技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

気泡制御による発泡樹脂及び樹脂多孔構造制御の自動車など工業的応用

超臨界を利用した

気泡制御による発泡樹脂及び樹脂多孔構造制御の自動車など工業的応用

東京都 開催
  • 自動車用途等への発泡樹脂の新たな可能性!
  • 超臨界技術で高剛性・断熱性・難燃性・空孔成長・結晶化!

開催日

  • 2015年6月15日(月) 13時00分 16時15分

プログラム

第1部 超臨界流体による高分子の多孔構造・結晶高次構造の制御

(2015年6月15日 13:00〜14:30)

超臨界流体を高分子に含浸させることで高分子の多様な高次構造制御が可能になり、それにより単一の素材から多様な性能を有する材料を創り出すことができる。本講座では、多孔構造と結晶高次構造の制御に関する具体例を挙げて、それらの材料物性との関連を示しながら解説する。この講座を通じて、超臨界流体や発泡の基礎、空孔形成メカニズム、発泡構造と力学・光学・電気特性の関係、高分子の結晶化メカニズムなど材料開発に必要な基礎的事項についても学べるようにする。
  1. 超臨界流体について
    1. 超臨界流体と相図
    2. 超臨界流体の作製方法と装置
    3. 超臨界流体の利用例 (抽出、分解など)
    4. 超臨界流体の高分子への拡散と可塑化効果
  2. 多孔構造制御
    1. 超臨界発泡法
    2. 空孔成長過程 (核形成・成長、粗大化、スピノーダル分解)
    3. 多孔構造と力学特性 (実際の力学特性と有限要素法による弾塑性解析)
    4. 多孔構造と光反射性
    5. 超臨界乾燥によるゲルのナノ多孔化と誘電特性
    6. 超臨界流体下での延伸による多孔化
  3. 結晶高次構造制御
    1. 高分子の結晶化と結晶高次構造
    2. 超臨界流体による溶融構造制御と多様な結晶高次構造
    3. 結晶成長中の超臨界流体の排除と結晶高次構造
    4. 超臨界流体下での不融高分子の結晶化
    • 質疑応答・個別質問・名刺交換

第2部 樹脂のマイクロセルラー発泡技術と機能性付与

(2015年6月15日 14:45〜16:15)

超臨界二酸化炭素及び窒素を用いた樹脂のマイクロセルラー発泡技術を紹介する。 発泡ガスの不活性化による環境負荷の低減やリサイクル性の向上と、微細なセル構造やナノコンポジットによる発泡樹脂への機能性の付加により、自動車用途等への発泡樹脂の新たな可能性も紹介する。
  1. 超臨界不活性ガスによる微細発泡
    1. 従来発泡剤と超臨界不活性ガス
    2. 不活性ガスの特性
  2. MCFプロセス
    1. MCF-押出成形プロセスと実用化のためのポイント
    2. MCF-RIM成形プロセスと実用化のためのポイント
  3. MCFプロセスの成形加工例
    1. MCF成形サンプル
    2. MCF実用化事例
  4. MCFプロセス -高付加価値付与製品の成形
    1. 高剛性の付与
    2. 難燃性の付与
    3. 断熱性の付与
    4. 気泡制御による高付加価値の付与
  5. 今後のMCF応用分野
    1. カーボンニュートラル製品の開発
    2. 中国の発泡製品需要動向
    3. 車体への応用
    4. その他のMCF応用分野例
    • 質疑応答・個別質問・名刺交換

講師

  • 斎藤 拓
    東京農工大学 工学部 有機材料化学科
    教授
  • 林 龍太郎
    株式会社プラステコ
    代表取締役

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 48,600円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/10/22 CFRPリサイクルの国内外動向と課題・展望および低コスト化・省エネ技術 東京都
2018/10/24 フッ素樹脂活用のための基礎解説と用途展開動向・応用技術 東京都
2018/10/24 衝撃工学の基礎と衝撃緩衝・吸収特性の評価および強度設計への展開 東京都
2018/10/24 EV用リチウムイオン電池の世界情勢とビジネス戦略 東京都
2018/10/24 断熱材料の基礎知識と開発動向 東京都
2018/10/24 エアロゲルのブレークスルーとエアロゲル粒子の産業展開 東京都
2018/10/25 自動車外装部材への加飾技術 東京都
2018/10/25 車載用DC-DCコンバータとインダクタ・トランスの設計 東京都
2018/10/26 ポリウレタンの構造、物性と劣化、変色対策 東京都
2018/10/26 自動車用センサ技術のすべて 東京都
2018/10/29 制振・防振・吸音・遮音材料の材料設計および、吸音・遮音・防振の理論と測定 (2日間コースセミナー) 東京都
2018/10/29 セルロースナノクリスタルの調製、分散安定性向上と応用 東京都
2018/10/29 高分子の力学的性質と制振・防振・吸音・遮音材料の設計および評価法 東京都
2018/10/29 EVシフトに伴う自動車および電池業界の動向と課題 東京都
2018/10/30 樹脂/繊維、フィラーの複合化に向けた無水マレイン酸変性技術 東京都
2018/10/30 自動運転実用化に向けたドライバモニタリング技術と車載HMI開発 東京都
2018/10/31 カーボンナノチューブの力学特性・分散技術および複合材料の開発・応用展開 東京都
2018/10/31 ディーゼル排気規制と触媒システムの開発動向、SCRの低排気温度対応技術 東京都
2018/11/1 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載用半導体信頼性認定ガイドライン 東京都
2018/11/5 EVが伸びるのか? 内燃機関が生き延びるのか? 近未来の自動車用動力源とは? 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 遮音・吸音材料の開発、評価と騒音低減技術
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)