技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

Liイオン電池の現状と、ポストLiイオン電池マグネシウム二次電池の開発動向

Liイオン電池の現状と、ポストLiイオン電池マグネシウム二次電池の開発動向

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2017年3月24日(金) 13時00分 16時00分

プログラム

 リチウムイオン二次電池は高いエネルギー密度と優れたサイクル寿命を併せ持ち、スマートフォンやノートパソコンといった小型機器のみならず、最近ではハイブリッド自動車や電気自動車への展開も進んでいます。一方、リチウムイオン電池は多くの課題を抱えており、これに代わるポストリチウムイオン電池の研究開発が国内外で盛んにおこなわれています。
 金属マグネシウムは低い反応電位と高い容量を持つため、マグネシウム二次電池はリチウムイオン二次電池では達成不可能な高エネルギー密度を実現しうるとして高い注目を集めています。
 本セミナーでは、リチウムイオン電池の背景を述べるとともに、マグネシウム二次電池の研究例を、講演者の実施例と合わせて紹介します。

  1. リチウムイオン電池の現状とポストリチウムイオン電池
    1. リチウムイオン電池の役割
    2. リチウムイオン電池の作動原理
    3. リチウムイオン電池の課題
    4. ポストリチウムイオン電池の紹介
  2. マグネシウム二次電池
    1. マグネシウム二次電池の特徴・目標
    2. 負極反応と電解液
      1. Grignard試薬での反応
      2. 非Grignard試薬での反応
      3. 合金負極
    3. マグネシウム金属の析出溶解挙動
    4. 正極
      1. 正極反応の速度論
      2. 正極材料の研究例
    5. 実現のための課題
  3. まとめ

講師

  • 嵯峨根 史洋
    静岡大学 工学研究科 電子物質科学専攻
    助教

会場

株式会社オーム社 オームセミナー室
東京都 千代田区 神田錦町3-1
株式会社オーム社 オームセミナー室の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 41,000円 (税別) / 44,280円 (税込)
1口
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込) (3名まで受講可)

割引特典について

  • 複数名 同時受講:
    1口 55,000円(税別) / 59,400円(税込) (3名まで受講可能)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/11/29 バッテリマネジメント、及びセルバランス技術の基礎と応用 オンライン
2021/11/29 磁性材料を活用した新しい熱電応用と今後の展望 オンライン
2021/11/30 炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術 オンライン
2021/12/2 EV用リチウムイオン電池のリユース、リサイクル オンライン
2021/12/3 CO2有効利用技術の現状と今後の展望 オンライン
2021/12/6 フレキシブル熱電変換デバイスの基礎と有機系熱電変換材料/デバイス研究の最新動向 オンライン
2021/12/6 HEV/EVにおけるエネルギー・マネジメント技術 オンライン
2021/12/7 二酸化炭素 (CO2) の吸収・回収及び吸収材技術 オンライン
2021/12/8 汎用リチウムイオン電池の性能・劣化・寿命評価 オンライン
2021/12/8 リチウムイオン二次電池特性の測定・評価・推定法 オンライン
2021/12/9 バイオガスから新エネルギー オンライン
2021/12/10 バッテリーマネジメント用リチウムイオン電池のインピーダンス測定の考え方 オンライン
2021/12/10 リチウムイオンニ次電池・次世代電池の課題を解決する新規な電池理論 オンライン
2021/12/13 燃料アンモニア製造技術と将来展望 オンライン
2021/12/14 全固体リチウム二次電池の開発状況と展望 オンライン
2021/12/14 水素貯蔵材料の基礎と今後の展望 オンライン
2021/12/15 パワーデバイス 半導体物性・デバイス特性・回路応用をつなげて学ぶ オンライン
2021/12/15 リチウムイオン電池生産工程における安全対策 オンライン
2021/12/16 カルマンフィルタ/逐次最小二乗法によるリチウムイオン蓄電池の残量と劣化状態推定法 オンライン
2021/12/16 ペロブスカイト太陽電池の基礎から開発・市場動向・実用化展望まで オンライン

関連する出版物

発行年月
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/1/30 2015年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2014/12/19 2015年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2014/11/25 リチウムイオン電池〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/25 リチウムイオン電池〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/11/21 2015年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2014/8/29 2014年版 風力発電市場・技術の実態と将来展望
2014/7/25 2014年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2014/6/30 熱電発電システム技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/30 熱電発電システム技術 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/27 2014年版 スマートハウス市場の実態と将来展望
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 燃料電池車 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/15 燃料電池車 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/28 2014年版 キャパシタ市場・部材の実態と将来展望
2014/3/15 ガス13社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)