技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

表面張力・界面張力の現象・ウソと正しい測定方法、ムラ・スジ・カスレの原因

表面張力・界面張力の現象・ウソと正しい測定方法、ムラ・スジ・カスレの原因

東京都 開催

開催日

  • 2017年3月29日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 塗装の実務担当者、管理者
  • コーティングに関連する技術者

修得知識

  • 添加剤の利用技術、表面張力や界面張力のコントロール技術
  • マテリアルデザインの基礎知識
  • コーティング膜の付着性に対する見方
  • 被膜強度、粘弾性、内部応力が付着性に及ぼす影響

プログラム

 表面・界面張力は何故生じ、どのように測ればよいのか?表面・界面張力が関わる身近な現象にはどのようなものがあるのか?何かを塗る時に、ムラができたり、スジが入ったり、カスレたりするのは何故か?などについて概説します。
 いかなる物質も表面・界面があるので、その性質を知らずしてマテリアルデザインはできません。
 基礎から表面・界面科学を理解することで、例えば、ある液体がある固体を濡らすか濡らさないかはどのようにして決まるのか?なぜ過飽和や過冷却といった熱力学的準安定状態が発生するのか?オストワルド熟成はなぜ起こるのか?どうして雪の結晶のような比表面積の大きいフィンガリング構造が自発的に成長するのか? などといったことが理解できるようになり、マテリアルデザインにおいて非常に有効であるはずです。

  1. 表面・界面張力とは?
    1. 表面・界面張力は、なぜ発生する?
    2. 表面・界面張力の2つの意味【単位長さを引っ張る力 (N/m) と単位面積当たりのエネルギー (J/m2) 】
    3. 表面・界面張力の測定方法
    4. 水に界面活性剤を溶解させると、なぜ表面・界面張力は低下する?
    5. 界面活性剤の表面・界面張力低下能について、時々見受けられるウソの説明
  2. 表面・界面張力が関わる現象
    1. ある液体がある固体を濡らすか濡らさないかは、どのようにして決まる?
    2. 液体の固体表面上における接触角 (固体表面が平滑な場合と平滑でない場合)
    3. 表面・界面張力によりもたらされるラプラス圧
    4. ラプラス圧によりもたらされる化学ポテンシャルの形態依存性
    5. 過飽和や過冷却といった熱力学的準安定状態は、なぜ発生する?
    6. オストワルド熟成は、なぜ起こる?
  3. 塗装の際の塗りムラ、スジ、カスレが起こる原因
    1. 1977ノーベル化学賞の対象となった「散逸構造:非平衡系の自己組織化」とは?
    2. 生命体に発生するバイオリズムと塗りムラ、スジ、カスレの意外な関係
    3. 非平衡場における界面形状ゆらぎの成長によるフィンガリング現象
    4. 非平衡場における自発的な表面パターン形成の有効利用
    5. 非平衡場における自発的な表面パターン形成の抑制とその工業的価値
    • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第1講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/5/10 基礎から学ぶフィラー活用術 東京都
2017/5/17 ラミネート技術の基礎と応用、トラブル対策 京都府
2017/5/19 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術 東京都
2017/5/19 プラスチック表面処理の基礎と接着性・密着性の改善ノウハウおよび表面処理状態の確認 東京都
2017/5/22 回路基板・電子部品の防水・防湿技術 東京都
2017/5/25 産業的価値向上を目指した撥・親・滑液性表面創製技術動向 東京都
2017/5/26 接触角測定のノウハウ 東京都
2017/5/29 シランカップリング剤の活用技術入門 東京都
2017/5/29 シリカ微粒子をコントロールするための基礎知識と表面改質および分散制御のコツ 東京都
2017/5/30 電鋳の基礎技術と最新状況と新たな可能性 東京都
2017/5/31 ディスプレイの視認性向上に向けた表面科学の基礎と防汚性付与・反射防止技術 東京都
2017/6/7 UV硬化技術の必須基礎知識と硬化不良対策 大阪府
2017/6/12 紫外線・赤外線遮蔽材料の設計技術と遮蔽性評価 東京都
2017/6/19 自動車用塗料の必須基礎知識と塗膜の評価および不具合・劣化対策 東京都
2017/6/20 超親水化・超撥水化のメカニズムと評価および制御技術 東京都
2017/6/23 塗布&乾燥プロセス理論とトラブル対応 東京都
2017/6/28 ハードコート材料技術とさらなる機能性付与 東京都
2017/6/28 微粒子・ナノ粒子の表面修飾と分散安定化技術 東京都
2017/6/29 スパッタリング法による薄膜形成技術とトラブルシューティング 東京都
2017/7/5 ハードコート材料の基礎・応用から今後の展開 大阪府