技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

マイクロニードル開発における性能および安全性評価例

マイクロニードル開発における性能および安全性評価例

~マイクロニードルの新たなアプリケーションの可能性とは~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、マイクロニードルについて基礎から解説し、マイクロニードル開発のポイント/実験、評価方法を具体例を用いて解説いたします。

開催日

  • 2017年5月29日(月) 13時00分 16時00分

プログラム

 主に経皮薬剤投与を目的に、痛みなく皮膚透過性を亢進させることのできるデバイスとして、マイクロニードルが注目を集めている。当社では、独自に開発したマイクロニードルおよびアプリケータを用いて皮膚表層に微細孔を形成した後、組織液中のグルコースを採取・分析することにより血糖値を推定する、微侵襲食後高血糖モニタリングシステムの開発に取り組んでいる。
 本講演では、本システム開発における、マイクロニードルの性能評価や安全性評価などの取り組みに関し、実験・評価方法の詳細な具体例を交え説明する。
 また、マイクロニードルの新たなアプリケーションの可能性など、現時点での当社の取り組みについて紹介する。

  1. 背景: 微侵襲食後高血糖モニタリングシステム
    1. システムの概要 (測定の流れ)
    2. 測定原理および要素技術 (微細孔形成技術、組織液抽出技術)
    3. 微細孔形成システム (システムの仕様・構成)
    4. 測定性能
  2. マイクロニードル開発のポイント
    1. 作製方法とコスト
    2. 性能
    3. 安全性
  3. マイクロニードル開発における実験手法①~性能評価法
    1. 検査法
    2. 既存の皮膚透過率評価法
    3. 組織液抽出による皮膚透過率評価法 (実験系、皮膚透過率の算出)
    4. 動物を用いる場合の実験方法 (動物の選択、体毛除去、麻酔など)
    5. 間接的生体微細孔観察法
  4. 性能評価試験
    1. 仕様設計のための条件検討試験
    2. 長時間にわたる皮膚透過率評価試験
  5. マイクロニードル開発における実験手法②~安全性評価法
    1. 赤み評価法
    2. 病理組織学的検査法
    3. 痛み評価法
  6. 安全性評価試験
    1. 適用後皮膚組織回復性評価試験
    2. 適用時痛み評価試験
  7. その他、マイクロニードルを用いた最新の取り組みなど
    • 質疑応答

会場

商工情報センター カメリアプラザ

9F 第2研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1 カメリアプラザ 9F
商工情報センター カメリアプラザの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/7/28 医薬品製造における一変申請・軽微変更基準/判断と一変申請資料作成時・照会事項対応のポイント 東京都
2017/7/28 非アルコール性脂肪性肝疾患 (NAFLD/NASH) の基礎・臨床と治療薬の開発 東京都
2017/7/28 製造所における逸脱/OOS対応とヒューマンエラー防止策 東京都
2017/7/28 失敗例~解決 (対処) 法で学ぶスケールアップ・ダウン実験・検討 東京都
2017/7/28 「原薬コスト削減・原価計算」「失敗例/解決 (対処) 法」 2日間コース 東京都
2017/7/28 医薬品開発における臨床薬理試験の計画作成と進め方 東京都
2017/7/28 治験のQC/QAとGCP実地調査/適合性書面調査対応のポイント 東京都
2017/7/28 関節リウマチの診断、薬剤選択の実状と求められる新薬像 東京都
2017/7/31 リスクに基づくペストコントロールの実際とPIC/S・GMP/GDPをふまえた頻出査察/監査指摘事項 東京都
2017/7/31 品質試験における記録書類 (生データ・実験ノート・ワークシート・電子データ) の 取扱い・まとめ方・保管とデータの信頼性確保 東京都
2017/7/31 開発期間中の取り扱いと申請資料へのまとめ方 東京都
2017/7/31 凍結乾燥製剤のスケールアップ技術とバリデーション実施のポイント 東京都
2017/7/31 バイオ医薬品のCTD-S 作成のポイント 東京都
2017/8/2 医薬品売上の成長曲線の予測とLCM 東京都
2017/8/2 産学連携を用いた医薬品開発の取り組みとプロジェクトマネジメント 東京都
2017/8/4 糖鎖付加技術によるバイオ医薬品の高活性化 東京都
2017/8/7 腎性貧血の新薬開発とEPO抵抗性の克服 東京都
2017/8/7 試験法の技術移転と分析法バリデーションのコツ 東京都
2017/8/9 CAPA (是正措置/予防措置) の実践 東京都
2017/8/10 FDA 483指摘に学ぶデータインテグリティ実務対応 東京都