技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車内・外装部材の軽量化技術

自動車内・外装部材の軽量化技術

~樹脂化 / マルチマテリアル化~
東京都 開催

開催日

  • 2016年2月23日(火) 10時30分 16時30分

プログラム

1. 燃費向上に向けた自動車外装材の樹脂化技術とマルチマテリアル化の動向

(2016年2月23日 10:30〜12:00)

 本講座は、設計経験者である講師が解説するので、詳細な部分まで話が聞けます。 また日産自動車がこれまで開発してきた経緯なども解説するので大変参考になると思います。 是非関心のある方は受講してください。

  1. はじめに
    • 軽量化の必要性
    • 軽量化技術での樹脂化の位置付
  2. 外装材の樹脂化の動向
    • ダイハツタント
    • スズキアルト
    • 日産X-TRAIL
  3. 日産車における樹脂化について:樹脂フェンダ、樹脂バックドアの変遷
    1. 樹脂フェンダ
      • Be-1
      • PAO
      • フィガロ
    2. 樹脂バックドア
      • 第一世代ステージア 等
      • 第二世代ラフェスタ~X-TRAIL
  4. 樹脂のメリット&デメリット
    • メリット : 一体化、内装部品化、軽量化
    • デメリット : 線膨張係数の違い、塗装の合いの問題、固定方法等
  5. 樹脂化の課題と対応
    • 線膨張係数の違いに対応した固定方法
    • 塗装の合いの問題と対策
  6. まとめ
    • 質疑応答

2. ポリカーボネートの自動車部品への応用技術と軽量化効果

(2016年2月23日 13:00〜14:30)

 軽量化の観点から、ポリカーボネートの適用が進められている。本講では、ポリカーボネート (PC) の概要と欧州の最新状況、量産品開発の経験・ノウハウを元にポリカーボネート樹脂グレージングの特徴・現状および課題等について述べる。特に自動車用途での展開と擦り傷性や耐候性向上の方策としての塗装の現状と今後の動向、自動車グレージング、ヘッドランプなどへのPCの適用のポイントを解説する。

  1. PC樹脂の概要
    1. 基礎と歴史
    2. 市場とグレード
    3. 用途展開
  2. ポリカーボネート樹脂自動車窓ガラスの現状
    1. 無機ガラスとの違い
    2. 欧州での適用状況
  3. 透明性PCへのコーティング
    1. 自動車適用への要求、必要性
      1. 擦り傷性
      2. 耐候性
      3. その他
    2. ハードコートの適用
  4. 塗装PCの性能評価
    1. 耐候性
    2. 擦り傷性
    3. 向上のポイント
  5. 自動車グレージングとしてPCの適用をした際に想定される軽量化効果
  6. 今後の展望
    • 質疑応答

3. 自動車軽量化に向けた植物由来エンプラの適用状況と開発技術

(2016年2月23日 14:40〜16:10)

  1. アルケマについて
  2. バイオポリアミドの基礎原料ヒマシ油
  3. アルケマのポリアミド製品群
  4. ヒマシ油由来ポリアミドの概要
  5. ヒマシ油由来ポリアミドの製品群
    1. 用途開発戦略
    2. バイオポリアミドの種類と特性
    3. アルケマの新規開発グレード
  6. ヒマシ油由来ポリアミドの特性
    1. 機械的物性と耐熱性
  7. 新規ヒマシ油由来ポリアミドの自動車用途への展開
    1. クイックコネクター
    2. 冷却系
    3. SCR・ブローバイ・TOC・多層チューブ
  8. まとめ
    • 質疑応答

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/8/26 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と構造・物性制御 東京都
2019/8/26 ポリイミドを活用するための総合知識 東京都
2019/8/26 制振・遮音・吸音材料の設計・メカニズムと自動車室内における振動・騒音低減への最適化 東京都
2019/8/27 技術者のためのUV/EB硬化技術 入門 東京都
2019/8/27 高分子の結晶化メカニズムと解析ノウハウ 東京都
2019/8/27 自動車用センサ技術のすべて 東京都
2019/8/28 ポリイミドの構造、物性、 高機能化、(5Gなどの) 最新応用技術 東京都
2019/8/28 粘着・剥離の現象解明と可視化・モデリング 東京都
2019/8/28 自動車の電動化における動向と部品・材料メーカーの戦略・今後の展望 東京都
2019/8/29 プラスチックの表面改質によるぬれ性向上 東京都
2019/8/29 高分子制振材料の設計と評価および開発・応用事例 東京都
2019/8/30 UV硬化樹脂における光重合開始剤の選定、硬化不良対策 東京都
2019/8/30 高分子材料の誘電率制御/低誘電率化技術 東京都
2019/8/30 塗料・塗膜の設計・評価と劣化要因およびその対策 東京都
2019/8/30 自動車における制振・吸音・遮音・断熱材の高性能化技術動向 東京都
2019/8/30 CO2を原料とした樹脂材料の研究開発動向 東京都
2019/9/2 ポリイミドの合成と分子設計・材料設計および複合化 大阪府
2019/9/3 海洋プラスチック汚染問題の正しい理解と生分解性プラスチックの基礎と設計 大阪府
2019/9/3 セルロースナノファイバーの基本特性と樹脂複合化による実用化展開 大阪府
2019/9/4 フィルム製膜・延伸過程での応力発生メカニズムと低減対策 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望