技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

CFRPと金属の接着技術と自動車部材への応用

接着強度、寿命、生産性を向上させるための

CFRPと金属の接着技術と自動車部材への応用

東京都 開催

開催日

  • 2015年10月19日(月) 10時00分 16時30分

受講対象者

  • CFRP の応用製品に関連する技術者、開発者
    • 自動車
    • 航空機、ヘリコプター
    • 船舶
    • ロケット、航空宇宙機、人工衛星
    • 軍用機
    • リニアモーターカーの車体、内装
    • 太陽電池パネル
    • 風力発電
    • プラント
    • 機械部品
    • 電池部材
    • 電子電気部品
    • 医療機器
    • 住宅・土木・建築材料
    • スポーツ用品 (自転車、釣具、ゴルフ、ラケットなど)
  • CFRP により軽量化、高強度化、振動減衰、耐疲労などを求めている方
  • CFRP に関連する技術者
  • CFRP で課題を抱えている方

プログラム

1. CFRTP/CFRTP,金属の接着技術

(2015年10月19日 10:00〜11:20)

  1. 鋼板とPPの接着
  2. 室温での接着
  3. 火炎処理による接着
  4. プライマーを用いた接着
  5. CFRTP接着の具体化
    • 質疑応答

2. エポキシ接着剤を使ったCFRPと金属の接着技術

(2015年10月19日 11:30〜12:50)

CFRP材と金属材の高強度接着が可能なことを知って頂く。そして実際に各位が作業できるようにすること。その上で応用技術を磨いて頂きたい。

  1. NAT (Nano Adhesion Tech)
    1. 金属の表面処理、CFRP材の表面処理
    2. 接着材の使用方法
    3. ISO,JISとの関係
  2. 接着材接合での限界
    1. 接着力
    2. 接着力の永続性
    3. 永続性を得る為に工夫できること
  3. 接着物の実験例
    • 質疑応答

3. レーザ溶着によるCFRP/金属の接合技術と自動車部材への応用

(2015年10月19日 13:35〜14:55)

 熱可塑性樹脂のレーザ樹脂溶着はトヨタ自動車 (株) がインテークマニホールドに適用してから、約10年がたち自動車部品を中心に適用例が増えている。さらに、レーザ樹脂溶着技術をベースに樹脂と金属、さらにはCFRPと金属のレーザ溶着技術が開発されており適用の可能性はさらに拡大している。
 CFRPは材料としての比強度、比剛性から製品の軽量化を考えたときに最適な材料と位置づけられている。CFRPの生産性向上のための開発が進められ熱可塑CFRPでは自動車の生産に必要とされる1部品/分での生産に目処が付き量産製品への適用が可能となってきた。樹脂と金属のレーザ溶着技術開発の現状について、基本となるレーザ発振器~レーザ樹脂溶着技術の加工プロセスの基礎から適用例を含めてご紹介する。

  1. レーザ樹脂溶着の基本
    1. レーザ加工適用の現状 ~自動車産業を中心に
    2. レーザ発振器の種類と樹脂溶着に適した発振器
    3. 樹脂溶着用加工システム
    4. 樹脂溶着のメカニズム
  2. レーザ樹脂溶着のポイント
    1. レーザ出力
    2. 温度
    3. 密着性
  3. レーザ樹脂溶着の適用例 ~自動車部品を中心に
  4. 樹脂×金属のレーザ溶着技術
  5. 自動車部品を中心としたCFRPの適用動向CFRPの課題と開発状況
  6. CFRPと金属のレーザ溶着技術
  7. 今後の展開
    • 質疑応答

4. CFRP/金属接着接合部の強度・寿命評価

(2015年10月19日 15:10〜16:30)

接着継手強度の基礎的事項を説明した後、金属/高分子接着継手なかでも金属/CFRP接着継手の疲労強度を中心に強度試験ならびに強度評価の現状について疲労試験を中心に述べる。

  1. 主な構造用接着剤の種類とその特徴
  2. 代表的な接着継手
  3. 疲労強度の評価
  4. 金属/CFRP接着接合の応用例
  5. 金属/高分子接着継手の疲労試験と強度評価
    1. S-N関係の評価
    2. き裂進展則の評価
    • 質疑応答

講師

  • 小川 俊夫
    金沢工業大学
    名誉教授
  • 安藤 直樹
    大成プラス 株式会社 技術開発部
    部長
  • 三瓶 和久
    株式会社 タマリ工業 レーザ事業部
    理事
  • 今中 誠
    大阪教育大学 技術教育講座
    教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/2/22 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 東京都
2019/2/25 異種材料の接着、接合技術とそのメカニズム、寿命評価 東京都
2019/2/25 自動車用遮音・吸音材料の設計、適用方法と車室内の防音設計 東京都
2019/2/25 自動車用CFRP・CFRTPの最新動向と、CFRTPの自動車適用技術開発プロジェクト 東京都
2019/2/26 自動運転の現状および完全自動運転を可能にする技術動向と応用展開 東京都
2019/2/26 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都
2019/2/27 CFRPの疲労・破壊特性の基礎と安全寿命予測および損傷観察・探傷技術 東京都
2019/2/28 熱可塑性CFRPプリプレグの作製、成形加工と耐久性向上 東京都
2019/2/28 高分子材料・製品の寿命予測と劣化加速試験条件の設定方法 東京都
2019/2/28 接着剤の正しい選び方と使い方および接着トラブル事例 東京都
2019/3/4 エポキシ樹脂の硬化メカニズムと配合設計のポイント 東京都
2019/3/4 自動車分野における吸音・遮音のメカニズムと材料開発の指針 大阪府
2019/3/6 高周波対応基板の開発動向と銅/樹脂の密着性向上 東京都
2019/3/6 コネクテッドカーの展望と求められるセキュリティ対策 東京都
2019/3/6 大気圧プラズマの必須基礎知識と産業応用技術 大阪府
2019/3/6 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載用半導体信頼性認定ガイドライン 東京都
2019/3/7 フィルム / 包装のラミネート技術講座 大阪府
2019/3/7 自動車触媒のナノ粒子材料と物性、評価法の基礎 東京都
2019/3/8 セルロースナノファイバーの技術動向と複合化・成形、使用への考え方・活かし方 東京都
2019/3/8 車載用パワー半導体のパッケージ技術 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/19 炭素繊維・炭素繊維複合材料の未来
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/11/1 世界の炭素繊維・応用製品の市場実態と展望 2017
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/15 自動車向け燃料電池〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)