技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

シランカップリング剤の活用技術入門

よくあるQ&Aで理解する

シランカップリング剤の活用技術入門

東京都 開催

概要

本セミナーでは、シランカップリング剤について基礎から解説いたします。
また、参考書・教科書や論文で触れられることがなかった反応メカニズムや表面処理の解析、使用の際に考慮すべき因子、反応条件の最適化、添加量の目安、表面被覆状態、反応進行解析 等について詳解いたします。

開催日

  • 2017年5月29日(月) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • シランカップリング剤を扱う技術者、開発者、研究者

修得知識

  • シランカップリング剤の基礎
  • 反応メカニズム
  • 表面処理解析
  • シランカップリング剤の基礎
  • 反応メカニズムや表面処理の解析
  • シランカップリング剤の使用の際に考慮すべき因子
  • 反応条件の最適化、添加量の目安、表面被覆状態、反応進行解析

プログラム

 シランカップリング剤の使い方について、分かりやすくまとめます。
 前半部分では、ほとんどの参考書・教科書や論文で触れられることがなかった反応メカニズムや表面処理の解析について、詳細に解説いたします。
 後半では、これまでに受けたよくある質問をQ&A形式で解説いたします。

  1. シランカップリング剤について
    1. シランカップリング剤の構造と種類
    2. シランカップリング剤の用途
    3. シランカップリング剤の応用範囲および将来展開
  2. シランカップリング剤の反応
    1. シランカップリング剤の反応例
    2. シランカップリング剤の反応メカニズム
    3. シラノールの反応中間体並びにシロキサン生成機構
  3. シランカップリング剤の応用
    1. 新規機能性シランカップリング剤の例
    2. 具体的な用途
    3. 次世代シランカップリング剤について
  4. シランカップリング剤による表面処理
    1. 反応の詳細
    2. 関連する条件
    3. 最適条件について
      1. 表面前処理
      2. 処理温度
      3. 溶媒の選択
      4. シランカップリング剤の選択
  5. シランカップリング剤Q&A講座
    • シランカップリング剤を使用する際に考慮すべき因子は?
    • カップリング処理に際しての留意点は?
    • シランカップリング剤の耐熱性は?
    • 加水分解させて使うとどんな効果があるのか?
    • 加水分解性と接着への影響は?
    • シランカップリング剤の処理層の劣化対策は?
    • カップリング処理液の調整・安定化する方法は?
    • 未反応カップリング剤の除去方法は?
    • 未反応カップリング剤の及ぼす影響とは?
    • 末端に残ったOH基を消すには?
    • 官能基の置換をするとどんなことが起こる?
    • 求めるスペックに合わせた反応条件の最適化とは?
    • 反応のバラツキの原因とは?またその対策は?
    • 添加量の目安とは?
    • 最適条件について
    • 表面被覆状態を分析・解析するには?
    • 表面の水酸基の密度を見積もるには?
    • 被覆率を解析・評価するには??
    • 表面・深さ方向の組成分析をするには?
    • 反応の進行を解析するには?
    • 質疑応答

講師

  • 海野 雅史
    群馬大学 理工学研究院 大学院理工学府 化学・生物化学専攻
    教授 / ケイ素化学国際教育研究センター長

会場

連合会館

4F 404

東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/6/26 シランカップリング剤の基礎・反応機構と使用・応用へのポイントおよび最新動向 東京都
2018/6/27 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術 東京都
2018/6/28 ポリウレタンの材料設計と構造・物性の制御、劣化対策 東京都
2018/6/29 自動車用樹脂窓のハードコートによる耐摩耗性向上技術 東京都
2018/6/29 バイオミメティクスの基礎知識と超撥水・超親水化などへの応用 東京都
2018/7/5 ドライエッチング技術の基礎とプラズマ・表面反応制御 / 最新動向とプラズマダメージ、アトミックレイヤーエッチング (2日間) 東京都
2018/7/5 ドライエッチング技術の基礎とプラズマ・表面反応の制御 東京都
2018/7/6 ドライエッチングの最新技術動向とプラズマダメージおよびアトミックレイヤーエッチング (ALE) 東京都
2018/7/10 なるほど 納得 シリコーン 東京都
2018/7/18 シランカップリング剤の上手な使い方 東京都
2018/7/20 ALD (原子層堆積法) の基礎・表面反応と高品質薄膜形成 東京都
2018/7/25 プラズマエッチングの必須基礎知識と表面反応制御・表面分析 東京都
2018/7/26 ALD (原子層堆積法) 、ALEt (原子層エッチング) の基礎・応用・最新動向 東京都
2018/7/26 ゾル-ゲル法の基礎と機能性材料作製への応用と新展開 東京都
2018/7/26 超親水化・超撥水化のメカニズムと評価および制御技術 東京都
2018/7/26 自己修復材料の復元メカニズム、材料設計と高寿命化技術 東京都
2018/7/26 プラスチック加飾技術の新展開と最新動向 東京都
2018/7/27 金属ナノ粒子・微粒子 徹底解説 東京都
2018/7/31 電子デバイス製造のための表面処理技術 東京都
2018/8/22 金属への化成処理・各種化成皮膜の析出機構とその機能 東京都