技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

技術者・研究者のための拒絶理由通知対応ノウハウ

技術者・研究者のための拒絶理由通知対応ノウハウ

~拒絶理由通知の読み方・対応案の検討に必要な知識とプロセス~
東京都 開催

開催日

  • 2017年10月20日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 拒絶理由通知への対応の際に必要な最低限の知識
  • より確実に拒絶理由が解消できる対応案を見つけ出す手順・手法
  • 内容に説得力を生むための意見書の記述順序

プログラム

 技術者・研究者向けに、拒絶理由通知へ対応する際の基礎知識から重要ポイントまでをお伝えします。
 拒絶理由通知への対応は、特許の実務者にとって重要なスキルです。その対応如何によって、特許になるか否かが決まるといっても過言ではありません。たとえ、しっかりとした特許明細書を作成していたとしても、拒絶理由通知への対応がまずければ、特許が認められない場合もあります。仮に特許が認められたとしても、権利範囲は狭くなり、有効な特許権を取得できない場合もあります。
 本講座は、拒絶理由通知への対応に慣れていない、あるいは、さらに高いスキルを身につけたいという技術者・研究者の方に、より強い説得力で審査官を納得させるための (主に新規性・進歩性に関する) 拒絶理由通知への対応方法を習得していただくことを目的としています。さらには、拒絶理由通知への対応スキルを磨くことで、特許が取得できる範囲で特許を取得するのではなく、取得したい範囲で特許を取得できるようになることを目指します。
 拒絶理由通知への対応の際に必要な知識を学習したうえで、どのような手順及び手法で検討を進めていけばより確実に拒絶理由が解消できる対応案を見つけだすことができるのか、どういう順序で何を意見書に書けば内容に説得力が生まれるのかというエッセンスを、事例・演習を交えながら、お伝えいたします。

  1. 拒絶理由通知への対応策を検討する際に必要な基本的知識
    1. 拒絶理由通知に対応する際の考え方
    2. 検討のための準備
    3. 新規性
      1. 請求項にかかる発明の認定
      2. 上位概念と下位概念
      3. 機能・特性等を用いて物を特定する請求項
      4. 用途限定がある請求項
      5. プロダクトバイプロセスクレーム
    4. 進歩性
      1. 進歩性の判断手法
      2. 最適材料の選択・設計変更、単なる寄せ集め
      3. 技術分野の関連性
      4. 課題の共通性
      5. 作用・機能の共通性
      6. 引用発明と比較した有利な効果
      7. 選択発明
      8. 数値限定発明
    5. 補正できる範囲
  2. 拒絶理由通知への対応策を検討する際の具体的手法
    1. 構成要件表の作成
    2. 新規性違反の場合
    3. 進歩性違反の場合
      1. 対応策の検討の手順
      2. 発明の効果による反論
      3. 進歩性の存在を否定し得る論理への反論
    4. 補正の検討
      1. どのように補正するかを検討するための手法
      2. 補正をして反論するための条件
  3. 意見書・手続補正書の作成
    1. 手続補正書の作成
    2. 意見書の作成
  4. 新規性・進歩性以外の拒絶理由通知について
    1. 特許法29条の2への対応
    2. 先願の規定への対応
    3. 記載不備への対応
    4. 実施可能要件違反、サポート要件違反への対応
    • 名刺交換・質疑応答

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/7/27 バイオテクノロジー分野の特許審査の傾向と特許請求範囲の記載方法 東京都
2018/8/7 大学-企業間、民間企業間、ベンチャーとの共同研究開発とその契約実務 東京都
2018/8/10 海外への特許出願戦略 東京都
2018/8/10 進歩性の意味、本当に理解できていますか? 東京都
2018/8/30 AI創薬で取得すべき特許とその権利化 東京都
2018/8/31 IPランドスケープにおけるパテントマップの作成・活用と事業・知財・研究開発戦略の実践方法 東京都
2018/9/4 強い特許網を構築するための知財戦略の策定・遂行の仕方 東京都
2018/9/7 自社保有技術を活用した宇宙ビジネスへの参入と要求特性、技術動向 東京都
2018/9/7 特許調査・分析、自分でちゃんとできますか? 東京都
2018/9/21 機能性表示食品・健康食品の知財戦略 東京都
2018/9/27 特許オープン・クローズ戦略を実践するための「初めの一歩」 東京都
2018/10/11 パテントマップの作成と知財戦略の実践方法 愛知県
2018/10/11 特許戦略、分かっていますか? 特許の力、活かせていますか? 東京都
2018/10/15 研究開発マネジメントを効率化するデータサイエンス活用法 東京都
2018/11/8 後発で勝つための知的財産・事業参入戦略 愛知県
2018/11/13 自分で出願できますか? 権利化できますか? 東京都

関連する出版物

発行年月
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/20 マッサージ機〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/20 油圧機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/20 油圧機器 技術開発実態分析調査報告書