技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車分野における樹脂材料の採用動向と技術トレンド

自動車分野における樹脂材料の採用動向と技術トレンド

~今、自動車メーカーに求められている樹脂とはどのようなものなのか?~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、軽量化、高級化、低環境負荷化等など、自動車を取り巻くトレンドを踏まえて樹脂材料への要求特性を解説いたします。

開催日

  • 2016年2月23日(火) 13時00分 16時30分

修得知識

  • これまでのプラスチックの使われ方の推移
  • 次世代自動車の特徴
  • ガソリン、軽油、バイオ燃料、水素、電気などエネルギーの特徴
  • 次世代車におけるプラスチックへの期待
  • 軽量化における樹脂化の効果
  • CFRPによる軽量化の効果と注意すべき点
  • プラスチックによる内装の高級化
  • 自動車のリサイクルの推移

プログラム

 今後の自動車の大きな流れは電動化にある。電動化はエネルギーの効率化である。エネルギーもガソリン、軽油の時代から電気、水素の時代とされる。次世代車=電動化においてプラスチックはどのように寄与するだろうか。そこでは軽量化もあわせて要求されてくる。プラスチックはどのように使うことが軽量化に寄与するのであろうか。
 ここでは期待が高いCFRPを含めてプラスチックによる軽量化の効果について紹介する。また、従来から使われている内装材には高級化が求められるがプラスチックを使った高級化への挑戦についても紹介する。

  1. 自動車を取り巻く環境とニーズの変化
  2. 自動車に使われるプラスチックの変遷
  3. 自動車と環境問題とのかかわり
  4. 自動車用燃料の特徴
    1. 自動車用燃料
      • ガソリン
      • 軽油
      • 水素
      • バイオ
    2. エネルギー密度とエネルギー効率
  5. 温暖化防止への自動車の取り組む方向
    1. 日本と欧州の温暖化防止に向けた対応
    2. 次世代車の現状と特徴
    3. 燃料電池車の課題
  6. 次世代車に対する高分子材料の課題
    1. リチウムイオン電池と高分子材料
    2. モータ、インバータにおける高分子への期待
  7. プラスチックによる軽量化
    1. プラスチックによる軽量化効果
    2. 素材による軽量化
    3. 統合化、一体化による軽量化
    4. CFRPによる軽量化
    5. 接着による軽量化
  8. 資源循環とリサイクル
    1. 資源循環の考え方
    2. リサイクルの現状
  9. プラスチックによる高級感への挑戦
    1. 触感の高級化
    2. 視覚の高級感
    3. 新しい価値の創造
    4. プラスチックの特性を生かす考え方
  10. 新しい用途での信頼性確保の進め方
  11. まとめ
    • 質疑応答

講師

会場

芝エクセレントビル KCDホール
東京都 港区 浜松町二丁目1番13号 芝エクセレントビル
芝エクセレントビル KCDホールの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)
複数名
: 20,000円 (税別) / 21,600円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 20,000円(税別) / 21,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 38,000円(税別) / 41,040円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 40,000円(税別) / 43,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
  • 受講者全員が会員登録をしていただいた場合に限ります。
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/7/24 自動車の電動化に向けた、SiCパワーデバイス・GaNパワーデバイス開発の最新状況と今後の動向 東京都
2019/7/24 クルマのEV化・自動運転化および、モビリティサービス化 (CASE/MaaS)を実現する技術・事業戦略 東京都
2019/7/24 ナノ触診原子間力顕微鏡 (AFM) による高分子材料の解析技術 東京都
2019/7/25 高分子材料の末端基・構造解析テクニック 東京都
2019/7/25 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載用半導体信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/7/26 SiCパワーデバイス実装と高耐熱樹脂材料の開発動向 東京都
2019/7/29 ゴムの架橋と特性解析・制御 東京都
2019/7/29 炭素繊維強化プラスチックス (CFRP/CFRTP) の技術動向とマーケット 東京都
2019/7/29 高分子材料設計におけるマテリアルズインフォマティクス適用の最新動向 東京都
2019/7/30 ポリウレタンの化学/構造・物性発現とキャラクタリゼーションノウハウ 東京都
2019/7/30 自動車用接着剤の要求特性と設計・開発技術 東京都
2019/7/31 エポキシ樹脂の配合設計と硬化剤の選び方、使い方 東京都
2019/7/31 人工皮革・合成皮革の入門講座 東京都
2019/7/31 レオロジー測定の基礎と応用 東京都
2019/7/31 マイクロプラスチック問題解決に向けての紙材料・生分解性プラスチック 東京都
2019/7/31 自動車HMIの要求特性と車載情報機器の設計 東京都
2019/7/31 酸化防止剤・光安定剤 活用のコツ 東京都
2019/8/1 自動車内装用高触感材料の開発と触感性評価 東京都
2019/8/1 レオロジー入門講座 東京都
2019/8/2 プラスチックフィルムの巻き取りプロセス設計とトラブル対策 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/19 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/11/1 世界の炭素繊維・応用製品の市場実態と展望 2017
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望