気へと大きく舵を切ることになったことで、今後のエネルギー源をはじめとした関連産業の異次元の競争について各分野の専門家が今後の方向性を講演する。

講演1. 自動車産業の現状と今後

(2017年11月6日 10:00~11:00)

  1. 環境問題と自動車産業の課題
  2. 電動化に突き進んでいる自動車業界の異次元の競争
  3. 車の運用方法の多様化 (シェアリング)
  4. 移動の道具 (モビリテイー) から総合機能の道具に変化

講演 2. EVの市場動向とエネルギー産業の機会と脅威

(2017年11月6日 11:10~12:20)

  1. EVの市場動向
  2. EV化に伴う社会環境の変化
  3. EV化によるエネルギー産業への影響 (電力供給への影響など)
  4. 新たなビジネスの可能性

講演 3. 自動車産業・エネルギー産業を変革するリチウム電池の現状と今後

(2017年11月6日 13:10~14:20)

  1. EV用リチウムイオン電池の技術開発動向
  2. EV用リチウムイオン電池の市場動向
  3. 自動車の電動化とエネルギーコストモデル
  4. 次世代革新電池の研究動向と電動化にまつわるビジネスチャンス

講演 4. 自動車燃料の現状と今後

(2017年11月6日 14:30~15:30)

  1. 世界/日本の輸送用燃料の現状
  2. 輸送用燃料の今後とエネルギー需要に与える影響
  3. 環境問題から見たEV化の影響

講演5. 石油産業をからみたエネルギー産業の今後

(2017年11月6日 15:40~16:50)

  1. 車の燃料構成変更による石油産業等の構造変化
  2. 石油産業の新規事業の方向性/日本のエネルギー構造の未来

講師

会場

連合会館

502会議室

東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 44,444円 (税別) / 48,000円 (税込)
複数名
: 19,444円 (税別) / 21,000円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、2名様目以降は半額 (税込 21,000円)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,889円(税別) / 42,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 58,333円(税別) / 63,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 77,778円(税別) / 84,000円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 44,444円(税別) / 48,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 88,888円(税別) / 96,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 2名で 133,333円(税別) / 144,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 23,148円(税別) / 25,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/4/23 未利用熱発電を目指した高効率熱電変換材料とデバイスの開発 東京都
2019/4/23 車体軽量化の技術ロードマップと未来予測 東京都
2019/4/25 次世代自動車に今後求められる蓄電技術と超急速充電技術 東京都
2019/5/14 自動車における制振・吸音・遮音・断熱材の高性能化技術動向 東京都
2019/5/15 自動車および車載電子機器の防振・制振技術と材料、振動試験と信頼性評価 東京都
2019/5/16 自動車内外装における「感性品質手法」による感性価値の向上 愛知県
2019/5/16 自動車の電動化を取り巻く日本・韓国・中国の電池業界最新動向 東京都
2019/5/17 自動車内装材へ向けた加飾技術と質感向上 東京都
2019/5/17 EV関連技術の現状と課題 (充電インフラを中心に) 東京都
2019/5/20 自動車の電動化 / 自動運転 / MaaSの最新動向 東京都
2019/5/20 車載カメラの市場動向と最新規格 東京都
2019/5/20 自動車排出ガス規制の国内外の動向と試験法および計測法 東京都
2019/5/21 遮音・吸音のメカニズムと自動車室内における振動・騒音の低減 東京都
2019/5/22 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 東京都
2019/5/22 人工光合成の基礎と国内外の動向・課題・今後の展望 東京都
2019/5/23 パワーデバイスの耐熱・耐湿性評価と国際規格動向 東京都
2019/5/24 48Vを含むEVの駆動技術と電源構成 東京都
2019/5/24 二酸化炭素削減対策技術 東京都
2019/5/27 次世代蓄電池向け活物質・電解液の開発と安全、劣化対策 東京都
2019/5/27 車載カメラにおける画像認識技術のポイントと自動運転・自動駐車・周辺監視への応用 東京都

関連する出版物