技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ΔΣ変調を中心としたデータコンバータ技術の基礎と高精度化手法

ΔΣ変調を中心としたデータコンバータ技術の基礎と高精度化手法

東京都 開催

概要

本セミナーでは、ΔΣ変調を中心としたデータコンバータ技術を基礎から詳細に解説いたします。

開催日

  • 2017年10月20日(金) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • ΔΣ変調を学びたい技術者
  • ΔΣ変調の応用分野に関連する技術者
    • 音響
    • 通信など

修得知識

  • ΔΣ変調の基礎
  • ΔΣ変調の応用
    • デジタルスピーカ
    • 通信

プログラム

 高精度データコンバータは、これまでΔΣ変調技術を用いた方式を中心に開発され、商品化されてきた。近年では、センサ系のアプリケーションなどで、高精度化と同時に低消費電力化も求められている。一方、逐次比較型 (SAR) は低消費電力分野で広く使われているが、精度の面では不十分な点がある。これらの技術を融合したハイブリッド型ADCが、高精度、且つ低消費電力な変換技術として注目されている。
 本セミナーではΔΣ変調を中心としたデータコンバータ技術を基礎から詳細に解説する。

  1. ΔΣ変調技術の基礎
    • ΔΣ変調技術の概念を中心に説明
  2. 1,2次ΔΣ変調器
    • 最も基本的な変調器の動作のイメージを徹底的に解説
  3. 高次ΔΣ変調器
    • 高性能化に重要な高次変調器の理論を説明
  4. ΔΣ型ADCの構成方法
    • ΔΣADCの実際の構成方法を例示
  5. ミスマッチシェーパ
    • 現在のΔΣADC,DACの主流であるマルチビットΔΣ変調器に必須の技術
  6. ΔΣ変調をベースとしたハイブリッド型データコンバータ
    • ΔΣ変調をベースとして,逐次比較型 ADC やVCOベースADC,インクリメンタル型ΔΣ変調器を組み合わせた変換方式の基礎を説明
  7. ΔΣ変調器の最新情報
    • 最新のΔΣ変調器に関する構成法などを紹介

講師

  • 安田 彰
    法政大学 理工学部 電気電子工学科
    教授

会場

中央大学 駿河台記念館
東京都 千代田区 神田駿河台3丁目11−5
中央大学 駿河台記念館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 50,760円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可)
本セミナーは終了いたしました。