技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車構造部材に向けた材料開発と成形・接着技術

自動車構造部材に向けた材料開発と成形・接着技術

東京都 開催

概要

本セミナーでは、自動車構造部材として特に期待されるCFRPについて解説し、キーとなる樹脂と金属の接着技術を詳説いたします。

開催日

  • 2016年4月12日(火) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 自動車構造部材に関連する技術者
  • 自動車構造部材で課題を抱えている方
    • 成形
    • 接着 等

プログラム

第1部. 自動車構造材料の研究開発動向

(2016年4月12日 10:00〜12:00)

  1. 自動車の構成部位
  2. 構造部の要求性能
    1. フレーム系
    2. 外板系
  3. 構造部重量と軽量化の見通し
  4. 軽量化材料の開発動向と技術課題
    1. ハイテン材
    2. マルチマテリアル化
    3. CFRP
    4. 一体化構造
    • 質疑応答

第2部. 連続炭素繊維/熱可塑性樹脂の成形とその特性、自動車構造部材への応用

(2016年4月12日 12:45〜14:45)

  1. 連続繊維熱可塑材料とは
  2. 熱硬化性と熱可塑性の違い
  3. 材料の製造法
  4. 連続繊維熱可塑材料の種類
  5. 繊維
    1. カーボン
    2. ガラス
    3. アラミド
  6. 樹脂
    1. PP
    2. PA6
    3. PA66
    4. PA12
    5. TPU
    6. PPS
    7. PC
  7. VF
  8. 規格
  9. 用途に合わせた材料選び
  10. 成形法
    1. プレス
    2. ダイヤフラム
    3. 圧縮
  11. 60秒ハイブリッド成形
  12. 成形条件 (成形のポイント)
  13. 航空機事例
  14. 自動車事例
  15. その他の事例
  16. 熱可塑用ヒーター
  17. 今後の展開と課題
    • 質疑応答

第3部. 金属・樹脂の一体化技術、その接合物の自動車部材への応用

(2016年4月12日 14:30〜16:30)

  1. 射出接合技術とは
    • 射出成形金型にAl合金やTi合金や一般鋼材等の金属片 (特殊表面処理をした金属片) をインサートし、特殊コンパウンド化したPBTやPPS系樹脂を射出し、30~40MPaの金属樹脂間の接合力ある一体化物を得る技術の概要、及び、電気電子機器製造業での発展状況について報告。
  2. NMT2とは、又、同等な耐湿熱性ある射出接合技術はあるか
    • Al合金とPPS系樹脂から強固な射出接合物を得る技術 (NMT2) の特徴。
      特に、NMT2射出接合物には、金属部と樹脂部間の接合力が85℃85%湿度下に置かれても8000時間殆ど下がらないこと。
      NMT2レベルまでは行かぬが、85℃85%湿度に1000年〜3000年時間いれた位では接合力が明確に下がらない射出接合物はある (Ti、銅、ステンレス鋼の一部)
  3. 接合力とは 又 ISOに何が登録されたのか 発明者は更に何を?
    • 射出接合技術による接合力が40MPa程度と非常に高いので接着物に関するISO、JISの基準が陳腐となった。
      日本政府の呼びかけによる各種委員会の努力も頂き、2015年夏にISO登録となった。
      決まったのは「せん断接合強度」測定用の試料形状とその測定実施方法、それと「引張り接合強度」測定用の試料形状である。
      2材が接合や接着をした場合、その接合力を測る基本は確かに「せん断破断強度」と「引張り破断強度」になる。
      しかし私共は、それら接合力値に加えて、「接合力の粘り性」値があると考え、新接合力評価法を実施した。
      例えば、40MPaで破断する物であれば、その80%の32MPaを1000回加えた場合にどうなるか (途中で破断するか、破断しない場合は1000回の動的負荷を与えた後の接合力は幾らかを測定する) 、又、32MPaで破断しなければ34MPaではどうか、36MPaではどうかとUPして行く。
      このことで、接合力には通常には見えない一面、即ち、接合に関する粘り性や頑張り性が見えて来るのである。
      実は、金属の表面微細形状を変えることにより、最高の接合力に至った後も、更に工夫を重ねれば「接合力の粘り性UP」が測り得ることが分かった。
  4. NMT5とは その他の接合力粘り性高い表面処理金属片について
  5. 射出接合物の耐温度衝撃サイクル性
    • 接合力の粘り性の高い射出接合物は耐温度衝撃サイクル性にも優れる。
      実は、これは互いの代理物性である。
  6. 移動機械用の射出接合物、屋外使用機械用の射出接合物
    • ステアリングメンバー
    • ブレーキペダル など
    • 質疑応答

講師

  • 内田 浩司
    アーサー・D・リトル・ジャパン株式会社
    プリンシパル
  • 馬場 俊一
    サンワトレーディング株式会社
    代表取締役
  • 安藤 直樹
    大成プラス 株式会社 技術開発部
    部長

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/2/22 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 東京都
2019/2/25 異種材料の接着、接合技術とそのメカニズム、寿命評価 東京都
2019/2/25 自動車用遮音・吸音材料の設計、適用方法と車室内の防音設計 東京都
2019/2/25 自動車用CFRP・CFRTPの最新動向と、CFRTPの自動車適用技術開発プロジェクト 東京都
2019/2/26 自動運転の現状および完全自動運転を可能にする技術動向と応用展開 東京都
2019/2/26 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都
2019/2/27 CFRPの疲労・破壊特性の基礎と安全寿命予測および損傷観察・探傷技術 東京都
2019/2/28 熱可塑性CFRPプリプレグの作製、成形加工と耐久性向上 東京都
2019/2/28 高分子材料・製品の寿命予測と劣化加速試験条件の設定方法 東京都
2019/2/28 接着剤の正しい選び方と使い方および接着トラブル事例 東京都
2019/3/4 エポキシ樹脂の硬化メカニズムと配合設計のポイント 東京都
2019/3/4 自動車分野における吸音・遮音のメカニズムと材料開発の指針 大阪府
2019/3/6 高周波対応基板の開発動向と銅/樹脂の密着性向上 東京都
2019/3/6 コネクテッドカーの展望と求められるセキュリティ対策 東京都
2019/3/6 大気圧プラズマの必須基礎知識と産業応用技術 大阪府
2019/3/6 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載用半導体信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/3/6 成形加工を理解するための高分子レオロジー入門 大阪府
2019/3/7 フィルム / 包装のラミネート技術講座 大阪府
2019/3/7 自動車触媒のナノ粒子材料と物性、評価法の基礎 東京都
2019/3/8 セルロースナノファイバーの技術動向と複合化・成形、使用への考え方・活かし方 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/19 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/11/1 世界の炭素繊維・応用製品の市場実態と展望 2017
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)