技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

HTA (医療技術評価) での客観性のある費用対効果分析

HTA (医療技術評価) での客観性のある費用対効果分析

~分析時コンセプト設計、システマティック・レビューの実施、リアルワールドデータ活用~
東京都 開催

開催日

  • 2017年10月24日(火) 10時30分 16時30分

プログラム

第1部. 医療技術評価のためのシステマティック・レビューのコツ

(2017年10月24日 10:30〜12:00)

 近年日本でも、医薬品・医療機器の費用対効果評価の本格導入に向けて、システマティック・レビューの必要性が高まっており、企業においても実施体制の構築が求められる。本講演では、適切にシステマティック・レビューを実施し、客観性・信頼性の高い結論を得るための方法・プロセス、また注意すべきポイントを、国際的に定められた手順・ガイドラインと共に、事例を交えて紹介する。

  1. はじめに
    • 日本における医薬品・医療機器の費用対効果評価導入とシステマティック・レビューの必要性
  2. システマティック・レビューとは
    • システマティック・レビューの歴史的経緯
    • システマティック・レビューの目的と考え方
  3. システマティック・レビューの実施
    1. プロトコルの作成
      • PRISMA声明の概要とシステマティック・レビューのフロー
      • プロトコル作成の重要性と手順
    2. 研究の抽出
      • データベースの選択
      • 研究のスクリーニング
    3. 研究の評価とサマリーの作成
      • 研究の質を評価するための視点と評価方法・ツール
  4. システマティック・レビューの活用と留意点
    • 目的に応じた結果の解釈・活用のポイント
  5. まとめ
    • 質疑応答

第2部. 費用対効果分析のコンセプトと設計発

(2017年10月24日 12:45〜14:45)

 「費用対効果」は限られた資源の有効分配のために、日々の生活レベルから国家プロジェクトレベルまで広く参照されるコンセプトです。医療資源の分配方法としての費用対効果分析はどのような特徴があるのでしょうか。我が国でも昨年より、一部の医薬品、医療機器の価格の再算定に、試行的な導入が始まりました。
 この経済学的分析のコンセプトを明確にし、分析設計時における注意事項と分析結果の理解についてご説明いたします。

  1. 医療資源における費用対効果分析
    1. ヘルステクノロジーアセスメント、HTAとは?
    2. 費用対効果分析の基本的なコンセプトとトレンド
    3. 財政インパクト分析の基本的なコンセプトとトレンド
    4. 臨床試験とHTAのコンセプトの違い
  2. 費用対効果分析設計時の注意事項
    1. 分析方法の選び方;臨床試験かモデル分析か。
    2. 分析の視点;誰にとっての費用対効果か。
    3. 分析の期間の設定方法
    4. 効果の指標の選び方;QoLとUtility値
  3. 分析結果の理解・提示方法
    1. モデルの不確実性の扱い
    2. パラメーターの不確実性の扱い
    3. 意思決定に至るまで
  4. 将来展望
    • 質疑応答

第3部. リアルワールドデータを活用したHTAのポイント

(2017年10月24日 15:00〜16:30)

近年我が国においても、高騰化する医療費の適正化を目的に医薬品・医療機器の費用対効果評価の本格導入に向けた試行的導入がなされている。今後、薬価再算定時や製品の価値最大化において、リアルワールドデータをもちいたHTAの実施が益々重要となることが想定される。リアルワールドデータをもちいた情報創造について、事例を交えて紹介する。
  1. はじめに
    1. 日本における医薬品・医療機器の費用対効果評価導入とHTAの必要性
    2. HTAとは
  2. リアルワールドデータとは
    1. 我が国のリアルワールドデータの現状
    2. 各リアルワールドデータの特性
    3. 電子カルテデータ由来のリアルワールドデータ
  3. リアルワールドデータを活用した情報創造の実施
    1. プロダクトライフサイクルでみるリアルワールドデータ活用の概要
    2. プロダクトライフサイクル時期でみるリアルワールドデータ活用事例
      1. 製品の上市前にみるリアルワールドデータ活用事例
      2. 製品の上市時期にみるリアルワールドデータ活用事例
      3. 製品の成長期にみるリアルワールドデータ活用事例
      4. 製品の成熟期にみるリアルワールドデータ活用事例
  4. リアルワールドデータの活用と留意点
    • 目的に応じたデザイン・結果の解釈・活用のポイント
  5. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 正路 章子
    株式会社 メディリード
    シニアサイエンスエキスパート
  • 吉田 恵美子
    医療経済・マーケットアクセス
    コンサルタント
  • 小久保 欣哉
    二松學舍大学 国際政治経済学部 国際経営学科
    准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/7/23 ICH-E6 (R2) /GCPリノベーション (刷新) で要求されるグローバルスタンダードの臨床試験 QMSの構築及び有効な運用とプロセス改善 (2日間) 東京都
2018/7/23 導入候補化合物のTarget Product Profile設定/化合物評価と医薬ライセンスにおけるGo/No Goの判断方法 東京都
2018/7/23 動物用医薬品開発・申請ポイントと当局対応 東京都
2018/7/24 癒着防止材、止血材開発で知っておくべき特許戦略 東京都
2018/7/24 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理 東京都
2018/7/24 点眼剤の設計、工業化と品質保証 東京都
2018/7/24 GMP違反を起こさせない教育訓練方法と教育資料 作業者にどのような教育を行い、どのように育成するか? 東京都
2018/7/24 バイオ医薬品GMP工場における施設・設備計画/設計・バリデーションと設備保全・維持管理 東京都
2018/7/25 細胞培養の研究・開発・製造現場で「知っておくべき基礎知識・技術」と「確実に知っておきたい品質管理手法」 東京都
2018/7/26 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装 東京都
2018/7/26 統計解析をつかわなくてもわかる分析法バリデーション入門講座 東京都
2018/7/26 臨床QMS実装に必要な治験におけるIssue managementの考え方 東京都
2018/7/27 代替エンドポイントを用いた腎臓病治療薬の今後の臨床開発戦略成功のポイント 東京都
2018/7/27 ICH Q7/Q11ガイドラインをふまえたレギュレーション対応 東京都
2018/7/27 日米欧主要国の医療・薬価制度の概要と価格戦略のポイント 東京都
2018/7/27 核酸医薬品の基礎・国内外規制動向と品質/安全性評価におけるポイント 東京都
2018/7/27 バイオテクノロジー分野の特許審査の傾向と特許請求範囲の記載方法 東京都
2018/7/30 医療・ヘルスケア・感性計測用センサの小型化・高機能化と応用展開 東京都
2018/7/30 GMPバリデーション 入門講座 東京都
2018/7/30 GMP省令のリニューアル化の目玉となるマネジメントレビューを含む品質マニュアルのあり方および品質保証部門の必須事項 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)