技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

光アップコンバージョン材料の設計と高効率波長変換技術

弱い光でも高効率で変換する、材料開発事例から応用展開まで一挙公開

光アップコンバージョン材料の設計と高効率波長変換技術

東京都 開催

開催日

  • 2016年3月9日(水) 10時30分 16時00分

修得知識

  • 有機分子間のエネルギー移動を用いた光アップコンバージョン技術の基礎
  • 実装における形態例、従来の研究動向、今後の展望
  • アップコンバージョンナノ粒子の表面機能化 (水中で分散可能な表面処理など)
  • 医用診断材料への応用 (生体内外のイメージング・センシング)

プログラム

1. 太陽光の利用効率向上のための光アップコンバージョン技術

(2016年3月9日 10:30〜12:00)

 本講演は、近年国内外で急速に活発になってきている「有機分子間のエネルギー移動過程 (具体的には、三重項エネルギー移動および三重項 – 三重項消滅) を用いた光アップコンバージョン技術 (現在バンドギャップ以下で使用されていない長波長光を、利用可能な短波長光に変換する技術) 」に関するものである。講演では、この技術の研究に過去5年間以上取り組み多数の学術論文を出版してきている先端研究者自身によってわかりやすく技術内容の説明がなされる。Q&Aタイムでは可能な範囲で質問を受け付ける。

  1. 光波長変換技術
  2. 光アップコンバージョンとは
  3. 太陽光エネルギー利用効向上
  4. 未利用の長波長光の利用可能な短波長光への変換
  5. 有機分子による光波長変換
  6. 三重項 – 三重項消滅を利用した光アップコンバージョン技術
    1. 分子間エネルギー移動
    2. 実装形態の例
    3. 応用例と最新研究動向
    • 質疑応答

2. アップコンバージョン蛍光体による赤外可視波長変換とエネルギー応用への可能性

(2016年3月9日 12:45〜14:15)

  1. 太陽エネルギーの変換に関する地球科学的な基礎項目
  2. エネルギー変換技術に貢献する無機材料合成プロセス
    1. 固相合成プロセス、液相合成プロセス、気相合成プロセス
    2. 液相合成プロセスの詳細
      • 低エネルギー合成
      • 高品質化と再現性
      • サイズと形状制御
  3. 非シリコン型太陽電池に向けた無機材料合成とその評価
    1. 色素増感型および有機ペロブスカイト型太陽電池の原理とメリットおよび課題
    2. 電極に使われる二酸化チタンの種類と特徴
    3. 様々な二酸化チタンの合成手法と作り分け
    4. 二酸化チタン合成技術による色素増感型太陽電池の変換効率向上
  4. アップコンバージョン蛍光体を用いた短波長への変換とその利用
    1. 蛍光体の大別と基本原理
    2. 希土類アップコンバージョン蛍光体の発光原理
    3. アップコンバージョン蛍光体の応用例
    4. アップコンバージョン蛍光体の合成と探索手法
    5. 酸化セリウム系アップコンバージョン蛍光体
    6. 高輝度複合酸化物系アップコンバージョン蛍光体
    7. アップコンバージョン蛍光体の発光効率の定量
    8. アップコンバージョン蛍光体を用いた赤外 – 可視変換と発電
    9. アップコンバージョン蛍光体を利用した発電の効率向上に向けた課題と対応策
  5. 結論と展望
    • 質疑応答

3. 表面機能化アップコンバージョンナノ粒子の 医用生体材料への応用

(2016年3月9日 14:30〜16:00)

 アップコンバージョンナノ粒子を利用した、生体にダメージを与えずに効果的に診断・治療を行うことを目指した生体材料の開発について講演する。

  1. アップコンバージョンナノ粒子の基礎と合成法
    1. 希土類含有セラミックスナノ粒子のアップコンバージョン発光
    2. アップコンバージョン発光ナノ粒子の合成
    3. アップコンバージョン発光の評価法
  2. アップコンバージョン発光ナノ粒子の表面処理
    1. ナノ粒子の表面
    2. ナノ粒子の水溶液中における凝集
    3. 表面処理によるナノ粒子の分散化
    4. 生理条件下における問題とその解決法
  3. アップコンバージョン発光ナノ粒子のバイオ応用
    1. セセンシング材料への応用
    2. in vitroにおけるイメージング
    3. in vivoにおけるイメージング
    4. 他のイメージング法とのマルチモーダルin vivoイメージング
    5. ナノ温度イメージング
    6. 光線力学療法への応用
    7. ドラッグデリバリーシステムへの応用
    8. アップコンバージョン発光を用いたバイオ研究の今後の展開
    • 質疑応答

講師

  • 村上 陽一
    東京工業大学 大学院 理工学研究科 機械物理工学専攻
    准教授
  • 冨田 恒之
    東海大学 理学部 化学科
    講師
  • 上村 真生
    東京理科大学 基礎工学部 材料工学科
    助教

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/7/12 スマートウィンドウの基礎と応用
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/1/29 2016年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2015/6/30 導電性フィラー、導電助剤の分散性向上、評価、応用
2015/3/27 2015年版 再生可能エネルギー市場の実態と将来展望
2015/1/30 2015年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/25 京セラ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/1/25 京セラ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/24 2014年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2014/1/20 太陽電池 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/20 太陽電池 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/12/10 太陽光発電向けパワーコンディショナ 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/10 太陽光発電向けパワーコンディショナ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/24 分散型電源導入系統の電力品質安定化技術
2013/3/8 2013年版 スマートハウス市場の実態と将来展望